sam のすべての投稿

2018/3/8 話題沸騰の新刊『ティール組織』出版記念セミナー開催! #ティール組織

新しい時代の組織モデルを紹介する本『ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現』が、ついに発売開始! 各地で話題を呼び、大きく注目され始めています。

豊富な事例が詰まった本書は、600ページ近くにわたる大著。今回、広大なティールの世界の一端にふれるきっかけとして、日本における第一人者を交えたトークイベントを実施します。

「ティール」とは何か。
なぜ組織モデルを変革する必要があるのか。
日本企業にとってどんな示唆があるのか。
組織開発ファシリテーター、イノベーションコンサルタント、経営学者……
最先端の知を探求する三人が語り尽くすイベント、奮って参加ください!

 

【イベント概要】
■日時:2018年3月8日(木)19:00~21:00(18:30受付開始)
■会場:SmartNewsイベントスペース
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-25-16 神宮前第23ビル 2F
http://about.smartnews.com/ja/about/

■最寄駅:東京メトロ 明治神宮前駅から徒歩5分、JR原宿駅から徒歩10分、JR渋谷駅から徒歩10分
■参加費:2000円(税込み)
■主催:英治出版
■協力:スマートニュース株式会社

【ゲスト】

嘉村賢州(かむら・けんしゅう)
場づくりの専門集団NPO法人場とつながりラボhome’s vi代表理事
コクリ! プロジェクト ディレクター(研究・実証実験)。京都市未来まちづくり100人委員会 元運営事務局長。集団から大規模組織にいたるまで、人が集うときに生まれる対立・しがらみを化学反応に変えるための知恵を研究・実践。研究領域は紛争解決の技術、心理学、脳科学、先住民の教えなど多岐にわたり、国内外問わず研究を続けている。実践現場は、まちづくりや教育などの非営利分野や、営利組織における組織開発やイノベーション支援など、分野を問わず展開し、ファシリテーターとして年に100回以上のワークショップを行っている。2015年に1年間、仕事を休み世界を旅する。その中で新しい組織論の概念「ティール組織」と出会い、日本で組織や社会の進化をテーマに実践型の学びのコミュニティ「オグラボ(ORG LAB)」を設立、現在に至る。

 

「佐宗邦威」の画像検索結果

佐宗邦威(さそう・くにたけ)
株式会社ビオトープCEO
東京大学法学部卒。イリノイ工科大学デザイン学科(Master of Design Methods)修士課程修了。P&Gにて、ファブリーズ、レノアなどのヒット商品のマーケティングを手がけた後、ジレットのブランドマネージャーを務めた。ヒューマンバリュー社を経て、ソニー(株)クリエイティブセンター全社の新規事業創出プログラム(Sony Seed Acceleration Program)の立ち上げなどに携わった後、独立。B to C消費財のブランドデザインや、ハイテクR&Dのコンセプトデザインやサービスデザインプロジェクトを得意としている。『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』(クロスメディア・パブリッシング)著者。京都造形芸術大学創造学習センター客員教授。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入山章栄(いりやま・あきえ)
早稲田大学ビジネススクール准教授
1996年慶應義塾大学経済学部卒業。98年同大学大学院経済学研究科修士課程修了。三菱総合研究所で主に自動車メーカーや国内外政府機関へのコンサルティング業務に従事した後、2003年に同社を退社し、米ピッツバーグ大学経営大学院博士課程に進学。2008年に同大学院より博士号(Ph.D.)を取得。同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクールのアシスタント・プロフェッサー(助教授)に就任。2013年から現職。専門は経営戦略論および国際経営論。
2012年に出版された著書『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(英治出版) はベストセラーとなり、現在は『ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビュー』誌上にて長期連載「世界標準の経営理論」を掲載するなど、各種メディアでも積極的に活動している。

「システム思考」や「やり抜く力(GRIT)」を育む「ワールドピースゲーム」の魅力とは。

こんにちは、プロデューサーの下田です。

世界の課題解決型シミュレーションゲーム「ワールドピースゲーム」in EIJI PRESS Lab、いよいよ3週間後(4月1日~5日)に迫ってまいりました! まだもう少し枠がありますが、参加をご検討中の方に向けて、このゲームに私が惹きつけられた理由をご紹介したいと思います。

application_y

 

