epblog のすべての投稿

「英治出版ってどんな会社?」会社説明会での代表・原田の話

8月24・28日、英治出版の会社説明会を開催しました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

採用選考に際して弊社への理解を深めていただこうと企画した、創業以来初めての会社説明会。といっても堅苦しいものは英治出版らしくない、ということで、皆さんに円形に座っていただき、アイスブレイクをしてスタート。代表・原田による経営理念の話、事業の概況説明、募集職種であるプロデューサーの仕事内容の紹介を経て、ワールドカフェ方式によるQ&Aセッションを実施しまし。さまざまな立場のメンバーと直接お話ししていただきました。

当日の説明資料はこちらに掲載しましたので、よろしければご覧ください。代表・原田の話「英治出版ってどんな会社?」については、以下をお読みいただければ幸いです。


英治出版ってどんな会社?(英治出版代表取締役・原田英治)

こんにちは。英治出版の原田です。今日はご参加ありがとうございます。

「英治出版ってどんな会社?」ということで、私からは、英治出版の創業の思いなどについてお話ししようと思います。

 

英治出版は1999年6月22日に埼玉の自宅で、妻と創業いたしまして、来年の6月に20歳を迎えます。

創業後に妻とランチをしながら、「会社ができたんだから、就業規則が欲しいよね」という話になり、就業規則を作ろうということになりました。

しかし考えてみると、ルールって作りたくないな、と。

「英治出版の社員として、誇りを持って行動すること」。以上。みたいなのがいいなと思ったんですね。

以来、英治出版の中には、必要最低限のルール以外、明確な規則というものはできておりません。

ルールのない会社を作りたいなと思ったんです。

それはなぜか。そもそも英治出版を設立した理由が、「社員の夢が大きくならないような会社じゃダメだ!」という思いでした。僕は、子供が一歳半の時に、以前勤めていた会社をやめてしまったんです。会社の社員やそれに関わる人の夢が大きくなって、いろんないいものが生み出される会社がいい!と思っていたけど、前の会社ではそれが感じられませんでした。だから自分で会社を作ろうと思った。それで英治出版ができました。

社員の夢が大きくなる会社。だから、「自律的に誇りを持って行動できる会社」、それ以上にルールって必要ないんじゃないか、という話になりました。

 

さて、社員の夢を応援しよう! そう思ったんですが、社員がいない! びっくりしました。

それなら、ということで、著者の夢を応援しようということになりました。

1999年のその頃、出版業界では既に、本は売れなくなるとだいたい絶版になっていました。日本で出ていた本の8割が、品切れや絶版で買えないんです。2001年にアマゾンができたとき、驚愕しました。今でこそ、アマゾンのマーケットプレイスなるものができて、古本が買えるんですが、当時は登録されている本のうち大半のものが買えなかったんです。当時はみんなアマゾンで古い本を買おうとは思っていなかったかもしれませんが。

それで、もしかするとある意味、大手出版社に対するアンチテーゼかもしれないけど、「著者を応援する」出版社、本を簡単に絶版にしない出版社を作りたいと思いました。

英治出版は、創業から19年間で300以上のタイトルを出してきたんですが、99年に出した本も含めて94.7%の本が今でも売られ続けています。中には著者の都合、会社の倒産、版権の都合で出せなくなったものもあるんですが、94.7%は絶版にせず稼働しています。

 

実は、僕自身は、本はあまり読みません。そんなに読書家ではなくて。本を読んでると他のことを考えちゃって、妄想が始まって、結局、読みきれないんです。

どちらかというと、本を読むというより、人と話したりする方が好き。そして、人を応援するのが好きです。応援していると、いいことが起こるんですよ。それを体感しながらできてきた経営理念が、「誰かの夢を応援すると自分の夢が前進する」というものです。

今は本当にそれを実感しています。99年に埼玉の自宅で創業したときには、そこの本棚に並んでいるような、すばらしい著者の方々の本を自分が出版するようになるとは思えませんでした。一冊一冊、人との関係性、著者との関係性をコツコツとつなげていった結果、自分では想像できなかった夢がかなってきているような気がしているんです。

仲間とつくる現実が、自分の理想を超えてしまう。そう思っています。

 

