【10月11日は国際ガールズ・デー】慶應義塾生協日吉書籍部さんで「世界の女の子のために、私たちにできること」フェアが開催中です。 #国際ガールズデー

毎年10月11日は「国際ガールズ・デー」。

国連が2011年に定め、教育の権利、早期結婚、人身売買、差別…など、世界の女の子たちが置かれている数々の苦境を知り、アクションを起こす日になっています。

この日を日本で盛り上げていくべく発足した国際ガールズ・デー推進ネットワークに、英治出版も加盟しております。出版社として、「本を通じてできること」を考え、世界の女の子たちの現状を伝えるブックフェアを2013年から各地の書店さんで開催してきました。

4年目となる今年は選書も販促物も刷新。タイトルは「世界の女の子のために、私たちにできること。フェア。女の子たちが置かれている「現状を知る」にとどまらず、私たちにもできる「課題の解決策を知る」ためのヒントが詰まった本を揃えています。

 

こちらは慶應義塾生協日吉書籍部さんにて展開中のフェアの様子です!

 

階段を上がってすぐ左手にある企画棚でご展開いただいております。
足を止めてくださる学生さんが多いとのこと、とても嬉しいです。

世界最大の社会起業家ネット―ワーク「アショカ」のフェローたちの事例が載る『静かなるイノベーション』をお買い上げいただけたとのこと、ありがとうございます!

 

今回のフェア選書は、6つのカテゴリーに分かれています。

◆健康と保険
◆暮らしを変えるアイデア
◆教育
◆経済・金融
◆法律・仕組み
◆日本の問題

カテゴリーパネル分けのパネルには、それぞれの分野の課題がインフォグラフィックで表示されています。
ぜひこちらもご覧ください。

 

 

国際ガールズ・デー当日が過ぎても、もう考えなくてもよくなるテーマではありません。
ぜひ引き続き、世界の女の子たちが抱える課題について考えてみてください。

その際のヒントは、ぜひ慶應義塾生協日吉書籍部さんのフェアで!

慶應義塾生協日吉書籍部
横浜市港北区日吉4-1-1
TEL: 045-563-8487
URL: http://www.univcoop.jp/keio/info/shop.html#p02

※国際ガールズ・デー推進ネットワーク公式Facebookページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です