実は、私には子どもがいませんが、もし自分に子どもができたら「いつか参加してほしい!」と強く願っています。というのも、これからの社会で求められる力を育むのに最適なゲームではないか?と考えているからです。

23_s

その力とは、物事の全体を見渡して俯瞰的に考える「システム思考」や、みんなで協力する「チームワーク」、また「やり抜く力」「好奇心」「自制心」といった非認知的スキルというものです。「非認知的スキル」については、最近ベストセラーになった『GRIT やり抜く力』や『学力の経済学』、英治出版から出した『成功する子 失敗する子』などに詳しく書かれているのでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

では、なぜワールドピースゲームがこれらの力を育むのでしょうか? 私はこれまで2回見学しましたが、大きく5つのポイントがあると感じました。

  1. システム思考:大人もびっくりするほど複雑に絡み合った答えのない課題に向き合い、全体的な視点での解決策を探る。
  2. チームワーク:首相や財務大臣、国連から武器商人まで、どの役割も欠かせないもの! 「自分が世界平和のために何ができるか」を問われます
  3. 好奇心:環境問題、民族紛争、領土の奪い合い、テロ、クーデター、秘密国家など、リアリティあふれる世界観に子どもたちがのめり込む
  4. 自制心・やり抜く力失敗や予期せぬ事態にどう対処するか? つねに学び直しながら解決策を自分たちで見つけ出していく。
  5. 交渉力:ゲームのカギとなるのは「交渉」。いかにWin-Winの関係になれるかを探っていく。

 

1.システム思考:大人もびっくりするほど複雑に絡み合った答えのない課題に向き合い、全体的な視点での解決策を探る。

26_s

ワールドピースゲームは40年以上にわたって改良が続けられています。あまりに簡単に終わってしまうと、「子どもたちが、答えがないような困難な課題に向き合う時間を大切にする」という意図からずれてしまうため、開発者のジョン・ハンター氏は課題や役割を見直して、ゲームをどんどん複雑なものにしていきました。

たとえば、ゲームで解決すべき課題は50以上ありますが、「あっちを解決すれば、こっちの問題が悪化する」というふうに、課題同士の利害がぶつかってトレードオフになっている場合が多々あります。つまり、対症療法的な解決策ではなく、「全体の視点で考えて、新しい解決策を見出す」必要があるのです。

これはまさに『学習する組織』でいう「システム思考」。子どもたちはゲームを通じて、自然とシステム思考の考え方を学んでいくでしょう。

ちなみに、複雑だからと言って事前に知識はいりません! 先ほども述べた、ゲームで大切にしている「答えがないような困難な課題に向き合う」時間が損なわれてしまうからだそうです。

 

2.チームワーク:首相や財務大臣、国連から武器商人まで、どの役割も欠かせないもの! 「自分が世界平和のために何ができるか」を問われます。

5_s

ゲームの最少催行人数は25名。子どもたちは4つの国家の首相、財務大臣、防衛大臣、国連、武器商社などの役割を与えられます。さらに、「運命の女神」や秘密の「破壊工作員」といった、アクロバティックな役割もあります。

首相は交渉を担い、財務大臣は国家財政を管理し(計算を間違うと罰金も!)、防衛大臣は軍や武器を管理する。そして国連は各国の交渉を仲介し、武器商社は国家に武器を売り買いする。まさに現実世界と同じような役割が一人ひとりに与えられているのです。一人ひとりが役割を果たさないと、「課題をすべて解決する」「すべての国の資産を上げる」というミッションを達成できません。

見学中に強く印象に残ったのが、「武器商社」となった男の子の姿でした。実は、ゲームのはじめのうちは国と国との交渉がメインとなるため、誰とも話さずに会場を歩き回っているだけのように見えました。

外から見ていて「あの子はあまり参加できていないのでは」と心配になりましたが、後日伺った話によると、ご家庭に戻った時に「武器商社として世界平和にできることって何?」とご両親に尋ねていたそうです。「そんな哲学的なことを考えていたとは!」と本当に驚きました。

 

3.好奇心:環境問題、民族紛争、領土の奪い合い、テロ、クーデター、秘密国家など、リアリティあふれる世界観に子どもたちがのめり込む!

