ビジネス書 書店ランキング10月(5)

gan-chanばい。

この週末はいい旅コアラ気分でした。
さてイラストです。
お題は「コアラ、尼崎に上陸」。

尼崎

大阪の雄・書店員コアラさん! これまでの感謝とこれからの歩みに乾杯! – 朝日出版社営業部(橋)のサケブログ/書店訪問日誌
http://blog.livedoor.jp/asahipress_sake/archives/45884651.html

尼崎に上陸したコアラさん、愛されています。

来週は「コアラ型ウイルス」をお届けします。

それでは、10月第5週のビジネス書ランキング情報です。

※このランキングは、丸善丸の内本店さん、三省堂書店名古屋高島屋店さん、ブックスタジオ大阪店さんのご協力のもと作成しております。

前回のランキングはこちら。
http://www.eijipress.co.jp/blog/2015/11/02/22149/

丸善丸の内本店ビジネス書ランキング2015.10.22 – 10.28
1. 『あしたのタネ 2050年の日本を咲かせるために』(フォーラム21・梅下村塾28期生編 丸善プラネット)
2. 『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』(ケリー・マクゴニガル著 大和書房)
3.『限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭』(ジェレミー・リフキン著 NHK出版)
4.『日本国債暴落』(桐谷 新也著 ダイヤモンド社)
5.『まるわかりインダストリー4.0 第4次産業革命』(日経BP社)
6. 『外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術』(山口 周著 KADOKAWA)
7.『最新 世界情勢地図』(パスカル・ボニファス、 ユベール・ヴェドリーヌ著 ディスカヴァー・トゥエンティワン)
8.『外資系コンサルのリサーチ技法』(アクセンチュア製造流通本部一般消費財業界グループ著 東洋経済新報社)
9.『あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか』(津田 久資著 ダイヤモンド社)
10.『「常識」を疑いなさい。』(麻生正紀著 旭屋出版)

三省堂書店名古屋高島屋店ビジネス書ランキング2015.10.25 – 10.31
1.『見抜く力』(酒巻 久著 朝日新聞出版)
2.『愛知が起こす成長革命』(大村秀章著 PHP研究所)
3.『奇跡を呼び込む力』(西智彦著 PHP研究所)
4.『中原圭介の経済はこう動く 2016年版』(中原圭介著 東洋経済新報社)
5.『「学力」の経済学 』(中室 牧子著 ディスカヴァー・トゥエンティワン)
6.『世界でもっとも貧しい大統領ホセ・ムヒカの言葉』(ホセ・ムヒカ著 双葉社)
7.『経営者になるためのノート』(柳井 正著 PHP研究所)
8.『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』(ケリー・マクゴニガル著 大和書房)
9. 『ポケット六法 平成28年版』(山下友信 山口厚著 有斐閣)
10.『本当に幸せになる手帳 2016』(秋山まりあ著 中央公論新社)

ブックスタジオ大阪店ビジネス書ランキング2015. 10.18 – 10.24
1.『悩まない力』(永松 茂久著 徳間書店)
2. 『金持ち父さん貧乏父さん-アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 改訂版』(ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)
3.『改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』(ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)
4.『シンプルだけれど重要なリーダーの仕事』(守屋 智敬著 かんき出版)
5.『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』(ケリー・マクゴニガル著 大和書房)
6.『人生で大切なことはいつも超一流の人たちから学んだ』(中島 薫著 サンマーク出版)
7.『経営者になるためのノート』(柳井 正著 PHP研究所)
8.『大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる』(井堀 利宏著 KADOKAWA/中経出版)
9.『日本国債暴落』(桐谷 新也著 ダイヤモンド社)
10.『大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる』(井堀 利宏著 KADOKAWA/中経出版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です