甘くないチョコレートの歴史を知っていますか?

さて、皆さんはチョコレートについてどれくらい知っていますか?

この記事では、決して甘くはない、ビターなチョコレートの歴史を、『チョコレートの真実』(著:キャロル・オフ)から紹介してみたいと思います。

53e79f5ba594598a7060d5c77e6ffd5d_s

 

 

「神々の食べ物」の起源

 

チョコレートの原料・カカオと言うと、コートジボワールやガーナという“アフリカ”のイメージが強いかもしれません。

実際に、2013〜14年のカカオの生産量は、コートジボワールが161.0万トンで世界第1位(シェア38.7%)、ガーナが85.0万トン(20.4%)で第2位。

両国合わせて世界の生産量の約6割を占めています。

▼世界国別カカオ豆生産量推移
http://www.chocolate-cocoa.com/statist…/cacao/product_w.html

 

ところが、歴史を辿っていくと、実はカカオの原産地はアフリカではありません。

その起源は、紀元前1200年頃のメソアメリカ(メキシコ〜中央アメリカ北西部)にありました。

1024px-Mesoamérica
メソアメリカ

 

この地域に現れたオルメカ文明において、女性達が主人に差し出す飲み物に加えたもの…

それがカカオでした。

高い栄養価・覚醒作用・癒しの力があると信じられていたこのチョコレート風の飲料を口にできたのは、ごく一握りの上流階級だけ。

続くマヤ文明やアステカ文明でも、「カカワトル(カカオの水)」は受け継がれてゆきました。

やがて、神聖なこの飲み物は宗教儀式や神々と結びつき、カカオの豊かな収穫を願って捕虜の人間たちは生け贄に捧げられていったそうです…

カカオの木の学名「テオブロマ・カカオ」は、ギリシア語で「神々の食べ物」を意味すること、

また、カカオは公式通貨として使われた過去があることなど、

昔からカカオには単なる食べ物以上の深い意味があったのです。

80dd5d91bf828c754810c8d58cc321cc_s

 

 

過酷な奴隷労働の上に

 

しかし、これらの文明は、大西洋を渡って来たスペインの遠征軍によって破壊され、植民地として支配されるようになってゆきます。

カカオはスペインに伝わり、次第にヨーロッパに広がってゆきました。

チョコレートの需要がヨーロッパで拡大すると(※当時はまだ固形の食べ物ではなく飲み物として親しまれていた)、生産量を上げるために、植民地のカカオ・プランテーションでは事実上の奴隷制度のような重労働が強いられるようになりました。

天然痘やはしかの流行に加え、このような過重労働や虐待によって生産人口は激減します(一説では、人口の90%が死に追いやられたという推計すらあるそうです)。

その労働力不足を補うために投入されたのが、アフリカからの奴隷たちでした。

こうして、ヨーロッパは三角貿易を確立します。

ヨーロッパからアフリカへ武器を中心とした商品を、アフリカからアメリカ大陸へ奴隷を、アメリカ大陸からヨーロッパへ砂糖・綿花・そしてカカオを…

triangle2

 

 

人権を謳いながら…

 

この三角貿易によって栄えたヨーロッパに啓蒙主義の時代が訪れます。

ロック、ヴォルテール、ルソー…

ヨーロッパ各国に現れた思想家たちは、人間の自由・平等・博愛を説いてゆきます。

このヴォルテールが思索にふけり、議論を交わし合ったという店があります。

その店は、ロンドンのセント・ジェームズ街にある「ココアツリー・チョコレートハウス」でした。

人間の向上を目指し、人権の擁護を謳いながら飲んでいたもの…

それは、遠い地の奴隷たちが汗と血を流して作っていたチョコレートだったのです。

141643940221589535178_Voltaire
啓蒙主義者、ヴォルテール

 

 

アフリカへ

 

19世紀半ばになると、アメリカ大陸の植民地におけるカカオ生産量が壊滅的に激減します。

理由は、過剰生産と粗雑な管理によるカカオの病害でした。

しかし、カカオ商人たちは、赤道の南北緯20度以内の高湿な低地であればカカオの生産は可能であることを知ります。

そこで発見された次の生産地がアフリカだったのです。

アフリカは、かつてカカオ生産のためにアメリカ大陸に奴隷として輸送された人々が生まれ育った国です。

ヨーロッパは、今度はカカオをアフリカへ持って行ったのです。

こうして、コートジボワールやガーナでは現在まで続くカカオ生産が行われるようになりました。

アフリカ

 

 

今とこれから

 

現在でも、カカオ生産の現場では児童労働が行われている場所があると言われています。

彼らの多くは、輸出先でカカオがどう使われているのかを知らずに作り続けているそうです。

私たちはこの現実に対して何をすべきでしょうか?

