「Angle」カテゴリーアーカイブ

人・組織・社会の未来を創る「コ・クリエーション(共創)」の実践者、三田愛氏を英治出版フェローにお迎えします。

英治出版株式会社(東京都渋谷区、代表取締役・原田英治)は、2019年6月12日より、三田愛氏を当社フェローにお迎えすることを決定しましたので、お知らせいたします。

英治出版フェロー制度とは、類まれな知見や能力を持つ人材とのパートナーシップを促進することにより、当社の既存事業の枠を超えた社会的インパクトを創出するための取り組みです。

2018年1月に岩佐文夫氏(元DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集長)が最初の当社フェローとして就任。今回が二人目のフェローです。

三田氏のフェロー就任を機に、当社はこれまで以上に多様な個人・組織・企業等とのコ・クリエーション(共創)やコミュニティの育成・進化に取り組んでまいります。

三田愛(SANDA, Ai)

人・組織・地域・自然などあらゆる存在が、本来持つギフト/可能性を最大限発揮することで、奇跡のような未来が出現するプロセスを研究・実践(様々な地域での講演やファシリテーション多数)。
地域イノベーター、首長、企業経営者、官僚、農家、クリエイター、大学教授、社会起業家など、多様なリーダーとのコ・クリエーション(共創)を通じて、地域・社会のホールシステムチェンジに取り組んでいる。官公庁での各種委員なども務める。米国CTI認定プロフェッショナル・コーチ(CPCC)。
木や山など自然をこよなく愛し、住まいは東京と葉山の2拠点生活。男児の母。特技は30年以上続ける書道(10段)。式典などのパフォーマンス書道も務める。神戸市出身。慶應義塾大学卒業。

●本件に関するお問い合わせ先
英治出版株式会社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル4F
TEL:03-5773-0193 担当:山下(yamashita[at]eijipress.co.jp)

甘くないチョコレートの歴史を知っていますか?

さて、皆さんはチョコレートについてどれくらい知っていますか?

この記事では、決して甘くはない、ビターなチョコレートの歴史を、『チョコレートの真実』(著:キャロル・オフ)から紹介してみたいと思います。

53e79f5ba594598a7060d5c77e6ffd5d_s

 

 

「神々の食べ物」の起源

 

チョコレートの原料・カカオと言うと、コートジボワールやガーナという“アフリカ”のイメージが強いかもしれません。

実際に、2013〜14年のカカオの生産量は、コートジボワールが161.0万トンで世界第1位(シェア38.7%)、ガーナが85.0万トン(20.4%)で第2位。

両国合わせて世界の生産量の約6割を占めています。

▼世界国別カカオ豆生産量推移
http://www.chocolate-cocoa.com/statist…/cacao/product_w.html

 

ところが、歴史を辿っていくと、実はカカオの原産地はアフリカではありません。

その起源は、紀元前1200年頃のメソアメリカ(メキシコ〜中央アメリカ北西部)にありました。

1024px-Mesoamérica
メソアメリカ

 

この地域に現れたオルメカ文明において、女性達が主人に差し出す飲み物に加えたもの…

それがカカオでした。

高い栄養価・覚醒作用・癒しの力があると信じられていたこのチョコレート風の飲料を口にできたのは、ごく一握りの上流階級だけ。

続くマヤ文明やアステカ文明でも、「カカワトル(カカオの水)」は受け継がれてゆきました。

やがて、神聖なこの飲み物は宗教儀式や神々と結びつき、カカオの豊かな収穫を願って捕虜の人間たちは生け贄に捧げられていったそうです…

カカオの木の学名「テオブロマ・カカオ」は、ギリシア語で「神々の食べ物」を意味すること、

また、カカオは公式通貨として使われた過去があることなど、

昔からカカオには単なる食べ物以上の深い意味があったのです。

80dd5d91bf828c754810c8d58cc321cc_s

 

 

過酷な奴隷労働の上に

 

しかし、これらの文明は、大西洋を渡って来たスペインの遠征軍によって破壊され、植民地として支配されるようになってゆきます。

カカオはスペインに伝わり、次第にヨーロッパに広がってゆきました。

チョコレートの需要がヨーロッパで拡大すると(※当時はまだ固形の食べ物ではなく飲み物として親しまれていた)、生産量を上げるために、植民地のカカオ・プランテーションでは事実上の奴隷制度のような重労働が強いられるようになりました。

