PASS THE BOOKについて、ご紹介します。

皆さん、こんにちは。今回のブログでは、これまでに何度か開催しているイベント「PASS THE BOOK」について、ご紹介したいと思います。筆者は、このイベントを企画・運営している英治出版の山見です。

PASS THE BOOKでは、毎回ゲストをお招きして、その方の座右の書をお持ちいただき、ご紹介してもらいます。その本のなにが好きなのか、その本からどんな影響を受けたのかなど、本への想いやその本にまつわるエピソードをお話してもらいながら、ゲストの人生に触れ、彼らの人生を感じるイベントです。ゲストのトーク、会場全体でのダイアログのあと、座右の書が参加者のおひとりにパス(プレゼント)されます。

実はこのイベント、はじめたきっかけは、greenz.jpの元編集長YOSHさんの「引っ越し」でした。

「もう読むことはないとわかっていても、大切にしていた本は捨てたり古本屋に持っていくのはとても偲びない。本への想いとともに、顔の見える誰かに渡すことができたら……。」そんなYOSHさんの想いに英治出版がコラボレーションする形ではじまりました。

毎回、1冊の本をつうじて見えてくる、ゲストの方の生き方や考え方から学びや気づきがあります。ただ、イベントでの学び・気づきは、必ずしも明日からすぐに役立つものではないかもしれません。どちらかと言えば、イベントの後日、じわりじわりと心に響くことが多いように思います。

例えば、マラリア・ノーモア・ジャパンの水野達男さんがゲストで来ていただいたときのこと。ビジネスマンとして必要なロジカルシンキングはすべてこの本から学んだ、と『企業参謀』(講談社文庫)をお持ちいただきました。仕事をするなかで、その内容をどんどん自分のものにしていかれた水野さん。けれど、その延長線上でのアフリカ赴任をきっかけに、体調を崩され「ロジックだけではダメなんだと気がついた」と水野さんは言います。それからは、ご自身のなかにあるセンサーによる反応、つまり直感を大切にしていることをお話してくださいました。いまは、ロジカルさも直感もうまく扱っているんだそうです。

このように、本の紹介にとどまらず、その本と生きてきたことで起こったことや発見を知ることができるのがおもしろいところです。

私にはこの話が印象的で、その日以降、これってセンサー反応してるやつかな? とか、ちょっと違うやつかな? など、直感について自分と対話をするようになりました。いまだに、どれが直感なのか、わからないときもありますが、たぶんこのプロセスを続けていくことに意味があるんじゃないか、水野さんもそんな感じだったのかなとじわりじわりと影響を受けているのを実感しています。

もちろん、ゲストの話を聴いての学び・気づきはそれぞれに違って、参加者の皆さんとのダイアログのなかで新たに気づくこともたくさんあります。

次回のPASS THE BOOKは明日、6月14日におこないます。ゲストにおこしいただくのは、世界を旅するノンフィクション作家の寺井暁子さん。

務めていた会社を辞め、世界中に散らばった同級生たちに会いにいった旅を綴った『10年後、ともに会いに』(クルミド出版)。そのあとの旅をつうじて書いた『草原からの手紙』(クルミド出版)。そして、現在執筆中の寺井さんがナイル川沿いのミュージシャンたちの旅を追った最新作『ナイル・ナイル・ナイル(仮題)』。どの作品も、彼女がなにかに突き動かされてでた旅がベースになっています。

ただ「突き動かされるもの」を信じて旅にでる一方で、やはり本当にこれでよかったのかな……と考えてしまうのも寺井さん。そんなふうに微妙に揺れ動きつづける寺井さんに「旅のかたちを示してくれた1冊」を今回ご紹介いただきます。

寺井さんのように、旅にでようかな、でもなぁ……という狭間にいる方、旅でなくとも、この選択をしてよかったのか? 本当にこれでよかったのか? と揺れ動いている方など、なにか次の方向性を見つけたり、一歩踏み出すヒントになるかもしれません。

個人的には、「突き動かされるもの」と「直感」は似ているような気もしていて、寺井さんがそれだとわかるとき、どんな感覚なのか興味があります。また、突き動かされるものや直感と理性の揺れとどうやって付き合われているのかを寺井さんに聞いてみたいと思っています。

当日は、寺井さんを囲んでお話を聴いたり、自由に質問したり、それぞれの楽しみ方で時間を過ごしてくださればと思います。ご参加希望の方はお申込みのうえ、当日会場へおこしください。お待ちしています。

▼次回PASS THE BOOK概要
・日時 2017年6月14日(水)19:00-21:30 ※開場18:45
・場所 EIJI PRESS Lab
・費用 2,000円
・申込 http://passthebook1706.peatix.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です