tanaka のすべての投稿

骨太な書籍を作り続けてきた2社が贈る【いま、「問い直す」“人” “組織” “社会”】東洋経済新報社×英治出版 合同フェア、全国の書店様で開催中!

みなさん、こんにちは。英治出版です。

現在、全国31か所(2021年9月9日時点)の書店様にて、東洋経済新報社と英治出版の合同企画フェア、【いま、「問い直す」“人” “組織” “社会”】を開催中です。

※写真は、広島県広島市にある、MARUZEN 広島店さんでの展開

この記事では、どのようにこの企画が生まれたのか、また最後には、本フェア開催中の書店様(または開催予定の書店様)をご紹介します。

まずは、きっかけのお話から。

本フェアは、東洋経済新報社の営業推進部Kさんからのお声がけからスタートいたしました。

書店営業をされているKさんは常々、「書店で何か面白いフェア企画ができないものか」と考えられていたそうです。そして、書店でのヒアリングを重ねる中で、コロナ禍で客足が遠のいていることに困っている書店が多いことを知り、「これは出版業界が協力して盛り上げなければ」という想いから合同フェアを構想され、そのパートナーとして、英治出版を選んでいただくこととなりました。

書店様にとってもお客様にとっても、新鮮で、「いまこそ開催したい・読みたい」と思える企画にするべく、さっそく2社での打ち合わせがスタートしました。

同じ業界で働いている者同士とはいえ、日常ではほとんと交わることのない私たち。とはいえ、日頃はお互いの会社に敬意を持ちつつ、それぞれが出版する書籍も意識し合いながら、互いに切磋琢磨しております。

そういう2社だからこそ、両社間での打ち合わせでは、書籍に対する想いや価値観を改めて知ることができ、さらに深めることができました。このような大変貴重な機会をいただいたKさんには、本当に感謝しております。

 

そうして、練りに練られたフェア企画が、【いま、「問い直す」“人” “組織” “社会”】です。

※写真は、埼玉県さいたま市にある、紀伊國屋書店 浦和パルコ店さんでの展開

一年半以上続くコロナ禍の中で、人や組織、社会の価値観も徐々に変わり始めています。変化の激しい時代と言われ続けていますが、まさにいまが、その真っ只中と言える時期かもしれません。そんな状況だからこそ、望む未来に向けて、いま立ち止まって考え、見つめ直す時間が必要なのではないか──。

そのような想いから、「人」「組織」「社会」の3つのカテゴリーで、いま問い直すべきだと思われる15のテーマを設定し、互いに1冊ずつ、合計30冊の本を厳選いたしました。

【15のテーマ】

【人】 「人生」「学び方」「成功」「生産性」「共感」

【組織】 「コラボレーション」「未来の組織」「経営の核心」「事業の在り方」 

【社会】 「資本主義」「テクノロジー」「教育」「地方の未来」「環境」「貧困」

それぞれの書籍が出版された時期は、少し前のものから直近のものまでさまざまですが、選んだ書籍は、いまの時期だからこそ「問い直す」価値があるものばかりです。

テーマごとに、選書コメントを記した「POP」(以下写真)も設置しております。

こちらのテーマは「人生」。東洋経済新報社と英治出版から各1冊選書しています

 

ぜひ店頭でじっくりとご覧いただき、強く心を惹かれたテーマや書籍に、想いを馳せて手に取ってみてください。

既に開催中の店舗様より、Twitterにて告知いただいています。以下、ご紹介いたします。

・MARUZEN 広島店https://twitter.com/MARUZENhirosima/status/1426106424241758216

・紀伊國屋書店 浦和パルコ店https://twitter.com/eijipress/status/1428571918039359490

・丸善 アスナル金山店https://twitter.com/maruzeninfo/status/1430477604885303296

・文教堂 溝ノ口本店https://twitter.com/Bunkyodo_honten/status/1431501040503853057

・芳林堂書店 高田馬場店https://twitter.com/horindobaba/status/1432660627802116098

 