天然痘やはしかの流行に加え、このような過重労働や虐待によって生産人口は激減します(一説では、人口の90%が死に追いやられたという推計すらあるそうです)。

その労働力不足を補うために投入されたのが、アフリカからの奴隷たちでした。

こうして、ヨーロッパは三角貿易を確立します。

ヨーロッパからアフリカへ武器を中心とした商品を、アフリカからアメリカ大陸へ奴隷を、アメリカ大陸からヨーロッパへ砂糖・綿花・そしてカカオを…

triangle2

 

 

人権を謳いながら…

 

この三角貿易によって栄えたヨーロッパに啓蒙主義の時代が訪れます。

ロック、ヴォルテール、ルソー…

ヨーロッパ各国に現れた思想家たちは、人間の自由・平等・博愛を説いてゆきます。

このヴォルテールが思索にふけり、議論を交わし合ったという店があります。

その店は、ロンドンのセント・ジェームズ街にある「ココアツリー・チョコレートハウス」でした。

人間の向上を目指し、人権の擁護を謳いながら飲んでいたもの…

それは、遠い地の奴隷たちが汗と血を流して作っていたチョコレートだったのです。

141643940221589535178_Voltaire
啓蒙主義者、ヴォルテール

 

 

アフリカへ

 

19世紀半ばになると、アメリカ大陸の植民地におけるカカオ生産量が壊滅的に激減します。

理由は、過剰生産と粗雑な管理によるカカオの病害でした。

しかし、カカオ商人たちは、赤道の南北緯20度以内の高湿な低地であればカカオの生産は可能であることを知ります。

そこで発見された次の生産地がアフリカだったのです。

アフリカは、かつてカカオ生産のためにアメリカ大陸に奴隷として輸送された人々が生まれ育った国です。

ヨーロッパは、今度はカカオをアフリカへ持って行ったのです。

こうして、コートジボワールやガーナでは現在まで続くカカオ生産が行われるようになりました。

アフリカ

 

 

今とこれから

 

現在でも、カカオ生産の現場では児童労働が行われている場所があると言われています。

彼らの多くは、輸出先でカカオがどう使われているのかを知らずに作り続けているそうです。

私たちはこの現実に対して何をすべきでしょうか?

そのヒントは、歴史と現実をしっかりと見つめることかもしれません。

『チョコレートの真実』は、そのための一冊です。

9784862760159
『チョコレートの真実』

米倉誠一郎先生に『エクセレント・カンパニー』への推薦コメントをいただきました!

皆さん、『エクセレント・カンパニー』という本をご存知でしょうか。

世界的なコンサルティング会社マッキンゼーのコンサルタント、トム・ピーターズとロバート・ウォータマンが「優れた企業の本質とは何か」という普遍的でかつ困難な問いに挑んだ、ビジネス書の名著です。

1983年に講談社から出版され、その後絶版となっていたため、2003年に英治出版から復刊しました。復刊から10数年経過しましたが、着実に売れ続けているロングセラーです。

この文章を書いている私(平野)は、2016年7月に英治出版に入社した新入社員です。残念ながら入社までこの本の存在は知りませんでしたが、社内で手に取ってみたところ、これが面白かったのです。

もっと多くの人に読んでもらいたいなと思っていた矢先に、米倉誠一郎先生がこの本に多大な影響を受けたということを、偶然知りました。

米倉先生は一橋大学イノベーション研究センターの教授をされている経営学者。経営史というアカデミックな知見をもとに、これからの日本がどの方向に進むべきかについて様々な提言をされています。また、研究にとどまらず、ひとりひとりの小さな変革が日本を変えていくという観点から、多くのイノベーターの背中を押すような活動もされています。

多分野で活躍されている米倉先生に推薦のコメントをいただければ、さらに多くの人にこの本を届けることができるのではないか。そう考えて、推薦を依頼しました。

メールを送り、緊張しながら返信を待ちました。すると、30分経たないうちに返信があり(!)、ご快諾。

そして後日、推薦のコメントが届きました。とても力強いコメント。

出来上がった新しい帯がこれです!

