Reika のすべての投稿

『UXの時代』著者 松島聡さん選書【「UXからはじめるビジネス」フェア】開催中

日経ビジネスや週刊ダイヤモンドや宣伝会議で紹介され、「前提知識がなくてもIoTや人工知能がもたらす変化がよくわかる!」と好評の書籍、『UXの時代 ―IoTとシェアリングは、産業をどう変えるのか』を中心としたブックフェア【「UXからはじめるビジネス」フェア】が、三省堂書店 有楽町店様で開催中です。

ブックフェアの選書をしていただいたのは、『UXの時代』著者で、物流改革からロボット研究、ヘルスケアイノベーション、シェアリングビジネスまで手掛けるシーオス株式会社 代表取締役の松島聡さん。

選んでいただいた書籍は、ずばり、松島さんの人生観、経営哲学に大きな影響を与えた30冊。UXというテーマのもと、経営戦略から人材管理、論理思考から脳科学まで、多彩な本がラインナップされています。

松島氏さんは、UX(ユーザー・エクスペリエンス)を、モノやサービスを通じてユーザーが体験する、驚きや感動、喜びのこと。「ユーザーのWow!」と定義しています。

そして、人工知能やフィンテックといったテクノロジーは、すべて「ユーザーのWow!」を実現するための手段に過ぎないと明確に述べています。つまり、これからのビジネスにおいて最も重要なのは、独自の「UX」を構想し、実現することなのです。今回のブックフェアでは、そうしたUX(ユーザー・エクスペリエンス)を深く理解でき、そして新しい行動のきっかけとなるような書籍がセレクトされています。

本フェアに向けて、松島さんから次のメッセージをいただきました。

これまでいろんな本を読んできましたが、振り返ってみると、自分の人生に価値をもたらしてくれた本というのは、決まって、自分の考えに大混乱をもたらすものです。言うなれば、自分の価値観をひっくり返されるような読書体験。『UXの時代』という本は、そういうひっくり返される読書体験の連続から生まれたもの、とも言えます。

30冊のうち、どれか1冊でも、あなたの価値観を根っこからひっくり返す1冊になってくれたら、と願っています。そしてその読者体験が「UXからはじめるビジネス」へとつながっていってくれたら、こんなにうれしいことはありません。


松島さんから読者のみなさんへのメッセージパネル

 

店頭でぜひじっくりとご覧いただければと思います。30冊、1つひとつの書籍に、松島さんの推薦コメントPOPもついています。こちらも必見です!

これからのビジネスの潮流を学ぶ、新しいビジネスを構想するきっかけとなる、そうした機会になれば幸いです。 ぜひ皆さま、店頭に足をお運びください!!

本フェアは30タイトル、3カテゴリーで選書いたしております。

1. UXを活かし実際にビジネスモデルとしている企業の実例などが記載された書籍

2.  UXを最大化するために、今後必須のテクノロジーや潮流を解説した書籍

3. UXを最大化できる「組織づくり」に関する書籍

なお、本フェアは今後、全国の書店、大学生協様などでも実施予定です。フェア開催が決まりましたら、弊社SNS等でお知らせいたします。どうぞお楽しみに!

4/19(水)に「PASS THE BOOK」を開催します。 ゲストはNPO法人マラリア・ノーモア・ジャパン 水野達男さん。

4/19(水)に開催するPASS THE BOOKに、『人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。』著者で、NPO法人マラリア・ノーモア・ジャパンの水野達男さんをゲストに迎えます。


PASS THE BOOK は、各界でご活躍の方をゲストにお招きし、さまざまなテーマでお持ちの本の中から「受け渡したい1冊」を用意してもらい、参加者のひとりに「贈る(=Pass)」イベントです。ゲストにその本を選んだ背景や本への想いなどを語ってもらいながら、参加者の皆さんと対話を通じて交流を深めていただきます。その後、参加者は対話を通じて得た気づきや学びをメッセージカードに記入し、そのなかのおひとりに本を贈呈します。

1冊の本をとおして、ゲストと参加者がお互いを深く知り、それぞれにとっての気づきや学びを得る。そんな場になればと思っています。

今回のテーマは、「海外でのビジネスにおいて、背中を押してくれた1冊」。水野さんがどの本を用意していただくかは、イベント当日まで秘密です。イベントの詳細・申込は下記リンクにお進みください。