28_s

ゲームの舞台は宇宙、空、陸、海を表す4層のタワー。その上に4つの国家の領土、軍隊、工場、資源などを表す人形やプラモデルが配置されています。これらはゲームの課題と密接にリンクし、紛争状態を示すバトルマークがあったり、オイルタンカーの原油流出を示す糸の輪っかがあったりします。

子どもたちは真剣にタワーを眺めながら、議論をしたり交渉したりしていました。「課題」を頭だけで考えて解決しようとするのではなく、五感を使いながらゲームの世界にのめり込む様子が伝わってきます。

課題も「二酸化炭素を減らすためには?」、「少数民族の反発を押さえながら紛争を収めるには?」といった、現実世界でも見聞きするようなことばかり。さらに、最初に用意された課題だけでなく、「A国でテロが勃発!工場を武装占拠した!」「秘密国家が核ミサイルを落とすことを宣言した!どうする?」など、進行に伴って次々と問題が発生します。

このリアリティが子どもの好奇心を刺激し、家に帰ってからも国際ニュースに関心が向くようになり、ゲームクリアのヒントを探そうと、国際関係や紛争問題について自分で調べるようになったお子さんもいるようです

 

4.自制心・やり抜く力:失敗や予期せぬ事態にどう対処するか? つねに学び直しながら解決策を自分たちで見つけ出していく。

19_s

ゲームの最初のうちは、複雑すぎる課題の数々を理解するのに必死で、どの子もどう進めていいかわからずに圧倒されるそうです。そして、安易な解決策を出してしまうと別のところで問題を引き起こしたり、先ほども説明したように突発的な事件が起こって問題が複雑化したりします。

しかし、投げ出してしまいたい欲求を抑えて交渉や議論にじっくり取り組んでいくと、次第に全体が見えてくるようになりますつまり、自制心が求められるのです。そうすると一つずつ課題を解決していくことができるので、「協力すればできるかも…」という意識が芽生え、途中から解決スピードがぐんと上がることもあります。

「一見無理に思えた課題でも、何とかやり切った」という達成感が、子どもたちの「やり抜く力(GRIT)」につながるのではないでしょうか。

 

5.交渉力:ゲームのカギとなるのは「交渉」。いかにWin-Winの関係になれるかを探っていく。

9_s

ゲームは「交渉」と「宣言」の時間が繰り返されながら進んでいきます。

「交渉」時間では、子どもたちは各国と課題を解決するための交渉を行い、契約書や請求書・領収書など、国際社会に認められるための必要な書類を揃えなければいけません。

「宣言」では、各国首脳がみんなの前に立ち、どの国とどんな取り決めを行ったのか、またどういうふうに軍隊を動かすかということを全体に発表します。ファシリテーターは関連する国や組織に「この決まりについて把握していますか?」と細かく確認していくので、きちんとした書類を見せる必要があるのです。

交渉を通じて、「原油流出の賠償額」「軍隊撤退の費用」について、どちらの国がどれくらいのお金を出すのかをきちんと決めておく必要があります。最終的にすべての国の資産を増やさなければいけない(自分だけの国が増えていればいいわけではない)ので、豊かな国だからといって気前よくお金を出すわけにはいきませんし、「交渉に勝つ」ことにこだわってばかりもいられません。

自分たちの要求をどこまで通しつつ、どこまでであれば譲歩できるのか、といった見極める力と交渉力が求められるのです。

 

 

いかがでしたか? 長々と書いてしまいましたが、実際にゲームを目の当たりにすると、もっともっといろんなことを感じます。5日間という短期間ながら頭をフル回転させる濃密な時間、ゲーム後に大きく変わったお子さんの姿に驚かれる親御さんが多いのも納得です。