※写真は、沖縄県那覇市にある、ジュンク堂書店 那覇店さんでの展開

開催中(もしくは今後開催予定)の店舗は以下のとおりです。お近くで開催される店舗様がありましたら、ぜひ足をお運びください。

◆開催店リスト(※敬称略、開催日時順、2021年9月9日時点)

・三省堂書店 有楽町店(開催中)

・三省堂書店 神保町本店(開催中)

・ジュンク堂書店 那覇店(開催中)

・MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店(開催中)

・蔦屋書店 三年坂店(開催中)

・紀伊國屋書店 浦和パルコ店(開催中)

・MARUZEN 広島店(開催中)

・紀伊國屋書店 札幌本店(開催中)

・ジュンク堂書店 立川髙島屋店(開催中)

・紀伊國屋書店 グランフロント大阪店(開催中)

・文教堂書店 溝ノ口本店(開催中)

・丸善 多摩センター店(開催中)

・TSUTYA LALAガーデンつくば店(開催中)

・書泉芳林堂書店 高田馬場店(開催中)

・くまざわ書店 大手町店(開催中)

・丸善 金山アスナル店(開催中)

・ブックファースト アトレ大森店(開催中)

・ジュンク堂書店 大泉学園店(開催中)

・丸善 仙台アエル店(開催中)

・文教堂 人形町店(開催中)

・明正堂 アトレ上野店(開催中)

・三省堂書店 名古屋本店(開催中)

・MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店(開催中)

・ジュンク堂書店 三宮店(開催中)

・ジュンク堂書店 大阪本店(開催中)

・ジュンク堂書店 吉祥寺店(開催中)

・ブックファースト 阪急西宮ガーデンズ店(開催中)

・紀伊國屋書店 武蔵小杉店(開催中)

・紀伊國屋書店 横浜店(開催中)

・紀伊國屋書店 国分寺店(開催中)

・紀伊國屋書店 新宿本店(開催中)

・紀伊國屋書店 本町店(9月中旬開催予定)

・丸善 津田沼店(9月中旬開催予定)

・ジュンク堂書店 名古屋店(9月中旬開催予定)

・ACADEMIAくまざわ書店 橋本店(9月下旬開催予定)

・MARUZEN 名古屋本店(9月下旬開催予定)

・ジュンク堂書店 難波店(9月下旬開催予定)

・有隣堂 アトレ川崎店(10月上旬開催予定)

・大垣書店 イオンモール京都桂川店(10月上旬開催予定)

・紀伊國屋書店 流山おおたかの森店(10月上旬開催予定)

・紀伊國屋書店 梅田本店(10月下旬開催予定)

 

今回は、フェア企画の経緯や内容についてお伝えしてまいりました。次回は、このフェアで実際にセレクトされた書籍を、推薦コメントと共にいくつかご紹介していきたいと思います。

次回の更新をぜひお楽しみに!

『ティール組織』解説 嘉村賢州さん選書 【Tealこれからの組織はどう変わる?】ブックフェアを全国の書店で開催中!!

2018年1月の発売以来、ビジネスパーソンの間で大きな反響となった『ティール組織』

昨今、ブラック企業や過労自殺などの社会問題化や、リモートワークや副業など働き方が多様化するなかで、「働き方改革」が大きなテーマとなりました。

しかし、単に労働時間を減らしたり、多様な働き方を奨励したりするだけでは、本質的な解決に繋がらない、本質的な解決策は別の観点にあるのでは?という問題意識が拡がりつつあります。この点も、本書がより多くの方に読まれることとなったともいえるでしょう。

 

『ティール組織』では、多くの人が当たり前だと考えられていた、従来の「マネジメント」「組織運営」「上司と部下の関係」において、実は、それこそが大きな弊害を生み、副作用をもたらしていると指摘。さらに、その問題を打破するアプローチや世界各国で出現する次世代型の組織モデルを紹介しています。

発売以来、各方面から多くの反響の声が拡がり、より深く学びたいとの声も増え、講習会や勉強会を行うなど、各地で自発的な動きが生まれ続けています。

 

『ティール組織』の解説を担当され組織開発分野の第一人者でもある、嘉村賢州さんに『ティール組織』をより深く学ぶための書籍をご選書いただいたブックフェアが全国の書店で開催中です!