帯_表_Up

帯_裏_Up

直接お礼を言いたくて、出来上がった帯付きの本をお届けに。お会いするのは初めて。とても緊張しましたが、気さくに迎え入れてくださり、緊張もほぐれました。話をしていると、こちらの体温がグッと上がるような感覚があり、こうやって多くの人を鼓舞されてきたんだろうなと先生のファンの一人として感激しました。

20170120_米倉先生1

米倉先生と『エクセレント・カンパニー』との出会いは1980年代中頃のこと。「アメリカにいるときに読んだんじゃないかなぁ」とおっしゃっていました。そのときの衝撃はすごかったらしく、今までに読んだ本の中で最も影響を受けた本の一つだそうです。

そして、こんな言葉をいただきました。

ずっと支えにしてきたこの本に推薦コメントを寄せることができてとても嬉しい。本当にありがとう。

こちらから推薦のお願いをしたにもかかわらず、このようなお言葉をいただき、本当にありがたい限りです。米倉先生に推薦をお願いして本当に良かった。

本書の魅力についてお話をさせていただく中で、米倉先生がおっしゃった印象的なことばをひとつご紹介しましょう。

この本の中でエクセレント・カンパニーとして取り上げられている会社のいくつかが、もうダメになってしまっているのが、またいいんだよな。

????

普通はマイナスになってしまいかねないこの要素に対して、米倉先生は「本質はそこにはない」と考えていらっしゃるようです。

さて、米倉先生のこの言葉の真意とは。そして、この本の本質はいったいどこにあるのでしょう。

関心を持たれた方は、是非、この本を手に取ってみてください。それぞれの観点からこの本を読んでみていただければ、きっと、何らかの気づきを得ることができるはずです。

『エクセレント・カンパニー』

『夢とスランプを乗りこなせ』著者来日記念イベントと読者モニター募集のお知らせ

現在、イギリス・ロンドンから『夢とスランプを乗りこなせ』著者、ベン・タロンさんが来日中です。先週は京都に宿泊され、関西の街を楽しまれながら、スタンダードブックストア心斎橋さんでトーク&ライブペインティングイベントをおこないました。

スタンダードブックストア心斎橋さんでの様子をお伝えするとともに、今週末11月26日(土)に青山ブックセンター本店さんで開催するイベントのご案内をいたします。
また本書の読者モニターも募集いたします。

It really is beautiful to meet so many amazing people

“たくさんの素晴らしい人たちに会えて、本当に嬉しかった”

先週末に行われたスタンダードブックストア心斎橋さんでのイベントを終えたベンさんからいただいた感想です。

イベント当日は、著書『夢とスランプを乗りこなせ』の内容に沿いながら、「予算ゼロのセルフプロデュース術」についてお話していただきました。トークの後は、それぞれの悩みを抱える参加者の方から質問が飛び交い、ベンさんはおひとりおひとりにとても丁寧に答えられていました。

また、参加者のみなさんが大変ユニークでおもしろく、ベンさんも下の写真にあるように大笑いをしながら、みなさんと一緒にとても楽しんでいらっしゃいました。

ライブペインティングでは、「大阪の街で気になったもの」をテーマに描いてくださいました。ベンさんは、「誰も気にも留めないような小さなこと」を描かれることが多いのですが、今回のライブペインティングでもそのようなイラストを描いていただきました。

(『夢とスランプを乗りこなせ』の書籍ページはこちらです。)

11月26日(土)開催のイベントのご案内

大阪でのイベントに続いて、今週末の11月26日(土)には、青山ブックセンター本店さんで「自分のクリエイティビティを仕事にする」をテーマにベンさんとイラストレーターの関川恵さんの対談イベントを開催します。

対談では、活動する地域も作風も異なるふたりのクリエイターのそれぞれの経験を赤裸々に語っていただきます。参加者の方とお話するのをとても楽しみにされているおふたりなので、フリーランスとしていろいろ悩みを抱えていらっしゃる方や自分でなにかを生み出していく、つくりあげていくことに挑戦をしている方などにぜひおこしいただければ幸いです。

【日時】 2016年11月26日(土)18:00-19:30 (開場17:30)
【会場】 青山ブックセンター本店
【参加費】 1,080円(税込)
【申込】 http://www.aoyamabc.jp/culture/bentallon/