 

今回のブログは、ひとりの読者として、英治出版の山見が水野さんの著書で印象に残ったところや、PASS THE BOOKで伺ってみたいことを書きました。

 

水野達男さんについて

▲水野さん著書
『人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。』

米外資系企業勤務を経て、住友化学株式会社に入社された水野さん。2007年より、アフリカのタンザニアでマラリア予防蚊帳「オリセットネット」(住友化学の技術者が開発した、アフリカの環境でも長く効果が継続する防虫蚊帳)を製造・販売するジョイントベンチャーの日本側リーダーとして事業を軌道に乗せたあと、2012年にNPOに転身されました。

マラリア予防の蚊帳事業は、ビジネスの手法で途上国の貧困層の問題解決を目指す「BOPビジネス」の先駆事例として注目されましたが、その裏には、数々の苦労と失敗がありました。その経験が水野さんの人生観を変え、「マラリアで苦しむ人を1人でも減らす」という想いから、現在の活動をされています。

 

52歳のある日、アフリカが目の前に振ってきた…!そして、いつしかアフリカが大好きに。

実は、水野さんがアフリカと関わりはじめたのは、52歳のとき。予想もしていない、本当に突然のことでした。それ以降も、苦労や失敗がたくさんあったのに、「僕はアフリカやアフリカの人たちが大好きになっていった」と水野さんは言います。ある日突然、アフリカが目の前に振ってきてから、水野さんがアフリカにどっぷりはまっていく変遷が語られているのですが、何事もポジティブにとらえようとする姿には、水野さんがお持ちの哲学が表れているなと感じます。

“直感や流れに身を任せてもいいこと、
時には心地よい場所から出ること。”

“自分が大事にしている価値観に従うこと。”

“人生は選択の連続だ。自分の意志と責任で選び、
結果も引き受ける。それが成長につながる。”

私はこれらの言葉に大変共感したのですが、流れに身を任せ、時に心地よい場所から出ることは、勇気や不安が伴う場合もあるのかなと思いました。その場合、どうやって勇気や不安と向き合われたのか伺いたいと思いました。

 

携帯電話は持っているが、移動は徒歩、水汲みにはロバを連れるマサイ族。日本や欧米とは発展のプロセスやスピード感がかなり異なるアフリカ。

水野さんの経験から、興味が湧いてくるのが「アフリカ」という地域についてです。水野さんがはじめてアフリカと関わるようになった2007年、マサイ族の人は携帯電話を使っているにもかかわらず、移動は徒歩、水汲みに行く際はロバを連れていたそう。それが2013年頃になると、移動はバイク、水道はまだ通っていないので、水汲みはポリタンクを利用するという様子。日本や欧米とは発展のプロセスやスピード感がかなり違うことがわかります。

他にも、タンザニア工場の従業員が給料日の翌日から出勤しなくなったというエピソードがあるのですが、彼らには「働くモード」と「お金を使うモード」があるそうです。アフリカって実際どんなところなんだろう、どんな人たちがいるんだろう、そう思わずにはいられなくなりました。

 

生粋のマーケター、現地のスーパーマーケットに挑戦。

事業がはじまってからのしばらくは、国際機関からの資金を元に現地の保健省やNGOなどがオリセットネットを購入し、無償配布するか安価で提供するケースがほとんどだったそうです。そこで、マーケターとしてのキャリアを長く積まれてきた水野さんが挑戦したのが、現地の人のお財布から直接、オリセットネットを買ってもらうこと。ケニアのスーパーマーケットにオリセットネットを並べて行われたこのチャレンジは、なんと1年後には、現地でのトップシェア20%達成したというので、驚きです。どのようなステップでこの結果を得られたのか、工夫した点などを伺いたいと思いました。

 

「折り鶴」で品質管理を改善!

