ボローニャ・ブックフェアに行ってきました

イタリア北部ボローニャで毎年開催される絵本・児童書専門の国際見本市、Bologna Children’s Book Fair。4月4日~7日に行われた今年のフェアを、4日・5日の2日間視察してきました。

IMG_8564

英治出版は主にビジネス書・社会書の出版社。10年前、スリランカの子どもたちを応援するプロジェクトの一環で絵本『南の島の「プルワン」』を出版しましたが、基本的には絵本や児童書は出していません。しかし今回、ふだんの仕事では得がたい刺激を求めて行ってきました。個人的にも子どもに日々絵本を読み聞かせているので興味津々。

IMG_4856

欧州最古の大学もある歴史豊かなまちボローニャ。ブックフェアはここで50年以上の歴史を持っています。絵本・児童書の出版にかかわる会社や作家、イラストレーターなどが世界中から参加します。会場は中央駅から少し北にある広大なコンベンションセンター。

IMG_4306

フランクフルトやロンドンでのブックフェアには何度も参加していますが、ボローニャは会場の様子がちょっと異なります。出版社のブースのほかに、まるで美術館のような展示スペースがいくつもあるのです。

IMG_4785

入り口のすぐ傍には歴代の優れた絵本の原画展が。

IMG_4787

毎年の優秀作品を表彰する「ボローニャ・ラガッツィ賞」の受賞作は正面の通路にショーケースで展示されていました。

IMG_4846

これは縦に開いて読んでいく珍しい絵本。フランスの新人作家の作品です。全部広げると3メートルぐらいの長さになります。おもしろいので子どものお土産に一冊購入。絵だけでも楽しめます。

IMG_4792

これはイラストレーターの方が自分の作品見本や連絡先を貼れる掲示板です。出版社の人は「これは!」というものを見つけると作者に連絡して仕事の相談などができるわけです。テープや画鋲で貼られていますが、絵のカード入りの箱をクギで打ち付ける人もいたりと自由な感じ。

IMG_4805

出版者のブースも児童書ならではの雰囲気のものが多く見られます。上からモビールがぶら下がっていたり、

IMG_4820

絵本そのものがぶら下がっているのにはびっくりしました(これはどうかと思いますが)。

IMG_4839

これはシェークスピアの『ヴェニスの商人』です。文学の名作を美しい絵本にして出すのはよい取り組みだと思います。

IMG_4814

塗り絵の本はいま世界的なブーム。あちこちで見かけました。ストレス解消にいいのだとか。

IMG_4816

こんな飛び出す絵本も! これはブルガリアの作品。もやは絵本には見えません。やり過ぎではと思いましたが(閉じるのが大変そうでした)、物としての本の魅力を考えるうえで、自由な造本の実例はとても刺激的です。

IMG_4810

先述の「ボローニャ・ラガッツィ賞」では今年から新たに「disability」部門が設けられ、障害にかかわる優れた作品が表彰されていました。いわばソーシャルな絵本。これは視覚障害の子どもの世界を描いた中国の作品です。

IMG_4866

全体的に、地元イタリアの出版社が多いのは当然としても、フランクフルトやロンドンのフェアに比べて非英語圏の比率が高い印象を受けました。写真はチェコの本。目にした本の多くが英語以外の言語の作品でした。絵本は言語の壁を超えやすい面もありますね。字のない絵だけの絵本もあります。

IMG_4877

以上、各地の出版社の方や絵本作家の方とお話もでき、楽しい2日間でした。英治出版のこれからの仕事にどう活きるかはわかりませんが、もっと自由に発想して本づくりを楽しんでいけたらと思います。

「ボローニャ・ブックフェアに行ってきました」への2件のフィードバック

  1. 興味あふれるレポート、有難うございました。
    北海道にも「剣渕絵本の里」@剣渕町があり、
    全国から作品を募集して毎年“大賞”を授与しています。
    映画化もされました。
    私も気に入った作品を手元に溜めています。
    原田さま、AFS同様 ご活躍をお祈りいたします!!

  2. 横山さん、コメントならびに「けんぶち絵本の里」大賞の情報ありがとうございます。歴史があるのですね。絵本という表現に社内でも関心が高まっているので、また情報教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です