Reika のすべての投稿

英治出版オリジナルブックフェアを開催中。フェア対象書籍をご購入いただいた方(先着10名)に、「しあわせを運ぶ てんとう虫チョコ」をプレゼント!

みなさんご存じのように、書店ではよくブックフェアが開催されます。店員さんが企画したフェア、作家や著名人が選書したフェア。見かけるとつい足をとめる人も多いのでは? そんなブックフェアの魅力のひとつは、思いがけない本との出会い、いわばセレンディピティ(幸運な偶然)が起こることかもしれません。

 

英治出版もしばしば書店のブックフェアに関わっています。ソーシャルデザイン関連書フェア、春のフレッシャーズ向けのフェア、国際ガールズ・デー(10月11日)にちなんだフェア。ただ、「書店以外」でのフェアはあまりしてきませんでした。英治出版にはイベントスペースEIJI PRESS Labがあり、壁一面の大きな本棚があるのに。

 

blogpicturefair
↑毎春、ブックファースト新宿店さんで開催している
フレッシャーズ向けブックフェア

 

そこで、毎月テーマを決めて、EIJI PRESS Labと英治出版オンラインストアで英治出版オリジナルブックフェアを開催することにしました。最近の新刊も過去に出版した本もごちゃまぜに選書。予想外の発見(セレンディピティ)があるかも?

 

2月といえば、バレンタインデー。筆者が毎年思い出すのは、小学生のころに手作りしたチョコレートのこと。担任の先生にあげるつもりでつくりました。プレゼントだから、きれいな包装紙に包んで渡す。そんな発想があってもよかったはず。ですが私は、アルミホイルに包んだチョコレートをプレゼントしてしまいました・・・。

 

余談はさておき、今月は『チョコレートの真実』を起点に、全部で6冊を選びました。

チョコレートの真実

フェアトレードのおかしな真実
――僕は本当に良いビジネスを探す旅に出た』

Because I am a Girl
――わたしは女の子だから』

ハーフ・ザ・スカイ
――彼女たちが世界の希望に変わるまで』

ブルー・セーター
――引き裂かれた世界をつなぐ起業家たちの物語』

世界で生きる力
――自分を本当にグローバル化する4つのステップ』

Labのフェア用本棚もできあがっています。
Labにお越しの際は、ぜひ覗いてみてください。

英治出版オンラインストアのページはこちらです。

 

 

また、このブログではフェア対象書籍を1冊ずつ紹介していきます。
今回は『チョコレートの真実』です。

 

『チョコレートの真実』

fair1702_2

甘いチョコレートの裏側に隠された、カカオをめぐる過酷な児童労働の苦い真実にせまるノンフィクション。

カカオ農園で働く子供たちは、チョコレートを知らない

世界最大のカカオ豆の輸出国、コートジボワール。密林奥深くの村を訪れたカナダ人ジャーナリストのキャロル・オフは、カカオ農園で働く子供たちに出会う。子供たちは自分たちが育てた豆から何が作られるのかを知らない。自分に課された過酷な労働が、先進国の人々が愛するお菓子であることも、チョコレートが何なのかさえも。

 

苦いチョコレートの歴史を紹介したブログ記事も、
ぜひご覧ください。
社内でもかなりの読書家であるスタッフが書きました。http://www.eijipress.co.jp/blog/2017/02/02/20534/

 

チョコレートの裏側に隠された児童労働のような、目には見えないことが他にもたくさんあると思います。野菜は、誰かが育て、収穫し、お店に運んでくれています。お肉も、他のいろんな商品も同じです。当たり前にそこに並んでいるように見えるモノの背景には、いろんな情報やストーリーがあることを思わされます。

 

見えない現実を覗くこと、
見えないけど想像し得るストーリーを描くこと。
ひとりひとりがはじめられる1歩かもしれません。

 

世界の子どもを児童労働から守る活動をしている、認定NPO法人ACE。彼らは「しあわせへのチョコレートプロジェクト」をおこなっています。チョコレートを食べる人と作る人、みんなが一緒にしあわせになれるように、児童労働のないチョコレートが当たり前に手に入る社会の実現を目指している活動です。プロジェクトで生まれた「しあわせを運ぶ てんとう虫チョコ」は、売上の一部がガーナのカカオ生産地の子どもたちを支援する寄付にもなるそう。てんとう虫チョコを購入してプレゼントする。ACE制作の映画『バレンタイン一揆』を観る。それぞれがしたい、できる方法で応援できるといいですよね。

 

 