そのヒントは、歴史と現実をしっかりと見つめることかもしれません。

『チョコレートの真実』は、そのための一冊です。

9784862760159
『チョコレートの真実』

EIJI PRESSのPRESSについて(英治出版 代表・原田がブログを書きました。)

先日、京都造形芸術大学 副学長の本間正人さんにお会いし、英治出版のロゴやEIJI PRESSの「PRESS」というのがいい、とお褒めいただいた。

LOGO_305_215_B

正直なところ、創業時にPRESSとしたのは失敗だったかなと、ずっと思っていた。

ネットバブル期の頃の出版社と言えば、電子書籍への先見がなく、紙に固執しているように感じていた。英治出版では創業の1999年からオンラインでの立ち読みを提供していたので、なんとなく「出版社」の姿勢に違和感を感じていた。

そこで、2002年に初めて社員を雇うにあたり、自分たちにとっての「出版」を改めて定義してみようと考えた。そうして生まれたのが「パブリッシャー宣言」だった。「版を出す」と書く出版は、どこか印刷のイメージで、だからこそ(当時)出版社は紙に固執してしまうのではないか。自分たちの役割をより良く表す言葉として、英語のpublisherが浮かんだ。public、publicizeという単語が連想された。私たちの仕事は、紙の本を作り読者に売ることではなく、著者のメッセージを磨きパブリックにすることで著者の夢を応援することなのだと理解した。以来、著者を応援する出版社を心がけ、自分たちはパブリッシャーであると思ってきた。なので、EIJI PRESSには抵抗があった。

本間さんにPRESSが良い理由を尋ねた。

PRESSは、EXPRESS(表現する)であり、IMPRESS(印象を与える)であると。

著者は人生観が詰まったメッセージをEXPRESSし、読者は自分の人生観に著者のメッセージをぶつけIMPRESSする。その間に存在するのがEIJI PRESSなのだと。

そうか。そうだよ。

そう思うと、パブリックという実体が見えない表現より、著者から読者という個人から個人への関係を表すPRESSが断然気に入ってきた。

英治出版が大切にしている考え方に6 degrees of separationがある。この仮説に寄れば、6次の隔たりで全人類が間接的に繋がる。友達の友達は、みな友達の世界。6次の友達は想像が難しいが、直接知っている1次の友達を大切にしないひとが、友達の友達(2次)や、の友達(3次)を得ることはない。友達ネットワークの階層をどこまで深くできるかは、1次の関係の深さに比例するのだと思う。

英治出版をEIJI PRESSとして、よかった。

これからも、著者との1次の関係を大切にしていこう。それが結果的に、友達ネットワークを伝って、多くの読者をIMPRESSすると信じて。

We are EIJI PRESS.

本間正人さん、新しい気づきを頂きました。
ありがとうございました。

一人で深く突き詰めたものが、だれかとつながる瞬間【『夢とスランプを乗りこなせ』著者ベンさん、メビック扇町へ(後編)】

『夢とスランプを乗りこなせ―ぼくがクリエイターとして生きていく方法』の著者でイラストレーターのベン・タロンさん。初来日で、メビック扇町さんを訪れました。
レポート後半では、メビック扇町のクリエイティブメンターでグラフィックデザイナーの清水柾行さんから伺ったわたしのマチオモイ帖のお話をお届けします。

自分の中の「町への思い」と向き合うこと


マチオモイ帖
とは、日本各地のクリエイターが、大切なふるさとの町、学生時代を過ごした町や今暮らす町など、それぞれのおもいが詰まった町を、自分だけの目線で切り取り、手の中に入るぐらいの冊子や映像にして、展覧会などで届けるプロジェクト。「町」をおもう「帖面」の略で、2011年の震災の年に生まれました。

マチオモイ帖の特徴は、それぞれのクリエイターが、「誰かのために」というより、自分のために、自分が感じる町への思いと向き合って表現することだといいます。

面白いのが、全然違う地域について、全然違う人がつくったマチオモイ帖なのに、なぜか同じことを表現していたりすることが、けっこうあるんだよね。

と清水さん。
ベンさんは、この言葉にはっとしたよう。

15094994_1234400506616027_3418937224954516891_n

自分の思いをぐっと引き出すと、
つながるものがある

実はベンさん、『夢とスランプを乗りこなせ』の執筆には、3年かかったといいます。

ぼくの個人的なストーリーが、人にどう響くんだろう?
というのが、ずっと気になっていました。
でも、自分の内面と向き合って、心から感じたこと、正直な経験をなんとか書いていったんです。