 

『夢とスランプを乗りこなせ』の発売に伴い、読者モニターを募集いたします。レビューを書いてくださる方には本を無料で贈呈します。(抽選で5名様) ご応募の方法や受付はこちらからお願いします。

応募締切
2016年11月27日(日)23:59まで
※表紙は、ベンさんが日本語版のために描きおろし、英治出版デザイン室と何度もやりとりをしながらつくりました。表紙左上のやかんのイラストは、日本仕様です。

TICAD閉幕 安倍首相「アフリカは、世界の希望を担う大陸です」 

2016年8月27日28日に、ケニアで開催されたTICAD(アフリカ開発会議)。約100の日本企業・団体が参加しました。
閉幕後のニュースでは、安倍首相のこんな言葉が、見出しにあがりました。

アフリカは、世界の希望を担う大陸です。

 

TICADでは、日本は政府と民間合わせて3兆円規模の投資をアフリカに行うことも表明されました。

みなさんは、アフリカを「世界の希望を担う大陸」だと思いますか?

アフリカといえば…

先日、英治出版が日本の一般の方458人に行ったアンケート。
「アフリカといえば思い浮かべること」への回答ベスト3は、この3つでした。

1位 大自然 
2位 貧困
3位 紛争

(※Webサイト「BOOKFAN」にて2016/8/25-26にかけて実施)

「最後のフロンティア」と呼ばれてはいるものの、ビジネスチャンスや希望といったイメージは、まだそこまで浸透していないようです。

これまで目にしてきた戦争、あって当然のものとみなしている貧困、愛想を尽かしたくなるような政府などの側面からアフリカについて考えると、核心を見失ってしまう。

そう語るのは、ナイジェリア系アメリカ人2世で全米で注目されるジャーナリストのダヨ・オロパデ氏。

アフリカ各国の人々への豊富なインタビューと知見をもとに、新しいアフリカの見方を提示する彼女の主張は、「人口が多い」、「若者が多い」、「ブルーオーシャン」といった、これまでのアフリカのチャンスの話とも、また少し違います。

世界144ヶ国で愛用されているのに、89%の日本人は知らない?

たとえば、彼女が紹介するのは、「失敗国家」と呼ばれるソマリア発の金融サービス企業、ダハブシール。

先程と同じアンケートでは、89%の方が名前も聞いたことがないという回答でしたが、ソマリアのような他の金融機関が機能していない土地にも送金できるサービスとして、アフリカからの移民たちをはじめ、世界144ヶ国で愛用されています。

そして、ダハブシールの成功に目をこらすと、人々の生活と密接に関わる圧倒的なニーズに応えるビジネスの力、世界にも広がる強固な人的ネットワークといった、「アフリカにある希望」を構成する要素が見えてくるのです。

「アフリカにある希望」とは?

そんなまだあまり認識されていない「アフリカにある希望」を紹介しているのが、ダヨ氏の著書『アフリカ 希望の大陸』です。
IT、金融サービス、農業病院、教育など、事例の分野と規模はさまざま。

アフリカの政府はなぜうまくいかないのか、
いわゆる先進国のビジネスや援助がいかに希望を見逃してきたか……
といったアフリカでビジネスやプロジェクトをするうえで、気になるポイントも語られています。

「アフリカにある希望」って、なんだろう?
そんな疑問を持った方は、ぜひご一読ください。

【目次】
第1章 方向感覚――なぜアフリカの新しい地図が必要なのか
第2章 カンジュ――天才と犯罪者の間を歩く、アフリカ流生存戦略
第3章 しくじり国家――アフリカの政府はなぜうまくいかないのか
第4章 ほしくないもの――アフリカにとってのありがた迷惑
第5章 家族の地図――アフリカ人は元祖ソーシャルネットワークに生きる
第6章 テクノロジーの地図――アフリカのデジタル革命に学ぶこと
第7章 商業の地図――商取引から見えるアフリカの明るい未来
第8章 自然の地図――アフリカの食糧と資源が世界を変える
第9章 若者の地図――走り出すアフリカの新世代
第10章 二つの公的機関――結局、誰に責任がある?