折り鶴と品質管理。一見、両者がどう関係しているのか、不思議に思う方もいらっしゃるかもしれません。水野さんは、日本人とタンザニアの工場で働く人たちが持つ「品質」の考え方があきらかに異なっていたことがわかったとき、折り鶴を用いて、各工程の責任者に対し、品質管理の研修を行いました。紙の端と端をきれいにそろえてから折る。その積み重ねで、ようやく美しい折り鶴が完成する。品質管理も同じことだよ、と。日本人にとって、馴染みのある折り鶴ですが、現地工場で働く従業員にとっては、驚くべき発見だったそうです。

品質管理の大切さへの理解を深めてもらうために、折り鶴を活用されたのは、名案だ…!と思いました。他にも、現地の方と協働するうえで活用されたアイデアなどがあれば、ぜひお聞きしたいと思いました。

 

水野さんをお招きしてのPASS THE BOOKは、4月19日(水)19:00開催です。「アフリカ」や「ビジネス」「キャリア」など、さまざまなトピックで水野さんとお話ができる機会ですので、ぜひいらしてください。

 

 

▼『人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。』の内容に関連する書籍

『アフリカ 希望の大陸』

『BoPビジネス3.0』

『未来をつくる資本主義[増補改訂版]』
(住友化学の専務も推薦!)

『世界とつながるビジネス』

『日本人が海外で最高の仕事をする方法』

『異文化理解力』

※イベントにご参加の方は、英治出版の本が割引価格でご購入いただけます。

今年もロンドン・ブックフェアに参加。出版社が運営する書店、London Review Bookshopも訪問しました。

3月14日(火)~16日(木)にロンドン・ブックフェアが開催されました。海外の出版社とミーティングをおこなうため、英治出版は毎年参加しています。今回は、プロデューサーの安村と平野、コーポレート・コミュニケーションの山見の3名で参加し、海外で出版されるさまざまな本を紹介してもらいました。特に今回は、経済格差に関する書籍の紹介が多かったです。

↑ブックフェア会場。ブースがたくさんあります。

↑ブックフェア会場の入口付近。

各社とのミーティングでは、日本で出版した本の状況などをお伝えすることもあります。たとえば、先日発売した『なぜ僕たちは金融街の人びとを嫌うのか?』の原書(Swimming with Sharks)を出版しているAndrew Nurnberg Associates社とのミーティングでは、著者・ヨリスさんが来日されたときの様子をお話しました。特に、日本の複数のメディアがヨリスさんをインタビューしたことが嬉しかったようで、とても興奮されていました。原書の出版社の方と、こうして細やかなコミュニケーションをすることで、著者の応援が加速するような気がしました。

なお、ヨリスさんのインタビュー記事はこれから随時、公開される予定です。現在は、東洋経済オンラインの記事や『3月のライオン』監督・大友啓史さんとの対談記事がcakesでご覧いただけます。

 

ロンドン滞在中はブックフェア以外に、『夢とスランプを乗りこなせ』著者でイラストレーターのベン・タロンさんにお会いし、彼のスタジオや思い出の地を案内してもらいました。

↑駅で待ち合わせをしたときのベンさん。あたたかく迎えてくれました。

 

また、事前に調べて気になっていた書店「London Review Bookshop」を訪問しました。

London Review Bookshopは、大英博物館のすぐそばにあります。London Review of Booksという雑誌を発行している出版社(出版社名もLondon Review of Books)が、書店「London Review Bookshop」とカフェ「London Review Cakeshop」を運営しています。英治出版も出版事業を中心におこなっているので、新しい事業まではいかずとも、新しい取り組みなどのヒントがありそうだと思い、訪問することにしました。

彼らが毎月2回発行している雑誌がこちらです。

雑誌名からは、ロンドン在住著者の本の書評が掲載されているのかな? と想像できますが、実際の内容は、世界情勢に関すること(特にヨーロッパ各国に関する政治について)や、各国の歴史など、ロンドンに限らないさまざまな分野の記事が掲載されています。もちろん、イギリスやロンドンの歴史や文学、芸術に関する記事もあります。たとえば、最新号VOL.39 Number.7では、シリア情勢やウィンストン・チャーチル元首相に関する記事が書かれています。雑誌のアプリもあるので、日本に住んでいても記事を読むことができます(1部600円)。

店内を見ながら発見した、彼らのユニークな点は、雑誌の表紙をカレンダーやポストカード、アートに活用していることです。雑誌の表紙は、毎回異なるイラストレーターがデザインしているようです。