チャレンジ精神と好奇心あふれるお子様のご参加をお待ちしております!

application_y

イベント報告「私たちが世界の女性を支援する理由~国際協力の現場から~」 #国際ガールズデー

10月2日(日)に渋谷HMV&BOOKS TOKYOさんで、国際ガールズ・デー記念&『WOMEN EMPOWERMENT 100』出版記念イベントが開催されました!

dsc_0096_s

『WOMEN EMPOWERMENT 100』の日本語版コンテンツにご協力いただいた、国際協力NGO 3団体からそれぞれゲストをお招きし、活動内容からキャリアまで幅広いテーマについて伺いました。
ono takeda
◆ゲスト(写真左から)

城谷 尚子(しろや・なおこ)さん
公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン
コミュニケーション部 国内プログラムチームYouth-ACTチームリーダー、アドボカシーオフィサー

小野美智代(おの・みちよ)さん
公益財団法人ジョイセフ
市民社会連携グループ長

武田勝彦(たけだ・かつひこ)さん
公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパン
事務局長

ここではトークイベントの一部をご紹介します。

「初の看護師」になった女の子が、新しいロールモデルに

plan_india
提供:プラン・インターナショナル
プラン・インターナショナルの城谷さんからは、「教育」によって大きく変わったインドの女の子たちの話が紹介されました。写真の一番左の女の子は、プランの教育支援によって学校に通うことができるようになり、勉強に励んで看護師の資格をとったそうです。写真の施設は村の保健所で、この村で初の女性の看護師となったそうです。
周りの女の子たちは、彼女をとても尊敬し「彼女のようになりたい!」と勉強に励んでいるようです。
プラン・インターナショナルは貧困や差別のない公正な社会の実現を目指して、世界各地で「子どもとともに進める地域開発」を推進しています。近年では特に女の子の現状を伝え、変えていくためのキャンペーン「Because I am a Girl」を展開しています。実は、10月11日の国際ガールズ・デーは、プラン・インターナショナルの国連への働きかけによって実現しました。

妻を危機にさらした事件が、保健ボランティアのきっかけに

smag_man
提供:ジョイセフ
ジョイセフの小野さんからは、ある男性が家族の事件をきっかけに保健ボランティアに転身した話が紹介されました。「保健ボランティア」とは、母子保健に関する知識の提供や意識を向上させるために村々をまわる人々のことで、ジョイセフがトレーニングを提供しています。写真の男性は、妻が妊娠時に畑仕事をしているとき、破水して危険な状態になったところを保健ボランティアに助けられたそうです。「もう二度と同じような思いをしてほしくない」と男性は自分のストーリーを伝えていくことを決意し、夫婦で保健ボランティアになったそうです。
ジョイセフは、日本発の妊産婦や母子保健専門の国際協力NGOです。戦後の日本の家族計画や母子保健の経験で培われたノウハウを、途上国に伝えることで現地の妊産婦死亡率の削減に努めています。

現地の女性たちが、自分たちの力で自立する仕組み

Blue bowl is for savings, the green one is for loans, and the pink bowl is for fines.

ケア・インターナショナル・ジャパンの武田さんからは、女性たちの「信用組合」について紹介されました。これは、現地の女性たちが自分たちのお金を持ち寄って信用組合を結成し、事業を始めるときの資金や子どもの教育費など、まとまったお金が必要な時に信用組合の支援を得る仕組みです。ポイントは「現地の人が自分でお金を出し合うこと」だそうで、自分のお金だから貸付・返済と貯蓄にシビアになるそうです。写真の右下にある青い箱は金庫で、組合メンバー3人の鍵が揃わないと開かないそうです。信頼と透明性を担保し、自分たちの力で自立するための仕組みであるといえるでしょう。いまでは世界各地の開発現場で取り入れられているそうです。
ケア・インターナショナルは、女性と女子を活動の中心にすえて、貧困のない世界を目指して活動する団体です。日本では、戦後の復興期に食料・物資の支援である「CAREパッケージ」の恩恵を受けた人々が、復興を果たした後に「恩返し」として途上国支援のための団体を設立したのがきっかけだったそうです。

