4月25日は「世界マラリア・デー」!人生の折り返し地点で、マラリア撲滅に挑む男。

最も人間を殺している動物

 

「危険な動物」と言えば、みなさんは何をイメージするでしょうか?
蛇、オオカミ、ライオン…
確かにそれらの動物も、毎年人間を襲っているようです。

しかし、最も人間を殺している動物は違います。

 

Infographic: The World’s Deadliest Animals | Statista
You will find more statistics at Statista

 

それは、「蚊」です。

 

 

マラリアの脅威

 

蚊がもたらす最も危険な病気と言われているのが「マラリア」です。
マラリアは、エイズ・結核に並び、「世界3大感染症」の一つと言われています。

WHOのワールド・マラリア・レポートによれば、
2015年に2億1400万人がマラリアにかかり、約43.8万人の死者が出たそうです。
これは、マラリアによって約1~2分に1人が命を落としている計算になります。
そして、その死亡者の約7割は5歳未満の子どもであり、
世界のマラリアの死亡者の9割はアフリカが占めているそうです。

 

ここ最近では、世界中でジカ熱の猛威が報道されています。
また、代々木公園近辺で起きた「デング熱感染」騒動は記憶に新しいのではないでしょうか?

どれも蚊が媒介する病気です。

「日本に暮らす私たちにとって、マラリアも決して他人事ではありません」

 

 

「世界マラリア・デー」、私たちにできること

 

毎年4月25日は世界マラリア・デーです。

全世界的に行われているマラリア撲滅への努力を認め合い、機運を持ち上げる日として、2007年にWHOが制定しました。

NPO法人マラリア・ノーモア・ジャパンさんはこの日を記念して、
「刺されるだけで簡単にかかってしまうマラリア」に対して、
「クリックするだけで簡単に支援をできる仕組み」で対抗しています。

4月25日は「世界マラリアデー」!子どもたちのために無料で支援しよう!

gooddoさんの仕組みを通じ、1いいねにつき10円が協賛企業から寄付される仕組みです。

同団体によれば、

・100円で子ども1人の診断検査キットと初期治療の抗マラリア薬を届けられる
・1,000円で蚊帳を一つ届けられる

そうです。

世界マラリア・デーに私たちにできる第一歩として、まずはこの取り組みに参加してみるのはいかがでしょうか?

 

 

人生の折り返し地点で、マラリア撲滅に向けて動き出した男

 

英治出版からは今年、水野達男さんの著書『人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。――第2の人生 マラリアに挑む』を出版しました。

Print

50代にして、これまで続けてきた農薬ビジネスから離れ、突如としてアフリカにおける蚊帳事業を担当することになった水野さん。
さらに58歳の時には、マラリアのない世界を目指すNPO法人マラリア・ノーモア・ジャパンに転身します。

これからシニアになる人こそ経験、知識とネットワークを活かしてグローバルな視点でチャレンジしてほしい

「挑戦に遅すぎるということはない」という勇気をくださるメッセージが込められた本です。

1歳半になる息子をマラリアで失った19歳の母親と出会い、この問題を根絶するために今も挑戦を続けられています。

ぜひ「世界マラリア・デー」を機会に、ご一読ください!

 

 

 

Print

水野達男
NPO法人マラリア・ノーモア・ジャパン専務理事兼事務局長。
北海道大学農学部を卒業。22年間の米外資系企業勤務を経て、1999年、住友化学株式会社に入社。日本国内や南北アメリカ市場における農業製品のマーケティングを手がける。2007年、アフリカのタンザニアでマラリア予防蚊帳「オリセットネット」を製造・販売するジョイントベンチャーの日本側リーダーに就任。現地の合弁工場の開設、年間3000万張りの生産体制の確立、一般市場のスーパーマーケットでの販売、研究所の設立などを行い、事業を軌道に乗せた実績を持つ。
2012年11月から現職。イベントや講演による啓発活動や、マラリア対策の事業開発などに取り組む。また、これまでの経験を活かして企業の海外ビジネス支援や研修の講師を務めるなど、幅広い分野で活動している。

◆NPO法人マラリア・ノーモア・ジャパン
http://www.mnmj.asia/

◆あなたの「いいね!」が、子どもたちの 支援に!
http://gooddo.jp/video/?p=5242

◆ブログ記事
「変化を自然に受け入れる」50代でNPOに転身した『人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。』著者・水野達男さんが大切にしていることとは!
http://www.eijipress.co.jp/blog/2016/01/25/22551/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です