また、英治出版オンラインストアで今月のフェア対象書籍をご購入いただいた方(先着10名)に、書籍と一緒にてんとう虫チョコをお送りします。この機会が見えない現実を覗く、見えないけど想像し得るストーリーを描くきっかけになれば嬉しいです。

 

次回は「フェアトレード」の内側を伝える本をご紹介します。

EIJI PRESSのPRESSについて(英治出版 代表・原田がブログを書きました。)

先日、京都造形芸術大学 副学長の本間正人さんにお会いし、英治出版のロゴやEIJI PRESSの「PRESS」というのがいい、とお褒めいただいた。

LOGO_305_215_B

正直なところ、創業時にPRESSとしたのは失敗だったかなと、ずっと思っていた。

ネットバブル期の頃の出版社と言えば、電子書籍への先見がなく、紙に固執しているように感じていた。英治出版では創業の1999年からオンラインでの立ち読みを提供していたので、なんとなく「出版社」の姿勢に違和感を感じていた。

そこで、2002年に初めて社員を雇うにあたり、自分たちにとっての「出版」を改めて定義してみようと考えた。そうして生まれたのが「パブリッシャー宣言」だった。「版を出す」と書く出版は、どこか印刷のイメージで、だからこそ(当時)出版社は紙に固執してしまうのではないか。自分たちの役割をより良く表す言葉として、英語のpublisherが浮かんだ。public、publicizeという単語が連想された。私たちの仕事は、紙の本を作り読者に売ることではなく、著者のメッセージを磨きパブリックにすることで著者の夢を応援することなのだと理解した。以来、著者を応援する出版社を心がけ、自分たちはパブリッシャーであると思ってきた。なので、EIJI PRESSには抵抗があった。

本間さんにPRESSが良い理由を尋ねた。

PRESSは、EXPRESS(表現する)であり、IMPRESS(印象を与える)であると。

著者は人生観が詰まったメッセージをEXPRESSし、読者は自分の人生観に著者のメッセージをぶつけIMPRESSする。その間に存在するのがEIJI PRESSなのだと。

そうか。そうだよ。

そう思うと、パブリックという実体が見えない表現より、著者から読者という個人から個人への関係を表すPRESSが断然気に入ってきた。

英治出版が大切にしている考え方に6 degrees of separationがある。この仮説に寄れば、6次の隔たりで全人類が間接的に繋がる。友達の友達は、みな友達の世界。6次の友達は想像が難しいが、直接知っている1次の友達を大切にしないひとが、友達の友達(2次)や、の友達(3次)を得ることはない。友達ネットワークの階層をどこまで深くできるかは、1次の関係の深さに比例するのだと思う。

英治出版をEIJI PRESSとして、よかった。

これからも、著者との1次の関係を大切にしていこう。それが結果的に、友達ネットワークを伝って、多くの読者をIMPRESSすると信じて。

We are EIJI PRESS.

本間正人さん、新しい気づきを頂きました。
ありがとうございました。

『サーチ・インサイド・ユアセルフ』監訳の荻野淳也さんに選書いただいた 「マインドフルネスフェア」 絶賛展開中です!!

5月に英治出版から刊行した『サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法』。このブログでは本書を中心としたブックフェア、【今、ここに集中する-「マインドフルネス」フェア】を展開中の書店さん、大学生協さんをご紹介いたします。

siy%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e7%94%a8%e8%a1%a8%e7%b4%99%e7%94%bb%e5%83%8f

 

今回のフェアを選書いただいたのは、本書の監訳を務めていただいた一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事の荻野淳也さん。なんと、荻野さんは日本で数少ない「サーチ・インサイド・ユアセルフ」の認定講師でもいらっしゃいます!

mfblog2-png

 

荻野さんには、マインドフルネスを理解するための書籍30タイトルをご選書いただきました。マインドフルネスに関する書籍はもちろん、合気道など武道の本、ヨガの本、食事の本、また脳科学の分野の本など、多岐にわたった幅のある書籍を揃えていただき、ひと味もふた味も違う、ユニークで興味深いフェアとなっています。マインドフルネスに関して精通なさっていらっしゃる荻野さんならではの選書ですね!!

また今回、荻野さんにはフェア開催に向けて、読者の皆さんへのメッセージもいただきました!

mfblog3-png

マインドフルネスにより向上する集中力や記憶力、感情のマネジメントなどのスキルは、人間のOS(基本ソフト)に当たるもので、企業の人材のみならず、子供、学生にとっても継続的に高める必須スキルとして認知されつつあります。いち早くマインドフルネスを取り入れたライフスタイルで自分の理想とする人生を手に入れてください。(一部抜粋)

 

ぜひ、店頭でじっくりご覧いただければ、と思います!!