また、書店とカフェは18:30(日曜日は18:00)で営業を終了しますが、19:00からほぼ毎日、イベントが開催されます。私たちが訪問した日もイベントが開催予定でしたが、事前予約チケットが売り切れるほどの人気でした。その日のイベントは、Close to the Knives: A Memoir of Disintegrationという書籍の復刻版発売記念イベントの開催でした。イベントに参加できない場合も後日、ポッドキャストで内容を聴くことができるようです。ほかにも、Customer Eveningsという、お客さん感謝デーのようなイベントも開催しています。感謝デーでは、本が割引で買えたり、ワインや軽食を楽しめるそうです。

↑店内に掲示しているイベントのチラシ

 

今回の訪問をとおして、「自分たちがすでに持っているものを活かしながら、コミュニケーションを生みだす仕掛けづくり」を学びました。「コミュニケーションを深める仕掛け」も混ぜ合わせながら、今後英治出版でも活かしていきたいと思いました。

英治出版オリジナルブックフェアを開催中。フェア対象書籍をご購入いただいた方(先着10名)に、「しあわせを運ぶ てんとう虫チョコ」をプレゼント!

みなさんご存じのように、書店ではよくブックフェアが開催されます。店員さんが企画したフェア、作家や著名人が選書したフェア。見かけるとつい足をとめる人も多いのでは? そんなブックフェアの魅力のひとつは、思いがけない本との出会い、いわばセレンディピティ(幸運な偶然)が起こることかもしれません。

 

英治出版もしばしば書店のブックフェアに関わっています。ソーシャルデザイン関連書フェア、春のフレッシャーズ向けのフェア、国際ガールズ・デー(10月11日)にちなんだフェア。ただ、「書店以外」でのフェアはあまりしてきませんでした。英治出版にはイベントスペースEIJI PRESS Labがあり、壁一面の大きな本棚があるのに。

 

blogpicturefair
↑毎春、ブックファースト新宿店さんで開催している
フレッシャーズ向けブックフェア

 

そこで、毎月テーマを決めて、EIJI PRESS Labと英治出版オンラインストアで英治出版オリジナルブックフェアを開催することにしました。最近の新刊も過去に出版した本もごちゃまぜに選書。予想外の発見(セレンディピティ)があるかも?

 

2月といえば、バレンタインデー。筆者が毎年思い出すのは、小学生のころに手作りしたチョコレートのこと。担任の先生にあげるつもりでつくりました。プレゼントだから、きれいな包装紙に包んで渡す。そんな発想があってもよかったはず。ですが私は、アルミホイルに包んだチョコレートをプレゼントしてしまいました・・・。

 

余談はさておき、今月は『チョコレートの真実』を起点に、全部で6冊を選びました。

チョコレートの真実

フェアトレードのおかしな真実
――僕は本当に良いビジネスを探す旅に出た』

Because I am a Girl
――わたしは女の子だから』

ハーフ・ザ・スカイ
――彼女たちが世界の希望に変わるまで』

ブルー・セーター
――引き裂かれた世界をつなぐ起業家たちの物語』

世界で生きる力
――自分を本当にグローバル化する4つのステップ』

Labのフェア用本棚もできあがっています。
Labにお越しの際は、ぜひ覗いてみてください。

英治出版オンラインストアのページはこちらです。

 

 

また、このブログではフェア対象書籍を1冊ずつ紹介していきます。
今回は『チョコレートの真実』です。

 

『チョコレートの真実』

fair1702_2

甘いチョコレートの裏側に隠された、カカオをめぐる過酷な児童労働の苦い真実にせまるノンフィクション。

カカオ農園で働く子供たちは、チョコレートを知らない

世界最大のカカオ豆の輸出国、コートジボワール。密林奥深くの村を訪れたカナダ人ジャーナリストのキャロル・オフは、カカオ農園で働く子供たちに出会う。子供たちは自分たちが育てた豆から何が作られるのかを知らない。自分に課された過酷な労働が、先進国の人々が愛するお菓子であることも、チョコレートが何なのかさえも。

 

苦いチョコレートの歴史を紹介したブログ記事も、
ぜひご覧ください。
社内でもかなりの読書家であるスタッフが書きました。http://www.eijipress.co.jp/blog/2017/02/02/20534/

