英治出版株式会社 第17期 定時株主総会を開催しました。

2016年5月25日(水)、株主のみなさんと英治出版メンバーが集まるなか、英治出版の第17期定時株主総会を行いました。

株主総会2016_1

 

英治出版の株主総会の会場は、2012年につくった会議・イベントスペース、EIJI PRESS Lab(ラボ)。3年前から、株主総会ではミュージアム風にさまざまな展示を行っています。

 

2013年の様子。友だち100人に「英治出版ってどんな会社?」を聞いた答えや会社の歴史について展示をしました。

株主総会16_2 株主総会16_3

「小粒でもぴりりと辛い会社」 「長く読み継がれる本をつくる会社」 「社会を”本気で良くしよう”という意志を感じる出版社」など、たくさんの素敵な言葉をいただきました。

「高い本をつくる会社」 「煽るマーケ弱い系w」 「正直にバカがつく会社」という、ぷぷぷと笑ってしまうコメントもいただきました!笑

 

つづいて、2014年の様子。この年は、創業15年目の年でした。「英治出版15周年フェア」を開催していたので、フェアの展示を行いました。また前年度に刊行した出版物の著者の方たちを紹介するコーナーもつくりました。

株主総会16_5株主総会16_4

 

2015年の様子はこちら。いろんな年の出版物の著者・訳者のみなさんの紹介を展示したり、株主のみなさんと一緒にラボの活用法を考える、リトル・セッションも実施しました。

株主総会16_6 株主総会16_7

 

そして、今年。昨年度を振り返り、未来の英治出版を想像し、みんなで未来をつくっていく。そんな意味を込めた会場をつくりました。

株主総会16_8

振り返りのパートとして、昨年度に発行したタイトルの著者や訳者、監訳者のみなさんを紹介する展示コーナーをつくりました。昨年度に発行したタイトルは17タイトルでした。

株主総会16_9

あんなことも、こんなこともあったなぁと思い出せる、昨年度のできごとを写真で振り返るコーナーもつくりました。

株主総会16_10

未来の英治出版を描いてみよう! と、「妄想マップ~もしも英治出版が○○したら~」コーナーをつくりました。株主総会の2週間前に、スタッフで集まって英治出版の未来についてそれぞれが自由に「妄想」し、その内容を発表しあう時間をつくりました。株主総会では、みんなの妄想をイラストにして表現しました。

創業20年を前にして、これからわたしたちはどうなっていきたいのか、どんなことにチャレンジしていきたいのか。そんなことを既存の事業にとらわれずに自由・大胆・気軽に妄想した「もしも英治出版が○○だったら」。はたして、この中のなにかが実現されるでしょうか・・・!?

株主総会16_11

また、これから未来を一緒につくっていくメンバーとして、スタッフの紹介コーナーも展示しました。メンバーそれぞれに、「1年間の振り返り。わたし、こんな仕事をしました。」「わたしの関心事はこれだ!」について書いてもらいました。

 

さて、事業報告・決算報告のプレゼンテーションは、原田がおこないました。そのなかで、今年はじめて掲げられた「インパクト創出の4つの視点」のお話をご紹介します。

株主総会16_12

それは、英治出版はHow Manyの視点(売上、部数など数値的なもの)だけで事業のインパクトを測るのではなく、たとえば書籍がどれだけ深い示唆を読者に与えられたかといったHow Deepの視点、あるいはHow Far(どれだけ幅広い人たちに読まれるか等)、How Long(どれだけ長く読まれるか等)の視点を大切にしていこう、というものです。

 

「心の中にあるメッセージを、別の人の心に届ける。」

 

わたしたちの仕事はこういう仕事なんだとあらためて考え、How Deepは「心に届くレベル」かどうかが重要だね、というマインドを共有する機会となりました。

 

また、株主総会の直前、原田は50歳の誕生日を迎えました。

株主総会16_13

総会後の懇親会がひと区切りついた頃、サプライズのお祝いを実施。スタッフみんなで準備したのが、ショートムービー「原田英治という人」。「あなたにとって原田英治とは?」について、それぞれが語りました。

 

わたしにとって原田英治は「動く壁」です。

わたしにとっては「断ってくれる本当の応援者」です。

「よきビッグブラザー」です。「戦国大名」です。「ちょうどいい温度感」です。「親戚のおじさん」です・・・などなど。英治出版の卒業生も含めて、それぞれにとっての原田英治を語りました。原田も大変よろこんでくれたようで、来年の株主総会は卒業生も声をかけて「リユニオン株主総会がしたい。」と言っていました。

 

さて、来年の株主総会までにどんなことが起こるでしょうか? 株主総会それ自体は、わたしたちにとってどんな機会になるでしょうか?

 

また1年後、みんながわくわくしたり、楽しみになる株主総会になるように、そして新しい気づきがあったり、さらなる英治出版の発展になる機会となるように、日々How Deepを問いながら過ごしたいと思います。

株主総会16_14

「英治出版株式会社 第17期 定時株主総会を開催しました。」への2件のフィードバック

  1. 視点がいいですよね。いつも感心しています。
    さらなる発展をご祈念いたします。

  2. 西牧宏さん、コメントをありがとうございます。
    そして応援してくださって、ありがとうございます!
    これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です