「現実が理想を超える」という言葉は、26歳の頃、特別養護老人ホームの理事長の方に聞いた言葉です。20代の僕には理解できませんでした。「現実が理想を超えるわけないじゃん」と。でも今は、自分なりに解釈できています。実際に、自分の想像力でなし得ることを、仲間との現実が塗り替えていっているんです。

振り返れば、埼玉で思い描いていた「理想の著者」をはるかに超える「理想の著者」と仕事ができています。

 

僕の好きな、”Six Degrees Of Separation”、つまり「6次の隔たり」という考え方があります。ネットワークについての考え方です。

たとえば、僕の直接知っている人、たとえばここに座っている安村さん(英治出版社員)は社員なので、僕とは1次の隔たりの関係にあります。安村さんの友達と僕とは、2次の隔たり。このように関係を2次、3次とつなげ、6次まで広がると、全人類がつながる。そんな仮説です。

この話を聞いたとき、いわゆる人脈の広い人って、1st degreeを多く持っている人ではないんだ、と思いました。全人類と1st degreeで知り合うことは物理的に不可能ですよね。要するに、多くの人とつながっている人は、2nd degreeや3rd degreeの関係をうまく活用できる人のことなんだ。と。

昔はパーティーに行って1degreeな名刺交換をして、それで人脈が広がったように思えていたけれど、それは違っていました。目の前の相手と深く知り合うことで、2nd degreeを引き出しやすくする、その1st degreeの深さこそが「人脈が広い」ということなんだと思うようになったんです。

たとえば、安村さんのことを「出版社の人」と見ているだけだと、安村さんには出版のことしか相談しないかもしれない。でも、この1 degreeの関係を深くして、いろいろ知ると、「アフリカが好きなんだ!」とか「学生時代に剣道をやってたんだ!」とか、知れば知るほど、持っていそうな友達など、この人の先の2nd degreeが見えてくる。

目の前の相手を真剣に応援し、その人との関係性が深まることで、2nd degreeや3rd degreeが広がっていくんです。

昔『Yahoo!はなぜ最強のブランドなのか』という本を作ったときのこと。ある友達から、「Yahoo!創業者のジェリー・ヤンのメールアドレスを教えてくれ」と言われました。でも英治出版は本の版権を買っただけで、創業者のアドレスなんて知りません。ですが、念のためにシリコンバレーに詳しい友達何人かに「ジェリー・ヤンのアドレス知らない?」と聞いてみました。すると、なんと2人から、「これがジェリーのアドレスだよ」って返信がきたんですね。たまたまのことかも知れないけど、Yahoo!の創業者って僕と2 degreesの関係にあったのか、とびっくりした次第です。

そんな経験もあって僕は、誰かを応援するという時に、自分の2 degreesを想像できているか、ということが非常に大切だと思うようになりました。

自分の1st degreeの友達は知っているけど、あの人だったらこんなことを知っているかも知れない、というところまで自分のネットワークと捉えて、目の前の人と向き合う。目の前の人ももしかしたら、2nd degreeを持って今、話してくれているかもしれない。他人同士が2nd degreeを持って会話をすると、2nd degreeの2nd degreeで5th degreeの会話になるんです。二人いるだけで5th degreeの会話ができる! 6th degreeで全人類がつながるのに、たった2人で5thまで行けちゃうんだ! そんな気がしていて、これが英治出版の経営理念の源泉になっています。

「誰かの夢を応援すると、自分の夢が前進する」。人の夢を応援することによって、自分の夢が巡り巡ってどこかで前進していく。これは決してギブアンドテイクではなく、いわば世の中に貯金をしていくようなイメージで、ものごとが進んでいって、気がつくと自分の夢が進んでいるということです。

目の前の好きな人を全力で応援する。それを大切にしています。

だから逆に言えば、英治出版は嫌いな人とは商売しないんですよ。儲かりそうでも、嫌いなら仕事しない。社内の企画会議では、全員が共感することが企画決定の条件になっています。全員一致で拍手が起こった企画の著者をみんなで応援する、というスタイルです。

 

もう一つ大切なのは、社員を応援する、ということ。これは、著者を応援することよりも重要だと思っています。

昔は、夢の「大きさ」がすごく重要だと思っていたけれど、随分昔にアルバイトの学生に、「大きな夢でなくても、目の前のことを一生懸命やっている人、自分の夢を突き詰めている人は、応援しないんですか」と聞かれて、ハッとしたんですね。目の前のこと、自分の実現したいことを深くやっている人も、応援したい存在です。自分自身のことや世の中のことを深く知れば、広くなる。自分のやろうとしていることを深めていくと、結果的に広くなる。