 

チョコレートの裏側に隠された児童労働のような、目には見えないことが他にもたくさんあると思います。野菜は、誰かが育て、収穫し、お店に運んでくれています。お肉も、他のいろんな商品も同じです。当たり前にそこに並んでいるように見えるモノの背景には、いろんな情報やストーリーがあることを思わされます。

 

見えない現実を覗くこと、
見えないけど想像し得るストーリーを描くこと。
ひとりひとりがはじめられる1歩かもしれません。

 

世界の子どもを児童労働から守る活動をしている、認定NPO法人ACE。彼らは「しあわせへのチョコレートプロジェクト」をおこなっています。チョコレートを食べる人と作る人、みんなが一緒にしあわせになれるように、児童労働のないチョコレートが当たり前に手に入る社会の実現を目指している活動です。プロジェクトで生まれた「しあわせを運ぶ てんとう虫チョコ」は、売上の一部がガーナのカカオ生産地の子どもたちを支援する寄付にもなるそう。てんとう虫チョコを購入してプレゼントする。ACE制作の映画『バレンタイン一揆』を観る。それぞれがしたい、できる方法で応援できるといいですよね。

 

 

また、英治出版オンラインストアで今月のフェア対象書籍をご購入いただいた方(先着10名)に、書籍と一緒にてんとう虫チョコをお送りします。この機会が見えない現実を覗く、見えないけど想像し得るストーリーを描くきっかけになれば嬉しいです。

 

次回は「フェアトレード」の内側を伝える本をご紹介します。

EIJI PRESSのPRESSについて(英治出版 代表・原田がブログを書きました。)

先日、京都造形芸術大学 副学長の本間正人さんにお会いし、英治出版のロゴやEIJI PRESSの「PRESS」というのがいい、とお褒めいただいた。

LOGO_305_215_B

正直なところ、創業時にPRESSとしたのは失敗だったかなと、ずっと思っていた。

ネットバブル期の頃の出版社と言えば、電子書籍への先見がなく、紙に固執しているように感じていた。英治出版では創業の1999年からオンラインでの立ち読みを提供していたので、なんとなく「出版社」の姿勢に違和感を感じていた。

そこで、2002年に初めて社員を雇うにあたり、自分たちにとっての「出版」を改めて定義してみようと考えた。そうして生まれたのが「パブリッシャー宣言」だった。「版を出す」と書く出版は、どこか印刷のイメージで、だからこそ(当時)出版社は紙に固執してしまうのではないか。自分たちの役割をより良く表す言葉として、英語のpublisherが浮かんだ。public、publicizeという単語が連想された。私たちの仕事は、紙の本を作り読者に売ることではなく、著者のメッセージを磨きパブリックにすることで著者の夢を応援することなのだと理解した。以来、著者を応援する出版社を心がけ、自分たちはパブリッシャーであると思ってきた。なので、EIJI PRESSには抵抗があった。

本間さんにPRESSが良い理由を尋ねた。

PRESSは、EXPRESS(表現する)であり、IMPRESS(印象を与える)であると。

著者は人生観が詰まったメッセージをEXPRESSし、読者は自分の人生観に著者のメッセージをぶつけIMPRESSする。その間に存在するのがEIJI PRESSなのだと。

そうか。そうだよ。

そう思うと、パブリックという実体が見えない表現より、著者から読者という個人から個人への関係を表すPRESSが断然気に入ってきた。

英治出版が大切にしている考え方に6 degrees of separationがある。この仮説に寄れば、6次の隔たりで全人類が間接的に繋がる。友達の友達は、みな友達の世界。6次の友達は想像が難しいが、直接知っている1次の友達を大切にしないひとが、友達の友達(2次)や、の友達(3次)を得ることはない。友達ネットワークの階層をどこまで深くできるかは、1次の関係の深さに比例するのだと思う。

英治出版をEIJI PRESSとして、よかった。

これからも、著者との1次の関係を大切にしていこう。それが結果的に、友達ネットワークを伝って、多くの読者をIMPRESSすると信じて。

We are EIJI PRESS.

本間正人さん、新しい気づきを頂きました。
ありがとうございました。