「システム思考」や「やり抜く力(GRIT)」を育む「ワールドピースゲーム」の魅力とは。

こんにちは、プロデューサーの下田です。

世界の課題解決型シミュレーションゲーム「ワールドピースゲーム」in EIJI PRESS Lab、いよいよ3週間後(4月1日~5日)に迫ってまいりました! まだもう少し枠がありますが、参加をご検討中の方に向けて、このゲームに私が惹きつけられた理由をご紹介したいと思います。

application_y

 

実は、私には子どもがいませんが、もし自分に子どもができたら「いつか参加してほしい!」と強く願っています。というのも、これからの社会で求められる力を育むのに最適なゲームではないか?と考えているからです。

23_s

その力とは、物事の全体を見渡して俯瞰的に考える「システム思考」や、みんなで協力する「チームワーク」、また「やり抜く力」「好奇心」「自制心」といった非認知的スキルというものです。「非認知的スキル」については、最近ベストセラーになった『GRIT やり抜く力』や『学力の経済学』、英治出版から出した『成功する子 失敗する子』などに詳しく書かれているのでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

では、なぜワールドピースゲームがこれらの力を育むのでしょうか? 私はこれまで2回見学しましたが、大きく5つのポイントがあると感じました。

  1. システム思考:大人もびっくりするほど複雑に絡み合った答えのない課題に向き合い、全体的な視点での解決策を探る。
  2. チームワーク:首相や財務大臣、国連から武器商人まで、どの役割も欠かせないもの! 「自分が世界平和のために何ができるか」を問われます
  3. 好奇心:環境問題、民族紛争、領土の奪い合い、テロ、クーデター、秘密国家など、リアリティあふれる世界観に子どもたちがのめり込む
  4. 自制心・やり抜く力失敗や予期せぬ事態にどう対処するか? つねに学び直しながら解決策を自分たちで見つけ出していく。
  5. 交渉力:ゲームのカギとなるのは「交渉」。いかにWin-Winの関係になれるかを探っていく。

 

1.システム思考:大人もびっくりするほど複雑に絡み合った答えのない課題に向き合い、全体的な視点での解決策を探る。

26_s

ワールドピースゲームは40年以上にわたって改良が続けられています。あまりに簡単に終わってしまうと、「子どもたちが、答えがないような困難な課題に向き合う時間を大切にする」という意図からずれてしまうため、開発者のジョン・ハンター氏は課題や役割を見直して、ゲームをどんどん複雑なものにしていきました。

たとえば、ゲームで解決すべき課題は50以上ありますが、「あっちを解決すれば、こっちの問題が悪化する」というふうに、課題同士の利害がぶつかってトレードオフになっている場合が多々あります。つまり、対症療法的な解決策ではなく、「全体の視点で考えて、新しい解決策を見出す」必要があるのです。

これはまさに『学習する組織』でいう「システム思考」。子どもたちはゲームを通じて、自然とシステム思考の考え方を学んでいくでしょう。

ちなみに、複雑だからと言って事前に知識はいりません! 先ほども述べた、ゲームで大切にしている「答えがないような困難な課題に向き合う」時間が損なわれてしまうからだそうです。

 

2.チームワーク:首相や財務大臣、国連から武器商人まで、どの役割も欠かせないもの! 「自分が世界平和のために何ができるか」を問われます。

5_s

ゲームの最少催行人数は25名。子どもたちは4つの国家の首相、財務大臣、防衛大臣、国連、武器商社などの役割を与えられます。さらに、「運命の女神」や秘密の「破壊工作員」といった、アクロバティックな役割もあります。

首相は交渉を担い、財務大臣は国家財政を管理し(計算を間違うと罰金も!)、防衛大臣は軍や武器を管理する。そして国連は各国の交渉を仲介し、武器商社は国家に武器を売り買いする。まさに現実世界と同じような役割が一人ひとりに与えられているのです。一人ひとりが役割を果たさないと、「課題をすべて解決する」「すべての国の資産を上げる」というミッションを達成できません。

見学中に強く印象に残ったのが、「武器商社」となった男の子の姿でした。実は、ゲームのはじめのうちは国と国との交渉がメインとなるため、誰とも話さずに会場を歩き回っているだけのように見えました。

外から見ていて「あの子はあまり参加できていないのでは」と心配になりましたが、後日伺った話によると、ご家庭に戻った時に「武器商社として世界平和にできることって何?」とご両親に尋ねていたそうです。「そんな哲学的なことを考えていたとは!」と本当に驚きました。

 

3.好奇心:環境問題、民族紛争、領土の奪い合い、テロ、クーデター、秘密国家など、リアリティあふれる世界観に子どもたちがのめり込む!

