イベント報告「私たちが世界の女性を支援する理由~国際協力の現場から~」 #国際ガールズデー

10月2日(日)に渋谷HMV&BOOKS TOKYOさんで、国際ガールズ・デー記念&『WOMEN EMPOWERMENT 100』出版記念イベントが開催されました!

dsc_0096_s

『WOMEN EMPOWERMENT 100』の日本語版コンテンツにご協力いただいた、国際協力NGO 3団体からそれぞれゲストをお招きし、活動内容からキャリアまで幅広いテーマについて伺いました。
ono takeda
◆ゲスト(写真左から)

城谷 尚子(しろや・なおこ)さん
公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン
コミュニケーション部 国内プログラムチームYouth-ACTチームリーダー、アドボカシーオフィサー

小野美智代(おの・みちよ)さん
公益財団法人ジョイセフ
市民社会連携グループ長

武田勝彦(たけだ・かつひこ)さん
公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパン
事務局長

ここではトークイベントの一部をご紹介します。

「初の看護師」になった女の子が、新しいロールモデルに

plan_india
提供:プラン・インターナショナル
プラン・インターナショナルの城谷さんからは、「教育」によって大きく変わったインドの女の子たちの話が紹介されました。写真の一番左の女の子は、プランの教育支援によって学校に通うことができるようになり、勉強に励んで看護師の資格をとったそうです。写真の施設は村の保健所で、この村で初の女性の看護師となったそうです。
周りの女の子たちは、彼女をとても尊敬し「彼女のようになりたい!」と勉強に励んでいるようです。
プラン・インターナショナルは貧困や差別のない公正な社会の実現を目指して、世界各地で「子どもとともに進める地域開発」を推進しています。近年では特に女の子の現状を伝え、変えていくためのキャンペーン「Because I am a Girl」を展開しています。実は、10月11日の国際ガールズ・デーは、プラン・インターナショナルの国連への働きかけによって実現しました。

妻を危機にさらした事件が、保健ボランティアのきっかけに

smag_man
提供:ジョイセフ
ジョイセフの小野さんからは、ある男性が家族の事件をきっかけに保健ボランティアに転身した話が紹介されました。「保健ボランティア」とは、母子保健に関する知識の提供や意識を向上させるために村々をまわる人々のことで、ジョイセフがトレーニングを提供しています。写真の男性は、妻が妊娠時に畑仕事をしているとき、破水して危険な状態になったところを保健ボランティアに助けられたそうです。「もう二度と同じような思いをしてほしくない」と男性は自分のストーリーを伝えていくことを決意し、夫婦で保健ボランティアになったそうです。
ジョイセフは、日本発の妊産婦や母子保健専門の国際協力NGOです。戦後の日本の家族計画や母子保健の経験で培われたノウハウを、途上国に伝えることで現地の妊産婦死亡率の削減に努めています。

現地の女性たちが、自分たちの力で自立する仕組み

Blue bowl is for savings, the green one is for loans, and the pink bowl is for fines.

ケア・インターナショナル・ジャパンの武田さんからは、女性たちの「信用組合」について紹介されました。これは、現地の女性たちが自分たちのお金を持ち寄って信用組合を結成し、事業を始めるときの資金や子どもの教育費など、まとまったお金が必要な時に信用組合の支援を得る仕組みです。ポイントは「現地の人が自分でお金を出し合うこと」だそうで、自分のお金だから貸付・返済と貯蓄にシビアになるそうです。写真の右下にある青い箱は金庫で、組合メンバー3人の鍵が揃わないと開かないそうです。信頼と透明性を担保し、自分たちの力で自立するための仕組みであるといえるでしょう。いまでは世界各地の開発現場で取り入れられているそうです。
ケア・インターナショナルは、女性と女子を活動の中心にすえて、貧困のない世界を目指して活動する団体です。日本では、戦後の復興期に食料・物資の支援である「CAREパッケージ」の恩恵を受けた人々が、復興を果たした後に「恩返し」として途上国支援のための団体を設立したのがきっかけだったそうです。

貧困をなくすために、できることはたくさんある。

今回のイベントでは、どの団体も、得意なことを活かしながらさまざまな切り口から貧困問題に取り組んでいる様子が浮かび上がりました。「貧困をなくすために、できることはたくさんある。」というのは 『WOMEN EMPOWERMENT 100』の紹介文にも書いている言葉ですが、まさにその具体的な事例を紹介してくださったと感じました。
各団体でも、日本で参加できるさまざまなプログラムが用意されています。
ぜひチェックしてみてください!
プラン・インターナショナル https://www.plan-international.jp/
ジョイセフ https://www.joicfp.or.jp/
ケア・インターナショナル・ジャパン http://www.careintjp.org/

 

◆関連書紹介
we100book
【貧困をなくすために、できることはたくさんある。】
電気いらずのペットボトルライト、家事を効率化するエコキッチン、収入をもたらすバイオ燃料……手に届く価格で、大きな価値を生むアイデア満載!
9784862761187
角田光代が訳さずにはいられなかった――!
世界を代表する7人の作家が描いた 名もなき女の子たちの物語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です