貧困をなくすために、できることはたくさんある。

今回のイベントでは、どの団体も、得意なことを活かしながらさまざまな切り口から貧困問題に取り組んでいる様子が浮かび上がりました。「貧困をなくすために、できることはたくさんある。」というのは 『WOMEN EMPOWERMENT 100』の紹介文にも書いている言葉ですが、まさにその具体的な事例を紹介してくださったと感じました。
各団体でも、日本で参加できるさまざまなプログラムが用意されています。
ぜひチェックしてみてください!
プラン・インターナショナル https://www.plan-international.jp/
ジョイセフ https://www.joicfp.or.jp/
ケア・インターナショナル・ジャパン http://www.careintjp.org/

 

◆関連書紹介
we100book
【貧困をなくすために、できることはたくさんある。】
電気いらずのペットボトルライト、家事を効率化するエコキッチン、収入をもたらすバイオ燃料……手に届く価格で、大きな価値を生むアイデア満載!
9784862761187
角田光代が訳さずにはいられなかった――!
世界を代表する7人の作家が描いた 名もなき女の子たちの物語

10月2日、渋谷HMV&BOOKS TOKYOさんで「国際ガールズ・デー」記念イベントを開催します!

(写真クレジット:左から©Plan International Japan/@JOICFP/©CARE)

10月11日「国際ガールズ・デー」と、新刊『WOMEN EMPOWERMENT 100』の発売を記念して、トークイベントを実施します!


国際ガールズ・デー記念&『WOMEN EMPOWERMENT 100』出版記念トークイベント

私たちが世界の女性を支援する理由~国際協力の現場から~

 

■イベント紹介

10月11日は「国際ガールズ・デー」。

途上国の女の子たちが”女の子であるがために”受けている性差別や暴力などの問題を啓発し、国際的な問題解決を促すために国連が制定した国際デーです。

いま、問題の啓発だけでなく、女性と女の子の可能性を広げることで社会をよりよくしようとする「エンパワーメント」に注目が高まっています。

2014年には、パキスタンのマララ・ユスフザイさんがノーベル平和賞受賞し、女子教育に大きな関心が高まりました。

また、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」にも「女性のエンパワーメント」という言葉が盛り込まれ、先進国・途上国にかかわらず機運が高まっています。

今年8月に発売された『WOMEN EMPOWERMENT 100――世界の女性をエンパワーする100の方法』(ベッツィ・トイチュ著、松本裕訳、英治出版)には、途上国の女性をエンパワーする具体的な100の取り組みが紹介されています。

we100book

それだけでなく、日本語版特別コンテンツとして、日本の国際協力NGOスタッフの方々の座談会が収録されています。

今回は、来る国際ガールズ・デーを記念して、特別コンテンツで紹介されたNGO3団体のスタッフをお呼びしてイベントを実施します。

カジュアルな雰囲気で、参加者との交流を楽しめるようなトークセッションにしたいと考えています。皆様のご参加お待ちしております!

 

【トークトピック】

・どこの国で、どんな活動を行っているの?
・なぜ、女の子や女性の支援が大切なの?
・国際協力の仕事をするのに必要なキャリアとは?

 

【イベント実施概要】

日時:2016年10月2日(日)
時間:開場13:30 開演14:00 終了16:00
参加費:無料
参加方法:イベントは観覧フリーでご参加いただけます。
※ご希望の方には、渋谷HMV&BOOKS TOKYOの6Fレジカウンターにて優先入場券をお渡ししております。
(配布は10月2日13:30まで。なくなり次第終了となります。)
※当日は、優先入場券をお持ちの方優先でのご入場、自由席となります。
※参加者多数の場合には、席が準備出来ない場合もあります。予めご了承下さい。

会場:HMV&BOOKS TOKYO 6F イベントスペース
東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ
tel: 03-5784-3270
http://goo.gl/0CKDoR

共催:HMV&BOOKS TOKYO 英治出版
後援:国際ガールズ・デー推進ネットワーク

 