 

新しい組織形態の息吹を感じる事例を紹介した本、実践に向けて役立ちそうな本など、様々なカテゴリで、幅広くご選書いただきました。

 

また嘉村さんには、来店された読者のみなさんにメッセージもいただいております。

「なぜ今、ティール組織が話題になったのか?」「ティール組織がわたしたちにもたらすもの」について、分かりやすくご解説いただいています。こちらのメッセージパネルもあわせてぜひご注目ください!

 

本フェアは現在、全国40店舗以上もの書店様で開催が決定しております(一部は終了しています。)

経営者、マネジメント、人材開発部門の方はもちろん、今の自分の働き方、自分の会社のあり方に疑問を感じている方、『ティール組織』をより深く理解したい方、ぜひ、お近くの開催書店に足をお運びください!!

 

▼現在フェア開催中の店舗はこちら(順不同、敬称略)

・青山ブックセンター 本店

・ジュンク堂書店 池袋本店

・三省堂書店 神保町本店

・文教堂書店 浜松町店

・TSUTAYA 東京上野店

・中目黒 蔦屋書店

・HMV&BOOKS SHIBUYA

・東京大学生協 本郷書籍部

・TSUTAYA 三軒茶屋店

・有隣堂 町田モディ店

・文禄堂 高円寺店

・中目黒ブックセンター

・SHIBUYA TSUTAYA

・くまざわ書店 ACADEMIA港北店

・ブックファースト 青葉台店

・ときわ書房 本店

・須原屋 武蔵浦和店

・ジュンク堂書店 大阪本店

・MARUZN&ジュンク堂書店 梅田店

・文教堂書店 淀屋橋店

・大垣書店 烏丸三条店

・同志社大学生協 良心館ブック&ショップ

 

▼今後開催予定の店舗はこちら(順不同、敬称略)

・有隣堂 ヨドバシAKIBA店

・明正堂書店 アトレ上野店

・紀伊国屋書店 玉川高島屋店

・丸善 お茶の水店

・芳林堂書店 高田馬場店

・ブックスルーエ

・ジュンク堂書店 吉祥寺店

・崇文堂書店

・天一書房 日吉店

・有隣堂 たまプラーザ店

・未来屋書店 レイクタウン店

・梅田 蔦屋書店

・紀伊國屋書店 グランフロント大阪店

・紀伊國屋書店 本町店

 

また、今なら、英治出版オンラインで好評連載された【『ティール組織』わたしは今読んだ。】をまとめた小冊子を無料でプレゼント中!こちらも無くなり次第、終了ですのでお早めにどうぞ。

 

【開催店舗の書店さんよりツイートいただきました!】

・大垣書店 烏丸三条店様のTwitterより

https://twitter.com/sanjo_ogaki/status/1057903748435988481

・ジュンク堂書店 池袋本店様のTwitterより

https://twitter.com/junkuike_shakai/status/1064742478979289089

・ジュンク堂書店 大阪本店様のTwitterより

https://twitter.com/junkuosaka_sha/status/1059943273081450498

・MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店様のTwitterより

https://twitter.com/mjumeda/status/1061136370670952448

2018/2/18 『ティール組織』 出版記念 読書会&パーティーを開催いたしました! #ティール組織

新しい時代の組織モデルを紹介する本として、発売以来大きな反響を呼んでいる『ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現』。