いま英治出版では「大きく」よりも「深く」がキーワードです。

たくさん本が売れるのは、いいことと言えば、いいことですが、How manyよりもHow deepが大事。たくさん売ること以上に、著者としっかり関係をつくれることが、会社として重要です。そして、社員が自分の成し遂げたいことを深く探求できる場所でありたいと思っています。

 

英治出版とはどういう会社か、というテーマでしたが、英治出版は日々刻々と変化しています。英治出版は「みんな」によって作られていて。未来の1秒、1円は、僕らが想像力を加えることができるんです。

より良い未来を作り出していく想像力を加えてくれる人と、一緒に仕事をしようと思っています。みんなの想像力で、みんなの行動力で、それぞれにとって仲間と作る現実が理想を超えるような社会に近づいていければと願っています。英治出版はそのための一つの実験室でありたいと思います。

以上が、英治出版の創業からの、社員や著者の方との関係性についての思いです。ぜひ皆さんの想像力や行動力をお借しいただいて、皆さんの理想を超える現実を生み出していけたら、と思っています。

ご静聴ありがとうございました。

英治出版を知っていただくための会社説明会を開催します(8/24、8/28)

当社ではこのたび新たな社員(プロデューサー/編集者)の募集を開始いたしました。

上記のWantedlyの募集記事をご覧になって、「ちょっと興味があるけど、どうしようかな」とか、「いきなり1人で会いに行くのはちょっと」とか、「どんな会社かもっと情報がほしいな」と思われている方のために、「会社説明会」を実施いたします!

英治出版とはどんな会社なのか、メンバーはどんな思いで仕事をしているのか、これからの展望や今回の採用に期待することなどについてお話しし、参加者の方からのご質問にお答えします。社長をはじめ様々な立場のメンバーと直接お話していただくことで、当社への興味や理解を深め、応募への参考にしていただけたらと思います。

【日時】
(1)8月24日(金)19:00~21:00
(2)8月28日(火)19:00~21:00
※どちらかのみご参加ください。両方へのお申し込みはご遠慮くださいますようお願いします。
※どちらの回にも社長および社員5~7人が参加します。

【会場】英治出版株式会社 EIJI PRESS Lab(東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル5F)
【参加費】無料
【定員】各回24人(定員になり次第締め切ります)

【内容(仮)】
・英治出版ってどんな会社?(代表取締役・原田英治)
・英治出版の過去・現在・未来
・「プロデューサー」は何をする存在なのか
・正直に答えます! ワールドカフェ的Q&A

【お申し込みは以下フォームからお願いします】
(1)8月24日(金)19:00~21:00 http://bit.ly/2OYfxiz
(2)8月28日(火)19:00~21:00 http://bit.ly/2M57lzg
※参加日をお間違えのないようご注意ください。

「フェロー制度」創設。 第一号に前DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー 編集長の岩佐文夫氏をお迎えします。

英治出版株式会社(東京都渋谷区、代表取締役・原田英治)は、「フェロー制度」を創設することを決定しましたので、お知らせいたします。

フェロー制度とは、類まれな知見や能力を持つ人材とのパートナーシップ、コラボレーションを促進することにより、当社の既存事業の枠を超えた社会的インパクトを創出するための制度です。

2018年1月1日より、英治出版フェロー第一号として、前DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集長の岩佐文夫氏をお迎えいたします。ご自身の活動を継続されながら、岩佐氏には当社の新規事業開発などに取り組んでいただく予定です。

岩佐文夫(IWASA, Fumio):1964年大阪府出身。1986年自由学園最高学部卒業後、財団法人日本生産性本部入職(出版部勤務)。2000年ダイヤモンド社入社。2012年4月から2017年3月までDIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー編集長を務めた。現在はフリーランスの立場で、人を幸せにする経済社会、地方活性化、働き方の未来などの分野に取り組んでいる。

●本件に関するお問い合わせ先
英治出版株式会社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル4F
TEL:03-5773-0193 担当:山下(yamashita[at]eijipress.co.jp)