【登壇者】

城谷 尚子(しろや・なおこ)

城谷尚子

公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン
コミュニケーション部 国内プログラムチームYouth-ACTチームリーダー、アドボカシーオフィサー

2008年入局。国内プログラムチームリーダーとして、日本の市民社会への情報発信、日本政府への政策提言を行う。現在は、Because I am a Girlキャンペーンを通じて、途上国の女の子のたちの権利を訴える。また、他団体と協働し、世界中の子どもへの教育普及を訴える「世界一大きな授業」の事務局も担当している。教育協力NGOネットワーク(JNNE)副代表、広島大学客員研究員。

 

小野美智代(おの・みちよ)

小野美智代

公益財団法人ジョイセフ
市民社会連携グループ長

立教大学に在職中、ジェンダー啓発・研究機関の設立や行政の男女共同参画条例づくりに携わる。03年よりジョイセフ勤務。広報・ブランディングを担当。途上国の女性支援を喚起するために、ファッション誌などのメディアとタイアップしたイベントや、電通ギャルラボと共同でチャリティーアイテムを開発し、若い女性や母親層に共感される女性支援企画を手掛ける。現在は、日本も途上国もすべての女性が共に健康でエンパワーメントできる世界を目指す「ILADY.」キャンペーンを展開している。静岡県出身、在住。8才と2才の娘と同い年の夫の4人家族。

 

武田勝彦(たけだ・かつひこ)

武田勝彦

公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパン
事務局長

1965年鎌倉に生まれる。1970年代後半、父親がベトナム難民の世話をしたことが転機となり、国際支援の道を目指すようになる。1989年に明治大学政治経済学部部(経済学科)を卒業。英系銀行での勤務経験の後、1994年に英国ランカスター大学大学院政治・国際関係論修士を取得。独系銀行での勤務経験の後、日本の大手NGO、難民を助ける会に転職し、旧ユーゴスラビアの各事務所所長、駐在地域代表、本部のシニア・コーディネーター(海外事業部長、兼財務部長)を歴任。2004年に世界最大のNGO、ワールド・ビジョン・インターナショナルに転職し、スリランカ、ヨルダン、タンザニアでプロジェクト・マネージャーを歴任。2007年1月より財団法人ケア・インターナショナル ジャパンに転職。事業部長補佐、事業部長を歴任し、2010年1月に事務局長に就任。

 

聞き手:下田理(しもだ・おさむ)
英治出版(http://www.eijipress.co.jp/)プロデューサー
WOMEN EMPOWERMENT 100』担当

 

著者の地元、市川へ! 『人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。』水野達男さんと同行営業してきました。

samです。最近のマイブームは、ずばり「guinness」です。

 

今日は『人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。』著者の水野達男さんと、水野さんの地元市川の書店さんを訪問してきました。

関西出身の水野さんですが、市川にはすでに30年以上お住まいになられているようで、地域コミュニティに溶け込んでいらっしゃいます。

先日の同行営業でお渡しした直筆POP、今度は地元の書店さんバージョンをお渡ししてきました!

水野さん直筆POP

こんなことが書かれています。

30年以上この市川の地に住んでいます。
地元の書店に置いてもらえて”感謝の気持ち“でいっぱいです。

人生の曲がり角で考えている貴方に
そっと背中を押してくれる本です。
是非、読んでみて下さい。

2016年3月吉日
著者、市川市国分在住
水野達男

 

地元愛にあふれてますねー。
まずは有隣堂書店シャポー市川店さんへ。
ビジネス書棚で平積みしていいただいています。
お忙しいところ早速POPをつけてくださいました!

有隣堂市川店②

 

続いて大杉書店市川駅前本店さんへ。
ご担当の鈴木さんがご対応してくださいました。
階段脇の平台に並べて下さっています。

大杉書房

 

最後に住吉書房市川店さんへ。
文芸棚手前の平台コーナーの一等地で、展開してくださっていました!

住吉書房

 

来月には地域誌『月刊市川 4月号』にも取材記事が掲載されるようです!

ぜひ地元の方はチェックしてみて下さい!