sam のすべての投稿

10月2日、渋谷HMV&BOOKS TOKYOさんで「国際ガールズ・デー」記念イベントを開催します!

(写真クレジット:左から©Plan International Japan/@JOICFP/©CARE)

10月11日「国際ガールズ・デー」と、新刊『WOMEN EMPOWERMENT 100』の発売を記念して、トークイベントを実施します!


国際ガールズ・デー記念&『WOMEN EMPOWERMENT 100』出版記念トークイベント

私たちが世界の女性を支援する理由~国際協力の現場から~

 

■イベント紹介

10月11日は「国際ガールズ・デー」。

途上国の女の子たちが”女の子であるがために”受けている性差別や暴力などの問題を啓発し、国際的な問題解決を促すために国連が制定した国際デーです。

いま、問題の啓発だけでなく、女性と女の子の可能性を広げることで社会をよりよくしようとする「エンパワーメント」に注目が高まっています。

2014年には、パキスタンのマララ・ユスフザイさんがノーベル平和賞受賞し、女子教育に大きな関心が高まりました。

また、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」にも「女性のエンパワーメント」という言葉が盛り込まれ、先進国・途上国にかかわらず機運が高まっています。

今年8月に発売された『WOMEN EMPOWERMENT 100――世界の女性をエンパワーする100の方法』(ベッツィ・トイチュ著、松本裕訳、英治出版)には、途上国の女性をエンパワーする具体的な100の取り組みが紹介されています。

we100book

それだけでなく、日本語版特別コンテンツとして、日本の国際協力NGOスタッフの方々の座談会が収録されています。

今回は、来る国際ガールズ・デーを記念して、特別コンテンツで紹介されたNGO3団体のスタッフをお呼びしてイベントを実施します。

カジュアルな雰囲気で、参加者との交流を楽しめるようなトークセッションにしたいと考えています。皆様のご参加お待ちしております!

 

【トークトピック】

・どこの国で、どんな活動を行っているの?
・なぜ、女の子や女性の支援が大切なの?
・国際協力の仕事をするのに必要なキャリアとは?

 

【イベント実施概要】

日時:2016年10月2日(日)
時間:開場13:30 開演14:00 終了16:00
参加費:無料
参加方法:イベントは観覧フリーでご参加いただけます。
※ご希望の方には、渋谷HMV&BOOKS TOKYOの6Fレジカウンターにて優先入場券をお渡ししております。
(配布は10月2日13:30まで。なくなり次第終了となります。)
※当日は、優先入場券をお持ちの方優先でのご入場、自由席となります。
※参加者多数の場合には、席が準備出来ない場合もあります。予めご了承下さい。

会場:HMV&BOOKS TOKYO 6F イベントスペース
東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ
tel: 03-5784-3270
http://goo.gl/0CKDoR

共催:HMV&BOOKS TOKYO 英治出版
後援:国際ガールズ・デー推進ネットワーク

 

【登壇者】

城谷 尚子(しろや・なおこ)

城谷尚子

公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン
コミュニケーション部 国内プログラムチームYouth-ACTチームリーダー、アドボカシーオフィサー

2008年入局。国内プログラムチームリーダーとして、日本の市民社会への情報発信、日本政府への政策提言を行う。現在は、Because I am a Girlキャンペーンを通じて、途上国の女の子のたちの権利を訴える。また、他団体と協働し、世界中の子どもへの教育普及を訴える「世界一大きな授業」の事務局も担当している。教育協力NGOネットワーク(JNNE)副代表、広島大学客員研究員。

 

小野美智代(おの・みちよ)

小野美智代

公益財団法人ジョイセフ
市民社会連携グループ長

立教大学に在職中、ジェンダー啓発・研究機関の設立や行政の男女共同参画条例づくりに携わる。03年よりジョイセフ勤務。広報・ブランディングを担当。途上国の女性支援を喚起するために、ファッション誌などのメディアとタイアップしたイベントや、電通ギャルラボと共同でチャリティーアイテムを開発し、若い女性や母親層に共感される女性支援企画を手掛ける。現在は、日本も途上国もすべての女性が共に健康でエンパワーメントできる世界を目指す「ILADY.」キャンペーンを展開している。静岡県出身、在住。8才と2才の娘と同い年の夫の4人家族。