そして、それぞれの本に付けているPOPコメントにも注目。「この本、マインドフルネスについて語っていたんだー!」と驚いてしまうコメントもありますよ。

 

こちらは、紀伊國屋書店グランフロント大阪店さん。ビジネス入口の大きな展開が目に飛び込んできます。こちらでは、動画も使って展開中。好調に動いているとのことです。

mfblog4-png mfblog5-png

 

そして、こちらは関西学院大学生協フォーラム店さん。関西学院大学では、心理学科で『マインドフルネスストレス逓減法』が教科書となっているようで、心理学科の皆さんにもぜひ注目していただけたら嬉しいです。

mfblog6-png

 

先月から引き続き展開してくださっているのは、ジュンク堂書店梅田ヒルトンプラザ店さん。ティク・ナット・ハン*さんの書籍などが良く動いている、とのことです。

*ティク・ナット・ハン=ダライ・ラマ14世と並んで、20世紀から平和活動に従事する代表的な仏教者。アメリカとフランスを中心に、仏教及びマインドフルネスの普及活動を行なっている。

mfblog7-png

 

今後も、どんどん展開を拡大していく予定ですので、お近くの書店さんで開催の折には、ぜひ足を止めてご覧いただければ、と思います!!

また、先日『サーチ・インサイド・ユアセルフ』著者チャディー・メン・タンの新著、『たった一呼吸から幸せになるマインドフルネス JOY ON DEMAND(NHK出版)』も発売されています。こちらもぜひ、ご覧ください。

mfblog8-png

11/22発売の新刊『夢とスランプを乗りこなせ』、関西・スタンダードブックストア心斎橋さんにて先行販売スタート!!

包み隠さず語った夢とスランプの日々を、悩めるクリエイターの毎日に寄り添うように執筆された『夢とスランプを乗りこなせ――ぼくがクリエイターとして生きていく方法』の著者ベン・タロン氏がロンドンより来日します!!

そして、刊行記念のトーク&ライブペインティングを11/20(日)、 スタンダードブックストア心斎橋で開催します。またそれに先駆けて、先行販売がスタートしました!

お店の入り口には、イベントのポスターもしっかり掲示されています。店内でも、デザインコーナーや、イベント告知コーナーなど各所に本書が展開中。

 

%e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b02

%e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b05

%e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b04

%e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b03

 

表紙のイラストは、日本語版のために著者が描きおろし!! オレンジとグリーンのカラーとベンさんのイラストがとても目を引きます。

 

%e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b06 %e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b07

ベンさんは現在、世界的な有名クライアントの仕事を手掛けられるかたわら、自身の苦労した経験から、悩めるクリエイターやフリーランサー、専門学校向けのセミナーやpodcast、自殺防止に取り組む慈善活動にも力を入れられています。

 

今回のイベントは「フリーランスのクリエイターのための予算ゼロのセルフプロデュース術」と題し、自身の成功・失敗体験をもとに、クライアントに見つけてもらえる、選ばれるイラストレーターになるためのセルフプロデュース術を伝授。ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館で開催されたThe London Design Festivalでも大好評だったセミナーの日本初上陸版です!

 

■ 自分の個性を活かした、独自の作風を確立するには?
■ ウェブに載せるポートフォリオの工夫の仕方は?
■ SNSの効果的な活用方法は?
■ キャリアのない無名時代には、どう営業すればいい?

 

クリエイターの方はもちろん、クリエイターを目指す学生の皆さんにも役立つ情報が満載です! また後半には、ベンさんと一緒にライブペイントを体感するプログラムも。ベンさんと一緒に作品をつくりあげられる、またとない機会です!!