そうして、本を出してみたら、びっくりするほど、ぼくと同じ悩みや情熱を持っていたというクリエイターやフリーランサーがいました。

ベンさんの本をプロデュースするなかで、原書の読者の感想をチェックしていて、何度も目にしたのが、”I like Ben’s honest story” “I was encouraged by his honest story”というように、honest story(正直なストーリー)に後押しされたという人たちの言葉です。

その”honest”という言葉がなにを意味するのか、私はこのやりとりを聞いて、あらためて理解した気がします。
ただ赤裸々というわけではなくて、自分ととことん向き合って、その中身をぐっと引き出して、表現し、誰かに見せること。

本当の思いが表現されていると、全然違う場所や人でもつながる

マチオモイ帖とベンさんの本の間にある共通性に、クリエイターやアーティストと呼ばれる人がやっていることの本質を見た気がしました。

全国のマチオモイ帖 展示中

こちらのマチオモイ帖、現在メビック扇町さんで展示されています。

img_1859

メビック扇町さんに伺ったのは展示会がはじまる前だったので、私たちは過去のものを見せていただいたのですが、それぞれの個性や込められた思いにぐっとひきこまれました!

my home town わたしのマチオモイ帖 -おもいを届ける冬-

2016年12月9日(金)~2017年1月29日(日)
平日:11:00~21:00 土日祝:11:00~19:00
年末年始の休み:12月26日(月)~1月5日(木)
会場:メビック扇町
入場料:無料

 

ちなみに、本当に偶然なのですが、ベンさんが英治出版へのプレゼントとして持ってきてくださったのは、ベンさんの故郷の町の風景の絵でした……!

img_1860rev

孤立するクリエイターたちをつなぐには?【『夢とスランプを乗りこなせ』著者ベンさん、メビック扇町へ(前編)】

『夢とスランプを乗りこなせ―ぼくがクリエイターとして生きていく方法』の著者でイラストレーターのベン・タロンさんとパートナーでグラフィックデザイナーのローラさん。

今回初来日で、各地をまわったお二人ですが、大阪ではクリエイター支援施設のメビック扇町さんに訪問し、所長でチーフコーディネーターの堂野智史さん、クリエイティブメンターでグラフィックデザイナーの清水柾行さんにお話を伺いました。

10年以上大阪のクリエイターをつないできたメビック扇町さんのお話に、「とてもインスパイアされた!」と言っていたベンさん。
その模様を前編・後編に分けて、本書の編集を担当した私、安村がお届けします!

img_1723

孤立するクリエイターをひっぱりだすには?

いまや大阪で活動するクリエイターの一大コミュニティとなっているメビック扇町さんですが、設立当初の課題は、孤立して活動するクリエイターたちをひっぱりだし、互いにつながりをつくることでした。

堂野さんがメビックに着任した当初、大阪にいたクリエイターの多くは、それぞれが自分の事務所にこもって仕事をしていて、お互いがつながることに、積極的でなかったといいます。
(これには、スランプで滅入っていた時期、家にこもって一人髭剃りを趣味にしていたこともあるベンさん、大きくうなずいていました)

彼らに、単に「コミュニティをつくるから、お会いできませんか」と言っても、断られてしまう…
そこで、堂野さんたちがとった作戦は、クリエイターたちの情報を集めたウェブサイトをつくって、「サイトに情報を載せませんか?」と声をかけてまわること。
自分の仕事のアピールになるということで、これには「ぜひ!」というクリエイターが徐々に増えていきました。

そして、OKをもらったら、単にデータを送ってもらうのではなく、「掲載情報のご相談をしに、一度会いに行きますよ」と言って、一人ひとりに実際に会いに行くきっかけにしたのです。

こうしてクリエイターたちとの顔の見える関係が築かれていきました。
いまやこのクリエイティブクラスターへの登録数は、1195社! 国内最大級の情報量という結果まで、ついてきたのです。

クリエイターを呼べるのは、クリエイター

こうして生まれた、大阪のクリエイターたちのコミュニティ。
これを拡大する役割を果たしているのが、クリエイターや企業の事務所を訪問し、仕事の内容やこだわり等について情報交換をする「クリエイティブコーディネーター」です。

鍵はコーディネーター自身も、現役クリエイターであることなんですわ。
クリエイターでない人が「いいコミュニティやイベントがありますよ」と言ってもなかなかインパクトがないけど、同じクリエイターに「あそこ行くとええよ」と言われると、「それなら行ってみようかな」となるんです。

と堂野さん。
現役クリエイターとして、本やイベントで経験や情報をシェアしているベンさんも、このコーディネーターの仕組みには「amazing!」と言っていました。
(そして、日々「どうすれば本を届けることができるだろう?」と試行錯誤中の英治出版の私も、とても感銘をうけました)