 

武田勝彦(たけだ・かつひこ)

武田勝彦

公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパン
事務局長

1965年鎌倉に生まれる。1970年代後半、父親がベトナム難民の世話をしたことが転機となり、国際支援の道を目指すようになる。1989年に明治大学政治経済学部部(経済学科)を卒業。英系銀行での勤務経験の後、1994年に英国ランカスター大学大学院政治・国際関係論修士を取得。独系銀行での勤務経験の後、日本の大手NGO、難民を助ける会に転職し、旧ユーゴスラビアの各事務所所長、駐在地域代表、本部のシニア・コーディネーター(海外事業部長、兼財務部長)を歴任。2004年に世界最大のNGO、ワールド・ビジョン・インターナショナルに転職し、スリランカ、ヨルダン、タンザニアでプロジェクト・マネージャーを歴任。2007年1月より財団法人ケア・インターナショナル ジャパンに転職。事業部長補佐、事業部長を歴任し、2010年1月に事務局長に就任。

 

聞き手:下田理(しもだ・おさむ)
英治出版(http://www.eijipress.co.jp/)プロデューサー
WOMEN EMPOWERMENT 100』担当

 

著者の地元、市川へ! 『人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。』水野達男さんと同行営業してきました。

samです。最近のマイブームは、ずばり「guinness」です。

 

今日は『人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。』著者の水野達男さんと、水野さんの地元市川の書店さんを訪問してきました。

関西出身の水野さんですが、市川にはすでに30年以上お住まいになられているようで、地域コミュニティに溶け込んでいらっしゃいます。

先日の同行営業でお渡しした直筆POP、今度は地元の書店さんバージョンをお渡ししてきました!

水野さん直筆POP

こんなことが書かれています。

30年以上この市川の地に住んでいます。
地元の書店に置いてもらえて”感謝の気持ち“でいっぱいです。

人生の曲がり角で考えている貴方に
そっと背中を押してくれる本です。
是非、読んでみて下さい。

2016年3月吉日
著者、市川市国分在住
水野達男

 

地元愛にあふれてますねー。
まずは有隣堂書店シャポー市川店さんへ。
ビジネス書棚で平積みしていいただいています。
お忙しいところ早速POPをつけてくださいました!

有隣堂市川店②

 

続いて大杉書店市川駅前本店さんへ。
ご担当の鈴木さんがご対応してくださいました。
階段脇の平台に並べて下さっています。

大杉書房

 

最後に住吉書房市川店さんへ。
文芸棚手前の平台コーナーの一等地で、展開してくださっていました!

住吉書房

 

来月には地域誌『月刊市川 4月号』にも取材記事が掲載されるようです!

ぜひ地元の方はチェックしてみて下さい!

「小さいことにチャレンジしてみたい方への”応援歌”として……」『人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。』著者・水野達男さんと都内の書店を訪問しました。

まさに春!!
今日は、本当にぽかぽかして気持ちよかったですねー。
もうすぐ桜も咲きそうで楽しみです。

さて、1月に発売した新刊『人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。』著者の水野達男さんと、東京都内の書店さんを訪問してきました。

今回の目的は、水野さんの出版に込めた”想い”を書店員さんに理解していただくことです。POP設置可能なお店では、直筆POPもお渡ししました!

そのPOPはこちら↓

POP

こんなメッセージが書かれています。

小さいことにチャレンジしてみようとお考えの方々への
“応援歌”のような気持ちでこの本を書きました。
是非、手に取ってみて下さい。

2016年3月吉日
水野達男

 

実際、以前に水野さんを交えての読書会をおこなったとき、
これからのキャリアについて考えている方、アフリカの現場で仕事を行っている方など、さまざまな「チャレンジをしてみたい」と思っている方が参加してくださいました。
水野さんご自身も、本が広く読まれるのはもちろん嬉しいけれど、それ以上に、読んでいただいた方の実際の”変化”につながり、行動をおこしてくれればとても嬉しい、といつも仰っています。さて、昨日からの2日間で訪問した書店さんはこちら!丸善丸の内本店さん三省堂書店有楽町店さん八重洲ブックセンター本店さんブックファースト銀座コア店さんジュンク堂書店池袋本店さん紀伊國屋書店新宿本店さん紀伊國屋書店新宿南店さん三省堂書店神保町本店さん

 

皆さんお忙しい中親切にご対応くださり、写真にも快く応じてくださいました。本当に有難うございました!!