 

関西にお住いの皆さま、ぜひご参加お待ちしております。参加のご予約はこちらよりお願いいたします。

 

%e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b08

『機会発見』刊行記念イベントを開催しました。トークテーマは、「いまよりいいもの、ではなく、『いままでにないもの』をどうつくるか?」

先月発売した『機会発見――生活者起点で市場をつくる』。従来の延長のものではなく、これまでにない新しい価値がある商品やサービスのつくりかたを体系化した内容が書かれています。

 

本書の刊行を記念して、10月4日(火)にブックファースト新宿店さんでトークイベントをおこないました。登壇者は、『機会発見』の著者で、国内外のマーケティング戦略立案やイノベーションプロジェクトをリードする岩嵜博論さん(博報堂ブランド・イノベーションデザイン局)。これまで1000社近くの事業組織を取材・研究し、その内容をまとめた『新しい市場のつくりかた』(東洋経済新報社)著者で専修大学准教授、三宅秀道さんのおふたりです。

 

dsc_00102

dsc_00012

 

イベントがはじまってすぐに、三宅さんが「この本が出ると知ったときには、嫉妬を感じましたよ~~!」と、いきなりのぶっちゃけトーク。笑 このブログでは、おふたりのトーク内容をかいつまんでご紹介したいと思います。

 

  • 「いままでにないもの」をつくるためのマインド

わたしたちは大人になるにつれて、固定的なものの見方・考え方を身に付けていくようになります。たとえば、イスらしき物を見たとき、それはイスだからこう座るとか。だけど、はじめてイスに出合ったときは、それをどう使うか知りませんよね。いろんな人から教えてもらったり、自分で周りの人を見て学んでいくうちに、「イスはこういう風に使うものだ」と見方が固定化していく。

 

この点についておふたりは、わたしたちの固定化したマインドが「いままでにないものをつくる」ことの弊害になっているとお話されていました。

 

dsc_00142

 

さきほどのイスの場合でいえば、本質的にはイスの使い方に正解はないので、変な使い方をしちゃっても、それはOKなはずなのです。なので、変なことをしちゃう自分やほかの人を受け入れることができるマインドを持つのがポイントであると。

 

これまでは、キャッチアップする目標が明確にあって、これをやったら次はこう、その次はこうと積み上げ方式で、真面目にものごとを進めていけば上手くいった。でも、「いままでにはない新しいもの」をつくるには、ある種の「不真面目さ」が必要だと。

 

「これって実はこうなんじゃないか?」と常識を疑ってみたり、「本当に大切なことは何なのだろう?」と激務の中でふと立ち止まってみたり…。これまでになかった新しい価値を生み出すのに向いているのは、そういうちょっと「不真面目」な人なのかもしれません。不真面目なみなさん、存分に不真面目さを発揮するときですよ。笑

 

  • 日本に根付く観念「定性情報より定量情報」

次のトピックは、定性情報(発言、写真、映像などの数値化が困難な質的情報)と定量情報(人口や売上データなど、数値化できる量的情報)です。三宅さんのお話によると、かつての日本には定性的な情報を扱う人がたくさんいて、一方で定量情報を扱える人は貴重だったため、後者を量産してきたという歴史があり、いつのまにか「定性情報より定量情報」という観念が広まっていったようです。わたしたちが自然と、数字の情報を信じ込んでしまうのも、なんとなく納得できます。

 

%e6%a9%9f%e4%bc%9a%e7%99%ba%e8%a6%8b1

 

ただ、おふたりが口をそろえておっしゃるのが、「どっちが良い悪いじゃない」ということです。なにかを考えるときの入り口は定性情報であった方がいいと思うけど、それ以降は定量情報も使うといいよねと。大切なのは、いつ、何を使うかを意識統一することだそうです。

 

岩嵜さんは、「定性情報を扱っているのに分析的に考えてしまう」「定量情報を扱っているのに拡散思考に走ってしまう」といった、情報の誤った取り扱いが、多くの企業の現場で起きていると言います。定量情報と定性情報、まさに「混ぜるな危険」なのです。

 

岩嵜さんと三宅さんのお話をお聞きして、いつもと違うイスの使い方を妄想しはじめると…そもそもなんでこの形が主流になったんだろう? こういう形のイスがあってもよくない? などいろんな疑問や考えが浮かび上がってきます。そんな風にして、ひとつひとつのことを気にし始めるときりがないのですが、かなり楽しく遊べます。笑 いろんなことがおもしろく見えきて、いろいろなアイデアが浮かんでくるのです。ぜひみなさんも時間のあるときにトライしてみてください!

 

今回のイベントに参加していただいた皆さん、そしてご登壇いただいた岩嵜さん、三宅さん、会場をご提供いただいたブックファースト新宿店さん、ありがとうございました。

 

%e6%a9%9f%e4%bc%9a%e7%99%ba%e8%a6%8b2

 

%e3%83%a2%e3%83%8b%e3%82%bf%e3%83%bc%e5%8b%9f%e9%9b%86%e3%80%8e%e6%a9%9f%e4%bc%9a%e7%99%ba%e8%a6%8b%e3%80%8f