EIJI PRESSのPRESSについて(英治出版 代表・原田がブログを書きました。)

先日、京都造形芸術大学 副学長の本間正人さんにお会いし、英治出版のロゴやEIJI PRESSの「PRESS」というのがいい、とお褒めいただいた。

LOGO_305_215_B

正直なところ、創業時にPRESSとしたのは失敗だったかなと、ずっと思っていた。

ネットバブル期の頃の出版社と言えば、電子書籍への先見がなく、紙に固執しているように感じていた。英治出版では創業の1999年からオンラインでの立ち読みを提供していたので、なんとなく「出版社」の姿勢に違和感を感じていた。

そこで、2002年に初めて社員を雇うにあたり、自分たちにとっての「出版」を改めて定義してみようと考えた。そうして生まれたのが「パブリッシャー宣言」だった。「版を出す」と書く出版は、どこか印刷のイメージで、だからこそ(当時)出版社は紙に固執してしまうのではないか。自分たちの役割をより良く表す言葉として、英語のpublisherが浮かんだ。public、publicizeという単語が連想された。私たちの仕事は、紙の本を作り読者に売ることではなく、著者のメッセージを磨きパブリックにすることで著者の夢を応援することなのだと理解した。以来、著者を応援する出版社を心がけ、自分たちはパブリッシャーであると思ってきた。なので、EIJI PRESSには抵抗があった。

本間さんにPRESSが良い理由を尋ねた。

PRESSは、EXPRESS(表現する)であり、IMPRESS(印象を与える)であると。

著者は人生観が詰まったメッセージをEXPRESSし、読者は自分の人生観に著者のメッセージをぶつけIMPRESSする。その間に存在するのがEIJI PRESSなのだと。

そうか。そうだよ。

そう思うと、パブリックという実体が見えない表現より、著者から読者という個人から個人への関係を表すPRESSが断然気に入ってきた。

英治出版が大切にしている考え方に6 degrees of separationがある。この仮説に寄れば、6次の隔たりで全人類が間接的に繋がる。友達の友達は、みな友達の世界。6次の友達は想像が難しいが、直接知っている1次の友達を大切にしないひとが、友達の友達(2次)や、の友達(3次)を得ることはない。友達ネットワークの階層をどこまで深くできるかは、1次の関係の深さに比例するのだと思う。

英治出版をEIJI PRESSとして、よかった。

これからも、著者との1次の関係を大切にしていこう。それが結果的に、友達ネットワークを伝って、多くの読者をIMPRESSすると信じて。

We are EIJI PRESS.

本間正人さん、新しい気づきを頂きました。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です