 

写真のどこにあるか探してみて下さい(笑)!

 

2016年3月7日(月)に訪問した書店さん

丸善丸の内本店・鈴木さんと。

①丸善丸の内本店_2016-03-07 11.09.38

 

三省堂書店有楽町店・原田さんと。

②三省堂有楽町店_写真 2016-03-07 11 30 30

 

八重洲ブックセンター本店・柏さんと。

③八重洲BC本店_2016-03-07 14.01.02

 

ブックファースト銀座コア店さんで。

④ブックファースト銀座コア店_写真 2016-03-07 18 12 51

 

2016年3月9日(火)に訪問した書店さん

ジュンク堂書店池袋本店・熊沢さんと。

①ジュンク堂池袋本店_写真 2016-03-08 13 16 10

 

紀伊國屋書店新宿南店・加賀谷さんと。

③紀伊国屋書店新宿南店_写真 2016-03-08 14 46 17

 

紀伊國屋書店新宿本店・坂本さんと。

②紀伊国屋書店新宿本店_写真 2016-03-08 15 10 11

 

ラスト! 三省堂書店神保町本店さんで。

④三省堂神保町_写真 2016-03-08 16 17 24

大阪の書店さん訪問記はこちらからどうぞ!書店員さんの心をわしづかみ! 新刊『人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。』著者、水野達男さん大阪書店営業報告

【プレスリリース】<好評>『レジリエンス ビルディング 「変化に強い」人と組織のつくり方』 11月7日(金)より 電子書籍版を配信開始

ピースマインド・イープ株式会社は、今年4月に英治出版株式会社から出版した『レジリエンス ビルディング 「変化に強い」人と組織のつくり方』(以下、本書)の電子書籍版を、11月7日(金)より各電子書籍ストアにて、随時配信を開始致しました。

2014年は、産業界において「レジリエンス」の重要性が様々な形で取り上げられた1年でした。本書では、レジリエンスの強化法から、具体的な企業の取り組み事例などを多数紹介し、組織改革に関わる人事担当者・管理職をはじめ、ビジネスパーソンが読んでも参考になる専門書籍として高く評価をいただいています。また、電子書籍版でのご提供を望む声も多く寄せられたことから、今回の配信開始に至りました。

 

■ 本書(電子書籍版)の詳細

著者:ピースマインド・イープ株式会社

配信開始日: 2014年11月7日(金)

定価: 本体2,400円+税 (※Kobo、 Kindle は税抜き価格で提供)

主な提供電子書籍ストア:
・楽天Kobo (http://books.rakuten.co.jp/rk/d7609a552d5833499e8d03ee99b16020/
・Amazon Kindle (http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00P2H6HTO/
・紀伊国屋書店 (http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-9990434832) ・・・ 他

czMjYXJ0aWNsZSMxODI0MiMxMzM3MzcjMTgyNDJfd0taVlJUZW9UUy5qcGVn

 

■ 推薦コメント

『レジリエンスが個人だけでなく、チームレベル、組織レベルでも肝心な役割を果たすことに注目した稀有な実践書』
(神戸大学大学院経営学研究科教授 金井壽宏氏)

『「レジリエンス」は想定外の変化であふれる現代社会で幸せな人生を送るためのキーワード。必ず新たな気づきを得て、意識が変わります』
(ユニリーバ・ジャパン取締役人事総務本部長 島田由香氏)

 

■ 書評ハイライト

『ストレスに傷ついても、立ち上がれる方法を身につけること。それは不調者の減少のみが狙いではなく、人と組織が新たな変化に挑戦し続けるレジリエントな力を生み出すことにつながる。本書が紹介する7ステップで取り組む組織アプローチと、実際の取り組み事例をぜひ参考にしていただきたい。』
(「労政時報」BOOK REVIEW―人事パーソンへオススメの新刊より http://www.rosei.jp/jinjour/article.php?entry_no=62309 )

『「鉄や石ではなく竹のような柔軟性」と示唆されている“レジリエンス”のスキルは、混迷する時代ゆえに注目に値する。』
(「人事マネジメント」HR BOOKS書評より http://hrm-magazine.busi-pub.com/books1405.html )