28_s

ゲームの舞台は宇宙、空、陸、海を表す4層のタワー。その上に4つの国家の領土、軍隊、工場、資源などを表す人形やプラモデルが配置されています。これらはゲームの課題と密接にリンクし、紛争状態を示すバトルマークがあったり、オイルタンカーの原油流出を示す糸の輪っかがあったりします。

子どもたちは真剣にタワーを眺めながら、議論をしたり交渉したりしていました。「課題」を頭だけで考えて解決しようとするのではなく、五感を使いながらゲームの世界にのめり込む様子が伝わってきます。

課題も「二酸化炭素を減らすためには?」、「少数民族の反発を押さえながら紛争を収めるには?」といった、現実世界でも見聞きするようなことばかり。さらに、最初に用意された課題だけでなく、「A国でテロが勃発!工場を武装占拠した!」「秘密国家が核ミサイルを落とすことを宣言した!どうする?」など、進行に伴って次々と問題が発生します。

このリアリティが子どもの好奇心を刺激し、家に帰ってからも国際ニュースに関心が向くようになり、ゲームクリアのヒントを探そうと、国際関係や紛争問題について自分で調べるようになったお子さんもいるようです

 

4.自制心・やり抜く力:失敗や予期せぬ事態にどう対処するか? つねに学び直しながら解決策を自分たちで見つけ出していく。

19_s

ゲームの最初のうちは、複雑すぎる課題の数々を理解するのに必死で、どの子もどう進めていいかわからずに圧倒されるそうです。そして、安易な解決策を出してしまうと別のところで問題を引き起こしたり、先ほども説明したように突発的な事件が起こって問題が複雑化したりします。

しかし、投げ出してしまいたい欲求を抑えて交渉や議論にじっくり取り組んでいくと、次第に全体が見えてくるようになりますつまり、自制心が求められるのです。そうすると一つずつ課題を解決していくことができるので、「協力すればできるかも…」という意識が芽生え、途中から解決スピードがぐんと上がることもあります。

「一見無理に思えた課題でも、何とかやり切った」という達成感が、子どもたちの「やり抜く力(GRIT)」につながるのではないでしょうか。

 

5.交渉力:ゲームのカギとなるのは「交渉」。いかにWin-Winの関係になれるかを探っていく。

9_s

ゲームは「交渉」と「宣言」の時間が繰り返されながら進んでいきます。

「交渉」時間では、子どもたちは各国と課題を解決するための交渉を行い、契約書や請求書・領収書など、国際社会に認められるための必要な書類を揃えなければいけません。

「宣言」では、各国首脳がみんなの前に立ち、どの国とどんな取り決めを行ったのか、またどういうふうに軍隊を動かすかということを全体に発表します。ファシリテーターは関連する国や組織に「この決まりについて把握していますか?」と細かく確認していくので、きちんとした書類を見せる必要があるのです。

交渉を通じて、「原油流出の賠償額」「軍隊撤退の費用」について、どちらの国がどれくらいのお金を出すのかをきちんと決めておく必要があります。最終的にすべての国の資産を増やさなければいけない(自分だけの国が増えていればいいわけではない)ので、豊かな国だからといって気前よくお金を出すわけにはいきませんし、「交渉に勝つ」ことにこだわってばかりもいられません。

自分たちの要求をどこまで通しつつ、どこまでであれば譲歩できるのか、といった見極める力と交渉力が求められるのです。

 

 

いかがでしたか? 長々と書いてしまいましたが、実際にゲームを目の当たりにすると、もっともっといろんなことを感じます。5日間という短期間ながら頭をフル回転させる濃密な時間、ゲーム後に大きく変わったお子さんの姿に驚かれる親御さんが多いのも納得です。

チャレンジ精神と好奇心あふれるお子様のご参加をお待ちしております!

application_y

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です