本書の出版を記念して、去る2月18日(日)に読書会&パーティーがEIJI PRESS Lab(英治出版5階)にて実施されました。

発売前から大注目されている本書の発売記念イベントとあって、チケットはあっという間に完売、キャンセル待ちが出るほどの人気となりました。

当日前半のイベントとして実施されたのが、「Active Book Dialogue(以下ABD)」による読書会でした。スタッフ田中(ブログ筆者)は初体験のABD、興味深々で参加しました。

「ABDとは、1冊の本を参加者で分担して読み、要約をまとめて共有することで、気づきを深め、対話をするという、画期的な読書手法です。

本書の解説者であり日本におけるティール組織研究の第一人者 嘉村賢州さんが、当日のファシリテーターを務めていただきました。嘉村さんは、現在ABDの普及活動もされているそうです。

Active Book Dialogue公式サイト
http://www.abd-abd.com/

まず会の始めに、嘉村さんがABDの普及活動をはじめたきかっけや、ABDの魅力について語りました。通常の読書会以上に、インプットの質や参加者が得る体験の充実感がまるで違うというABDはたしてどんなものなのか、わくわくは止まりません!

 

もう一つのわくわく、それは、600ページ(!)にも及ぶ大著『ティール組織』を、わずか数時間で読破できる、という一人だと絶対なしえないような読書体験ができるということ。

ABD初心者の方や、ゆっくり味わって読みたいという方には、少ないページ数を担当してもらうなどの工夫もされています。それぞれが自分の担当のパートを選び、早速読書がスタート。 読み終えたら「深く印象に残った部分を中心に」用紙にまとめて書いていきます。すべての要約を書いていくのではなく、「印象に残ったことを書く(伝える)」というのがポイントだそうです。

今回はABD初心者の方も多くいらっしゃり、まずは練習として約100ページほどを皆で読み込みました。

    

頭を使う作業なので、甘いものは必須(笑)。

 

一人ひとりがまとめた紙をホワイトボードに並べます。ずらっと並べると壮観!プレゼンリレーのスタートです。

参加者の皆さんがまとめたプレゼンは、本当に分かりやすく、本書の内容がすんなり頭に入っていくことに、とても驚きました!! しかも、、、皆さん、プレゼンが本当にお上手!

全てのプレゼンが終わると、自然に拍手が沸き起こります! まずは100ページを読破。『ティール組織』の内容への感動もさることながら、自然と参加メンバーの間に、達成感や連帯感が生まれ、これがABDなんだ!と感激は止まりません。

後半は、いよいよ500ページ!コツをつかんだところで、先ほどよりは少し長めの読書時間を設け、同様にプレゼンをまとめていきます。

発表は前半同様に進められ、最終的に600ページ読破!!

 

後半は、本書を翻訳した鈴木立哉さん、嘉村賢州さん、また本書の出版にご支援くださった方々をお迎えして、【出版記念パーティー】が実施されました。

鈴木さんによる本書出版への思いや、嘉村さんによる「ティール組織」との出会いのお話、またABDイベント参加のみなさんによるプレゼンリレーなども行われ、熱気と、発刊の喜びに溢れた楽しい時間となりました。

ご参加いただきました皆さま、本当にありがとうございました!

また本書発行をきっかけに、様々な皆さんから様々なお声も生まれています。現在の組織のあり方や、自分たちの働き方、生き方についてまで、思いを馳せるきっかけとなっている本書『ティール組織』。今後も皆さまの様々な課題や関心に応じて、ご活用いただけると幸いです。

『サーチ・インサイド・ユアセルフ』刊行記念セミナー、福岡・TSUTAYA BOOK STORE TENJIN様で開催しました!!