 

■ 参考ウェブサイト:

『レジリエンス ビルディング 「変化に強い」人と組織のつくり方』 4月下旬に出版:
http://www.peacemind-jeap.co.jp/news/release/7249.html

『レジリエンス ビルディング』詳細ページ
http://www.eijipress.co.jp/book/book.php?epcode=2163

 

【本件に関するお問い合わせ先】
英治出版株式会社 担当:下田
TEL:03-5773-0193 / FAX:03-5773-0194 /
問い合わせフォーム:http://eijipress.co.jp/inquiry/

9/5 あいち国際女性映画祭でリーマ・ボウイーさん主演映画『悪魔よ地獄に帰れ』上映&シンポジウムに根本かおるさん登壇!

中部地方ではいまこの話題で持ちきりというもっぱらの噂の「あいち国際女性映画祭」が9月3日から7日までウィルあいちで開催されます!

そこで9月5日に、『祈りよ力となれ』の著者リーマ・ボウイーさん主演映画「悪魔よ地獄に帰れ」が特別上映されることに!

さらに、上映後にはシンポジウムが開催され、『日本と出会った難民たち』著者の根本かおるさんがご登壇されます!

お近くの方はぜひチェックしてみてください。

 

※ご案内は、以下のサイトから引用しております。
http://www.aiwff.com/2014/films/special-screening/pray-the-devil-back-to-hell.html

悪魔よ地獄へ帰れ

Pray the Devil Back to Hell
9月5日(金)10:00 大会議室(Lコード:40316)
上映終了後:シンポジウム「平和を求めて:戦争をとめたリベリアの女たち」
アメリカ/2008/72分
監督:ギニ・レティカー
出演:リーマ・ボウイー
Photo Credit:Pewee Flomoku
2008トライベッカ映画祭
ベストドキュメンタリー賞受賞作品

「祈りよ力となれ」。長年にわたる紛争で疲弊した西アフリカのリベリア。戦火の中で、兵士から略奪され、レイプされ、子どもたちを奪われ、帰る家を失った無力な女たち。「子どもたちのために平和が欲しい」。民族・宗教・政治の壁を乗り越えて国中の女性たちが立ち上がった。そして、女性たちは、団結し、横暴な独裁者に果敢に立ち向かい、ついには戦いを終わらせた。2011年にノーベル平和賞を受賞したリーマ・ボウイーと、命を賭して平和を導いた女性たちを追った奇跡の物語。

———————————–

国連広報センター連携企画

シンポジウム「平和を求めて:戦争をとめたリベリアの女たち」

アフリカの紛争と、連帯する女性の力を考える

国連広報センター根本かおる所長、フリーカメラマンの亀山亮氏、国連地域開発センター所長高瀬千賀子さんをお招きし、西アフリカ地域の紛争と女性たちの現状を、写真とともにお話しいただきます。

9月5日(金) 11:30-12:30大会議室
「悪魔よ地獄へ帰れ」上映後
ファシリテーター:佐藤久美(金城学院大学教授・当映画祭イベントディレクター)

■登壇者

国連広報センター所長 根本かおる

テレビ朝日を経て、1996年から2011年末までUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)にて、アジア、アフリカなどで難民支援活動に従事。ジュネーブ本部では政策立案、民間部門からの活動資金調達のコーディネートを担当。WFP(国連世界食糧計画)広報官、国連UNHCR協会事務局長も歴任。フリー・ジャーナリストを経て2013年8月より現職。

写真家 亀山亮

千葉県出身。日本写真芸術専門学校卒業後、中南米の紛争地域へ出向き、撮影を始める。その後、パレスチナ、アフリカの様々な紛争地帯を訪れ写真を撮り続けている。土門拳賞を始め、数多くの写真賞を受賞。

国際連合地域開発センター(UNCRD)所長 高瀬千賀子

国連工業開発機関(在ジャカルタ)にてアソシエートエキスパートとして勤務後、1984年より国連国際経済社会局にて中期予測を含む経済分析を担当。1995年より持続可能な開発に携わる。2005年より経済社会理事会の課題分析など実質面での支援を行う。2011年3月よりUNCRD所長代行、2012年2月より現職。