大阪人とマンチェスタリアン

メビック扇町さんにクリエイターが集まるもう一つの理由は、企業とクリエイターをマッチングするイベントを頻繁に行っていること。

そこから新しいコラボレ商品やプロジェクトが、数多く生まれているそうです。

img_1801

(↑コラボレーションは、毎年冊子にまとめられています)

現在は首都ロンドンで活動しているベンさん。
実は、ちょうど元々活動していたマンチェスターに拠点を戻そうとしているところでした。

政府の方針や地価の上昇で、ロンドンのクリエイタースペースは、どんどん辺鄙なところに追いやられていて、マンチェスターに戻るつもりではいたんです。
でも、やっぱりロンドンと比べると、マンチェスターに仕事は少ないし、クリエイターのつながりも薄い……どうしたものかとは思っていたところでした。
メビック扇町さんの取り組みは、本当にインスパイアリングで、マンチェスターに戻ったら、ぜひやっていきたいと思います!

ここで、堂野さんから、首都・東京とは一味違う「大阪人」魂があるのだと説明があると、ベンさんからもマンチェスターにもロンドンにちょっとした対抗心を燃やす「マンチェスタリアン」魂があるというお話が!

We are 大阪人 & マンチェスタリアン や~

と意気投合されていました。

そして、このあとは、メビック扇町さんが行っているマチオモイ帖というプロジェクトについてのお話を聞くと、ここにもベンさんとの共通点が。
こちらについては、レポート後半でお届けします!

 

img_1707

(↑大阪を満喫するベンさんとローラさん)

『サーチ・インサイド・ユアセルフ』監訳の荻野淳也さんに選書いただいた 「マインドフルネスフェア」 絶賛展開中です!!

5月に英治出版から刊行した『サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法』。このブログでは本書を中心としたブックフェア、【今、ここに集中する-「マインドフルネス」フェア】を展開中の書店さん、大学生協さんをご紹介いたします。

siy%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e7%94%a8%e8%a1%a8%e7%b4%99%e7%94%bb%e5%83%8f

 

今回のフェアを選書いただいたのは、本書の監訳を務めていただいた一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事の荻野淳也さん。なんと、荻野さんは日本で数少ない「サーチ・インサイド・ユアセルフ」の認定講師でもいらっしゃいます!

mfblog2-png

 

荻野さんには、マインドフルネスを理解するための書籍30タイトルをご選書いただきました。マインドフルネスに関する書籍はもちろん、合気道など武道の本、ヨガの本、食事の本、また脳科学の分野の本など、多岐にわたった幅のある書籍を揃えていただき、ひと味もふた味も違う、ユニークで興味深いフェアとなっています。マインドフルネスに関して精通なさっていらっしゃる荻野さんならではの選書ですね!!

また今回、荻野さんにはフェア開催に向けて、読者の皆さんへのメッセージもいただきました!

mfblog3-png

マインドフルネスにより向上する集中力や記憶力、感情のマネジメントなどのスキルは、人間のOS(基本ソフト)に当たるもので、企業の人材のみならず、子供、学生にとっても継続的に高める必須スキルとして認知されつつあります。いち早くマインドフルネスを取り入れたライフスタイルで自分の理想とする人生を手に入れてください。(一部抜粋)

 

ぜひ、店頭でじっくりご覧いただければ、と思います!!

そして、それぞれの本に付けているPOPコメントにも注目。「この本、マインドフルネスについて語っていたんだー!」と驚いてしまうコメントもありますよ。

 

こちらは、紀伊國屋書店グランフロント大阪店さん。ビジネス入口の大きな展開が目に飛び込んできます。こちらでは、動画も使って展開中。好調に動いているとのことです。

mfblog4-png mfblog5-png

 

そして、こちらは関西学院大学生協フォーラム店さん。関西学院大学では、心理学科で『マインドフルネスストレス逓減法』が教科書となっているようで、心理学科の皆さんにもぜひ注目していただけたら嬉しいです。

mfblog6-png

 

先月から引き続き展開してくださっているのは、ジュンク堂書店梅田ヒルトンプラザ店さん。ティク・ナット・ハン*さんの書籍などが良く動いている、とのことです。

*ティク・ナット・ハン=ダライ・ラマ14世と並んで、20世紀から平和活動に従事する代表的な仏教者。アメリカとフランスを中心に、仏教及びマインドフルネスの普及活動を行なっている。

mfblog7-png

 

今後も、どんどん展開を拡大していく予定ですので、お近くの書店さんで開催の折には、ぜひ足を止めてご覧いただければ、と思います!!

また、先日『サーチ・インサイド・ユアセルフ』著者チャディー・メン・タンの新著、『たった一呼吸から幸せになるマインドフルネス JOY ON DEMAND(NHK出版)』も発売されています。こちらもぜひ、ご覧ください。

mfblog8-png

英治出版公式ブログ