8/7(日)、福岡のTSUTAYA BOOK STORE TENJIN様で、大好評発売中の書籍 『サーチ・インサイド・ユアセルフ』の出版を記念したセミナーを開催しました。

SIYセミナー_TSUTAYA天神3

今回会場となったのは、TSUTAYA BOOK STORE TENJINに併設されている、「福岡市スタートアップカフェ」さん。「本屋の中にある起業できるカフェ」だそうです。
http://startupcafe.jp/about/index.html

本屋の中にある起業できるカフェ

起業を志す人なら会社員、学生、主婦、どなたでも無料でコンシェルジュに相談することができるそうです。また、店内3万冊のビジネス書を自由に持ち込みOK。無料WIFIや、電源、コピー機も完備だそうです!

そんな志を持った人が集う空間「福岡市スタートアップカフェ」に、「マインドフルネス」や「サーチ・インサイド・ユアセルフ」を体感したい!という志を持たれた方々が集合しました!日頃、このカフェを利用していて、偶然今回のイベントを知って下さった方もちらほら。

先月、大阪の梅田 蔦屋書店さんで行われた刊行記念セミナーと同様、今回も講師として本書の監訳メンバーで、また日本における数少ないSIYの認定講師でもいらっしゃる荻野淳也さん(一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート)をお招きしました。

SIYセミナー_TSUTAYA天神1

今回のワークショップももちろん体感型イベント。参加者の皆さんは、お互いにワークや対話を通じ、さまざまな気づきや学びを体感されたようです。

今回のイベントでの新たな気づきは、参加者同士におのずと交流が生まれる、ということ。
今回のイベントでは「マインドフル・リスニング」というワークを行いました。このワークは、二人がペアになり、交互に相手の話に耳を傾ける、というもの。単純なワークと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、聞く側は相手の話に意識を集中しなければなりません。ついつい、相手の話の途中で、自分が口を挟みそうになることもしばしば。

書籍『サーチ・インサイド・ユアセルフ』で、著者チャディー・メン・タンはこう書いています。

私たちは、七週間のSIY講座の最初に、よくこのフォーマルなエクササイズをやる。参加者はたいてい、お互いに知らない人 どうしだ。そして、このエクササイズの最後に、参加者からこう言われることがよくある。「この人とは六分過ごしただけですが、もう友達です。仕切りの隣同 士で何か月も仕事をしていながら、お互い知りもしない人がいるというのに」。これこそ注意力の威力だ。注意をすべてむけるという贈り物を六分間与え合うだけで、友情を育むには十分なのだ。

相手に対して「注意をすべてむける」という贈り物。私たちは日常の中で、これが十分でないと感じることが、案外多いかもしれません。このワークを行うことで改めて気づくことができるでしょう。そして、こうした「注意力」を持った「思いやり」が、人同士のつながりを育んでいく上で、非常に大切だということも学びました。
イベントが終了しても、お互いに親睦を深めあう姿を目にすることができ、とても温かい気持ちになりました。こうして生まれた小さな「つながり」が、皆さんの生活をより豊かなものにするきっかけとなってくれれば幸いです。
また、企業の人材開発を担当されている方のご参加もあり、「サーチ・インサイド・ユアセルフ」が起業や社会を変える新しい取り組みとして、ますます注目を集めているのだとも実感します。
荻野さんが代表を務めていらっしゃる一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュートが10月に行う「サーチ・インサイド・ユアセルフ コアプログラム2日間」への参加をお考えの参加者の方もいらっしゃり、今回のイベントでますます「マインドフルネス」や「サーチ・インサイド・ユアセルフ」に関心をもっていただいたようでした。もう少し深く知りたい!という皆さんはこちらへのご参加もいかがでしょうか?
http://mindful-leadership.jp/siy/

講師の荻野さん、ご参加くださった皆様、TSUTAYA BOOK STORE TENJINのスタッフの皆様、福岡市スタートアップカフェの皆さま、本当にありがとうございました!また近々お会いできる日を楽しみにしております。

SIY展開_TSUTAYA天神2

システム思考を体感しながら学べる ”ワークショップ” 関西・梅田蔦屋書店で2月20日(土)開催決定!