カフェも、車も、広告も・・・あらゆる分野で「サブスクリプション」増加中

「月額〇円」「定額料金」で何かを買ったり利用したりしたことがある人は多いはず。この「サブスクリプション」型のビジネスが今、さまざまな分野で広がっています。以下、いくつか最近のニュースをご紹介しましょう。

毎月定額を払うことで、音楽や動画などを好きなだけ楽しめるサブスクリプション型のサービスが増えている。エンターテインメントにとどまらず、洋服やバッグ、アクセサリーなどをレンタルできるサービスも登場。そして今、注目されているのがサブスク型のコーヒーショップだ。
月額定額のカフェ2店 コーヒー業界に第4の波なるか:NIKKEI STYLE(2017/11/28)

米ツイッターは6日、広告主の手間を省ける月額9900円の広告サービスを日本で始めると発表した。
ツイッター、月額固定の広告サービス 手間省き顧客獲得へ:日本経済新聞(2017/12/6)

「単にタイヤを販売するのではなく、サブスクリプション(加入)型でユーザーの走り方に合った製品やメンテナンスサービスを提供するモデルに変えていこうとしています」――ブリヂストンCDO 三枝 幸夫氏
タイヤの枠を超えて新事業つくる ブリヂストンCDO:日本経済新聞(2017/12/7)

10月には自動車メーカーVolvo(ボルボ)が、月10万円以下の定額料金で新車を利用できるプラン「Care by Volvo」を発表し、大きな話題になりました。月額プランを始めたラーメン屋さんもあるとのこと。まさにあらゆる業界で「サブスクリプション」が広がっているのです。

でも、なんでもかんでもサブスクリプションにすればうまくいく・・・わけではないでしょう。サブスクリプションで成功するには「利用し続けてもらう」「くり返し払ってもらう」ことが不可欠。11月16日に行われた「SUBSCRIBED TOKYO 2017」では「長期にわたるリレーションシップ」の重要性が語られたそうです。

サブスクリプションモデル成功の鍵は、新たな顧客像「サブスクライバー」の利用体験の向上。:Biz/Zine(2017/12/5)

成功のカギは、顧客との長期的な信頼関係をつくること。そう考えると、新しいビジネスモデルでありながら、サブスクリプションは、古くから変わらない「商いの本質」に根差したもののようにも思えてきます。一方で、選択肢のあふれる今日、顧客はその気になれば簡単に他のサービスに乗り換えることが可能です。長く「選び続けてもらう」には、さまざまな工夫が求められるでしょう。

英治出版が11月に出版した『サブスクリプション・マーケティング――モノが売れない時代の顧客との関わり方』は、そんなサブスクリプション・ビジネスの潮流と実践の指針を米国のIT系ライター、アン・ジャンザーさんがわかりやすく解説した入門書。顧客との長期にわたる関係をどう築くかを、「価値の育成」というコンセプトを軸に、多くの事例を紹介しながら語っています。

12月1日にはアマゾンで「マーケティング・セールス一般」「IT」など4つのカテゴリーで第1位に! 青山ブックセンター本店、紀伊國屋書店本町店などでもビジネス書ランキング入りしました(上の写真は紀伊國屋書店本町店)。

サブスクリプションビジネスの入門書・教科書として最適、と評価いただいている一冊。新たなビジネストレンドを理解したい方、サブスクリプションビジネスに挑戦したい方、ぜひご一読ください。

1/17発売の新刊『ひとりの力を信じよう』著者 立花貴さんが、関西の書店を訪問されました!

先日発売されたばかりの新刊、『ひとりの力を信じよう』――「今あるもの」で人と地域の未来をつくる――の著者 立花貴さんと私、英治出版の田中が、関西の書店さんにお邪魔してまいりました!

