ニューヨークに行ってきました。100%ボランティア運営の書店って・・・?

英治出版社員は、1年に1度、海外に行くことができるチャンスがあります。自分で目的を設定して、行く国や現地での計画を立て、承認を得られれば出張できます。その前後にバケーションをくっつけて、他の国に行ってもよいのです。

 

今年の4月には編集の業務を中心におこなっている高野と安村がそれぞれイタリア・ボローニャとイギリス・ロンドンへ行ってきました。高野はボローニャで、ボローニャブックフェアという絵本を中心としたブックフェアを視察し、いつか絵本をつくりたいと企んでいます。安村はロンドンでブックフェアの仕事のあとにバケーションをとって、フィンランドに遊びに行っていました。現地の書店や図書館も見に行ってくれて、帰国後におみやげ話をしてくれました。

 

今月にはドイツ・フランクフルトでブックフェアが開催されるので、7月に英治出版に参画したメンバーを含めた2人がフランクフルトに行ってきます。そして先月、広報などコミュニケーション全般の業務にたずさわっている私、山見はアメリカ・ニューヨークに行ってきました。このブログでは、ニューヨークで視察した一部をご紹介したいと思います。

 

  • 100%ボランティア運営の書店

Bluestockingsという独立書店を訪問してきました。ユニークでおもしろそうな書店がないかと調べているなかで発見した書店です。フェミニズム関係の本、ジェンダーや人種、環境問題、政治などのテーマでメッセージ性が強い書籍を取り扱っている書店です。そして、もっとも関心を持ったのが、この書店が100%ボランティアで運営されている点。はじめにそのことを知ったときは、どういうことなんだろう? とすごく不思議に思いました。そんなことあり得るんだろうか? と。どうしても気になったので、友人の力も借りながら、会う約束をとりつけました。

 

  • 店内の様子

お店は、マンハッタンのロウワ―イーストサイド地区にあります。最寄り駅から10分くらい歩くと着きます。どきどきわくわくしながらお店の前に到着。外観はこんなかんじです。味のあるいい雰囲気です。

 

img_1100

 

お店のなかに入って、まずはぐるりと一周。ジェンダーやアナーキズム、人種、活動家の戦略、教育改革など細かいテーマ別に棚づくりがされています。移民大国アメリカらしく、ラテンアメリカやアフリカなど、各地域の歴史に関する書籍も豊富にそろっていました。

 

img_1090img_1095

 

このコーナーはZINEといわれる手作り冊子が置かれています。ニューヨークに到着した翌日に、ニューヨーク近代美術館の分館、MoMA PS1で開催されていたNY ART BOOK FAIRに訪れていたのですが、普通の紙にイラストや文章が印刷された手作り冊子が2~5ドルくらいで販売されていて、こういうのも売っちゃうんだ~とやや驚いていました。数日後にBluestockingsに来て、あれがZINEというものだったのだと知りました。ZINEは1990年代後半頃からアーティストたちが自分の作品を紹介したり、アピールしたりするツールとして使われてきたものだそうです。Bluestockingsでも多くのZINEが置かれていました。

 

img_1096

 

お店にはコーヒースタンドもあるので、コーヒーを飲みながら、本や雑誌を読んでいる方がいらっしゃいました。イベントも毎日のように開催されています。

 

img_1086 img_1088

 

  • ボランティアスタッフのふたりの女性にインタビュー

さて、じっくり店内を見て楽しんだ後に、会う約束をしてくれていた女性にインタビューをしました。お話してくれた内容を簡単にまとめます。

 

・100%ボランティア運営というのに驚きました。全員で何人くらいのボランティアスタッフがいるのですか?

だいたい全員で80名くらいです。1人あたり1日1~3時間くらいのシフトで構成されています。週に1日だけ来る人もいれば、数日来る人もいます。どれだけコミットするかはその人次第で、来る日が少ないからだめとか、もっと来なさいという強制は一切なくて、それぞれのコミットメントや関わり方が尊重されています。

 

・ボランティアスタッフのみなさんにはどんな役割がありますか?

ボランティアスタッフのシフトを調整したり、店内の整理やレジ、本の仕入れ、イベントの企画や運営などさまざまです。コミットしている度合によって、担当できる役割に差はありますが、基本的にはその人がやりたいと思う役割をやってもらったり、できる範囲での役割を担当してもらっています。

 

・ボランティアスタッフのみなさんがここで働くモチベーションはなんですか?

モチベーションは人それぞれです。わたしの場合は、数年前にニューヨークに引っ越してきたことがきっかけでスタッフをはじめました。ニューヨークにはよく知っている人もいなかったし、本のラインナップも好きだったので。そのうち良い友だちもできて、今では働きはじめてもう数年になります。ここで知り合った人たちに良くしてきてもらったので、これからは私もそういう立場になりたいと思ってコミットしています。ときに、みんなとピクニックに行ったり、パーティーをしたりするのですが、楽しいですよ。

 

・ここでの仕事以外にもなにかされているのですか?

はい、私はアーティストです。なので、ほかの人より比較的コミットしやすいので、よくここで働いています。それに、パートナーがいるのですが、私の活動を理解してくれていて、生活も助けてもらっています。

 

ほかのスタッフにも話を聞くといいよと言ってくれて、別の女性にもお話を伺いました。

 

・あなたがここで働くモチベーションはなんですか?

わたしは数か月前にニューヨークに引っ越してきました。もともとロスにいたけど、一度ニューヨークに住みたいと思って。だけど、知っている人もあまりいないので、ここでボランティアすることにしました。今は週1日のコミットだけど、本当はもっと関わりたいと思っています。だけど、他の仕事もあるから、なかなか都合をつけるのが難しい状態です。

 

・ここでの仕事は楽しいですか?

もちろんです。ここにある本に関わるテーマのことを話すことができる仲間がいるし、ニューヨークに来てからいろいろ助けてもらったので。だから、本当はもっともっと関わりたいんです。

 

忙しいなか、たっぷりと時間をとっていろいろお話をしてくださいました。お土産にお店のオリジナルエコバッグ(少々、過激ではありますが。笑)までくれて、本当にあたたかく対応していただきました。

 

img_1116

 

彼女たちの話を聞いて、こういうコミュニティがあり得るんだ・・・とびっくりしたのと同時に、とても素晴らしいと思いました。それぞれの人が自立していて、かつ互いを尊重し、助けが必要なときは助け合う。こういうところが素敵なお店であり、コミュニティだと思いました。

 

また、書店のひとつのあり方として、日本でもあり得るのだろうか、ということも考えさせられました。つまり、「書店員じゃない人たち」が書店(リアル書店、ネット書店問わず)を運営していくことが成り立つのかどうか。もし、そういう書店をつくるとしたら、どんな要素があるといいだろう。自分なら、どういうものであれば関わりたいと思うんだろう・・・などなど、考えが止まらなくなります。笑 それに、今回は書店の話をしていますが、書店に限らず当てはめて考えることができるトピックかもしれません。

 

  • お店の情報

Bluestockings http://bluestockings.com/

 

img_1087

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です