物事がどんな「つながり」で出来ているかを広い視野で見つめることで
問題が起きる根本的要因を見出し、解決していく「システム思考」。

なんとなく理解はできるけど、なかなか実感できない……、
実際に役立てられたらいいのに……、などと感じられている方、
たくさんいらっしゃると思います。

このアプローチについて紹介したエッセイ集
『システム思考をはじめてみよう』の発売を記念して、
システム思考を体験できるワークショップを開催いたします!

システム思考を体感しながら学べる ”ワークショップ”
「いま一番やりたいこと」を実現するために、
システム思考をはじめてみよう!

9784862762191

 

——————————————————————————–
システム思考を体得するメリット
・「新しいものの見方」を提供してくれる
・視野を広げ、私たち自身の”思い込み”を明らかにする
・日々のニュースや新聞、出来事の本質を掴めるようになる など
———————————————————————————

 

今回は、日本におけるシステム思考の第一人者と言われ、
世界中のシステム思考家たちと長く交流し続けている
枝廣淳子さんを講師にお迎えします。

枝廣さんプロフ写真 新

[講師プロフィール]
●枝廣淳子(えだひろ・じゅんこ)

幸 せ経済社会研究所所長。イーズ代表。チェンジ・エージェント会長。東京都市大学教授。東京大学大学院教育心理学専攻修士課程修了。講演、研修、執筆、テレ ビ出演ほか、企業の社会的責任(CSR)などのテーマで企業の変革コンサルティングを実施している。2012年からブータン国王が主宰する豊かさと幸福を 考える国際専門家作業グループに参加している。デニス・メドウズをはじめとする世界のシステム思考家とのネットワークを築き、『システム思考をはじめてみ よう』、『世界はシステムで動く』(英治出版)、『成長の限界 人類の選択』(ダイヤモンド社)、『システム思考』(東洋経済新報社)を翻訳。

 

===============================================

ワークショップのテーマは、「いま一番やりたいことを実現する」。

たとえば、英語を勉強したい、運動をして健康になりたい、
もっと自分の仕事が上手にできるようになりたい等々…

自分が一番やりたいと思っているのに、
なかなか実現できていない原因を、実際にシステム思考のツールを使いながら解き明かしていくワークショップです。

講師の枝廣さんと参加される方の距離が近く、
直接アドバイスをいただけるような機会をつくりたいと考え、
15名限定といたしました。

システム思考を体感しながら学べる ”ワークショップ”
「いま一番やりたいこと」を実現するために、
システム思考をはじめてみよう!

本イベントを通して、システム思考の豊かな世界を
ぜひ体感していただければと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――

<進行スケジュール>

13:00~13:05 講師自己紹介
13:05~13:10 アイスブレイク
13:10~13:30 システム思考って何?
13:30~13:50 いま一番やりたいことを書いてみよう
13:50~14:10 いま一番やりたいことを実現するのを阻む要因はなんだろう?
14:10~14:40 ループ図を書いてみよう
14:40~15:00 Q&A

<募集要項>

★【15名限定!】★
『システム思考をはじめてみよう』刊行記念
システム思考を体感しながら学べる ”ワークショップ”
「いま一番やりたいこと」を実現するために、システム思考をはじめてみよう!

【日時】2016年2月20日(土)13:00~15:00(開場12:45)

【会場】梅田 蔦屋書店 会議室 shimei

会議室

大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ9F(06-4799-1800)
http://real.tsite.jp/umeda/

【定員】先着15名様

【参加費】4000円

【共催】
梅田 蔦屋書店 http://real.tsite.jp/umeda/
英治出版 http://www.eijipress.co.jp/

【お申し込み】
●梅田 蔦屋書店ヤフー店【共催】
http://store.shopping.yahoo.co.jp/umd-tsutayabooks/even2016022013001500b.html
※梅田蔦屋書店店頭でもお買い求めいただけます。