頭ではなく、心で感じるものにしたがって動く――。

東日本大震災の発災後、考えることをやめて震災地へ入り、今では地域活性化の取り組みの最先端を走り続けている立花さん。そんな立花さんのもとには、自分たちの地域や学校、団体でもその学びを得ようと、連日訪ねてくる人が後を絶たないとのこと。

「目の前のひとりから」動かし続けてこられた立花さん。新しい地域づくりとゼロからの変化の起こし方のヒントが、本書にはたっぷりと詰まっています。

そんな立花さんの熱いメッセージをお届けに、まわった店舗は、大阪梅田・神戸三宮の6店舗の書店さん。順にご紹介していきましょう。

 

ジュンク堂書店 大阪本店さん

tachibanasan-2

tachibanasan-3

2階と3階の新刊話題書棚と地域政策の棚の、3か所で展開くださっています。

対応くださったのは、社会担当の仲川さん。仲川さんは、「阪神・淡路大震災を経験した私にとって今日という日は毎年、少し心に重いものを感じてしまう日だったのですが、そういう日に立花さんにお会いでき、今年は明るい気分で迎えられました。ご縁を感じますし、本当にとても嬉しいです!応援しています!」と大変感激されていました。立花さんもとても嬉しそうでいらっしゃいました。本が繋ぐ縁というものは本当に素晴らしいですね。

 

MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店さん

tachibanasan-4

MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店さんでは、新刊話題書と地方自治の棚に展開くださっています。ご対応くださったのは社会担当の藤井副店長。通勤の電車の中で本書を読んでくださっていた藤井さん。「背中を押されるような一冊ですね!」と太鼓判を押してくださいました。ありがとうございます!

 

紀伊國屋書店 梅田本店さん

tachibanasan-5

tachibanasan-6

紀伊國屋書店 梅田本店さんでは、起業の棚と地方自治の棚に展開くださっています。ご対応くださったのは、社会担当の吉元さん。「梅田本店では、地方自治の棚は決して大きくはないのですが、しっかり動く棚でもあります。届けたい読者にお届けできると思います!」とのこと。立花さんも、まさにこの本を置いていただきたい棚ですね、とお墨付きをいただきました。

 

梅田 蔦屋書店さん

tachibanasan-7

tachibanasan-8

梅田蔦屋書店では、起業の棚で展開いただいています。ご案内くださったのは、ワークスタイルコンセルジュ竹岡さん。竹岡さんには、イベントできるラウンジもご案内くださり、また関西でも立花さんのお話を伺える機会をつくりたいな、と密かに考えています。

 

ジュンク堂書店 三宮店さん

tachibanasan-9

tachibanasan-10

ジュンク堂書店三宮店さんでは、2階と5階の新刊話題書棚とNPO関連の棚の3か所で展開くださっています。ご対応くださったのは社会担当の松崎さん。ちょうど、「震災22年継承 震災の消えた傷跡と神戸の壁遺構達 写真展」を5階のギャラリーで展開されていました。「22年経った今でもこうした形で伝えていくことは大事ですね」と、立花さんもしみじみとお話しされていました。

 

ジュンク堂書店 三宮駅前店さん

tachibanasan-11

ジュンク堂書店三宮駅前店さんでは、地域政策の棚で展開くださいっています。

ご対応くださった社会担当の伊勢さんは、本書の新刊案内をしていた際に、「ぜひご本人にお会いしてみたいです!」とお話しされていました。立花さんの関西書店訪問が決まった際には一番にお知らせさせていただきました。一歩が踏み出せなくてもやもやしている時に、どうすればいいのかなど、立花さんの経験談などを踏まえ、たくさんお話を伺うことができました。

 

各書店のそれぞれの担当者さんから、立花さんを応援くださる思いがひしひし伝わるような、とても良い時間でした。

また、本書の発売日は、22年前、奇しくも阪神・淡路大震災がおこった1月17日。

関西でもこの大きな震災を体験し、だからこそ余計に、胸に響く強いメッセージとして受け取ることができるのではないでしょうか。

 

立花さんには、書店に来ていただいた読者のみなさんへ、こんなメッセージをいただきました。

本当はやりたいことに
一歩踏み出せない・・・
このさきやっていいのか・・・
と感じている貴方!
ぜひ手に取ってみて下さい!
私が感じた人の熱量が伝わり、
きっと貴方の中で
何かが動き始めます!!

2017年1月吉日
立花 貴

tachibanasan-12

「この本が、少しでもみなさんの背中を押すきっかけになれば嬉しいです。」

決して強引ではなく、暖かく優しい雰囲気をお持ちの立花さん。奥に秘めた立花さんのパワーが、この本を通じて、じんじん伝わってくるようです。

ぜひ、書店店頭で立花さんのメッセージをご覧ください!!

お忙しい中対応していただいた各書店のご担当者様、立花さん、ありがとうございました。

tachibanasan-13