「EIJI PRESS Lab」カテゴリーアーカイブ

えいじらいぶらり meet up!を開催しました。

2012年に誕生したEIJI PRESS Labは「Lab」という名のとおり、いろんな実験をしたり未来が生まれたりする場にしたいという想いからつくりました。普段は、私たちが会議で、また社内外の人たちによるイベントスペースとして使っています。今では年間100回以上の利用があるEIJI PRESS Labですが、まだまだできることがあるんじゃないか・・・と考えていたところ、社内で出てきたアイデアが「Labをライブラリーにするのはどうだろう?」というものでした。

Ns_002_v2

仮名「えいじらいぶらり」として、どんなライブラリーだったらいいか、英治出版オリジナルのライブラリーってなんだろう。そのヒントを読者のみなさんと一緒に探りながら、イチからえいじらいぶらりをつくっていこう、ということで4月26日(火)にイベント「えいじらいぶらり meet up!」を開催しました。

meetup1

今回のブログは、meet up当日の様子をご紹介し、今後「えいじらいぶらり」がどういうものになり得るか、その方向性について書きました。meet upには参加していないという方も、この記事を読みながら「どんなライブラリーだったら嬉しいか」を一緒に考えるきっかけになれば嬉しいです。

 

さて、当日は13名の方がmeet upにお越しくださいました。恵比寿グルメやピザを食べながら、そして飲みながら、和やかな雰囲気でスタートしました。まずは全員で自己紹介。普段のお仕事や取り組まれている活動、また、なぜ今回meet upに参加してくださったのかをお話していただきました。

meetup5

みなさんの自己紹介を聞いていて、いいなぁと思ったのは、それぞれのお仕事や取り組まれていることは違っていて、日常では普通、集まるはずのない人たちが集まっていることです。ある人はIT関連の会社に務められていて、ある人は経営コンサルティングに携わっている。またある人は、フリーランスでお仕事をしていたり、NPOで活躍されていたり。じゃあどうしてみなさんがmeet upに集まったかというと、英治出版の本や英治出版のことを知ってくださっていた、「つながり」という今回のmeet upのキーワードに関心があった、また上司から参加を勧められた・・・など、きっかけもまたさまざま。普段していることも、今回のイベントに参加したきっかけも、みんなバラバラだけど、その中でこうしてみなさんが集まったことがすごいなぁと思ったと同時に嬉しく思いました。

 

次に3つのグループにわかれて、どんなライブラリーになったらいいかを考えるための素材として、「つながり」ってそもそもなんだろう?いい「つながり」ってなんだろう?本と人の「つながり」ってどういうものがあるだろう?ということを考え、それを共有し合いました。また、具体的にこんなライブラリーだったらいいなというアイデアも聞いたりしました。さて、どんな考えがでてきたのか。その一部を並べてみたいと思います。

meetup4

つながりってなんだろう?

・安心・信頼できる場で、異なる多様な価値観に触れられること。

・新しいアイデアが生まれること。

・ネットワーク理論的にいえば、時間、相互性、親密性、感情が関係性にあるかどうか。その関係性が弱い(ゆるい)ものもあれば、強いものもある。

・強いつながりもゆるいつながりもあるが、どちらもあっていいもの。

・自分の興味、関心、やる気によってつながりは広がっていくもの。つながりがつながりを生んでいく感じ。そして、その一部には深くなっていくつながりも生まれる。

・つながりが強すぎると内になりすぎるリスクがある。オープンさとのバランスは結構、重要なのではないか。

 

あなたにとっていいつながりとは?

・学びがある、学びが増えるつながり。

・意識を共有しているつながり。同じ方向を向いているつながり。

・相手にとっても自分にとっても、お互いが学びあえたり、刺激しあえたり、Win-Winの関係が生まれるつながり。

 

本と人とのつながりとは?

・関係がはじまるきっかけ。

・人生の転機で出会った本。それを紹介してくれた人のつながりも、その本とのつながりも大切。

・同じ本をどう捉えるかで、人となりが見える。

 

えいじらいぶらりがどんな場になるといいか?

・答えを求めずに、好き勝手言える場。

・自分が持っていない知識、考え、情報を、お互いに交わし合うことができる場となってほしい。自分の苦手(というか専門外)な知識はとても興味深いから。

・自分にとって勉強になるような、刺激になるような、そういう人たちとつながれる場所になれば嬉しい。

 

えいじらいぶらりの具体案は?

・棚展示を「つながり」や「ストーリー」が感じられるものにしてみると面白い。

・ライブラリーに来たひとが1冊置いていって、英治出版の本と交換ができる。

・日時のみ設定をしておいて、自由に発表ができる場にする。事前にこういう人が集まります、とアナウンスするもよし。いろんなひとが集まるフックになるかもしれない。

・読書会などを行って、ホワイトボードに感想を書き残しておく。しばらくそれは消さずに置いておく。

・1冊の本を起点として想像する、関連する話をする場にする。あるいは、起点が本じゃなくてもいいかもしれない。

・脱線読書会。「起点となる本」を決めて、そこから想起する本を持ち寄る読書会。「脱線」がキーワード。ネット書店の「おすすめ欄」では、出会うことのできない意外な本に出会うことができる。

・まざる読書会。ラボで、同時に2つの読書会を開催。途中で、別の本の会の人たちがまざる。

meetup3

meet upのなかで話し合われた一部をご紹介しましたが、ほかにも色んなたくさんの考えを聞かせていただきました。全体として受けた印象が、みなさんの知的好奇心の旺盛さでした。また、キーワードとして頭に浮かんだのが「前進」とか「未来」「ポジティブ」といったものでした。

 

meet up当日でのお話や受けた印象をもとに、もう少し考えをブラッシュアップして、単なるカフェやライブラリーじゃない、英治出版オリジナルのライブラリーをつくりたいと思っています。カフェだと、隣の人に話しかけるなんてことはなかなかできない。でも、えいじらいぶらりならできる。ライブラリーだと、あまり積極的にそこにいる人たちと話はできないけど、えいじらいぶらりならできる。そんな、ありそうでなかったライブラリーになればと思います。

 

最後に、今回のmeet upにご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました!場の設計など、至らない部分がたくさんあったと思いますが、あたたかくサポートしていただいたり、ときにリードしてくださって、大変助かりました。ありがとうございました!

 

この記事を読んでいただいたみなさんのなかでも、EIJI PRESS Labのライブラリー化計画についてお考えや希望がありましたら、ぜひコメントをいただければ嬉しいです。こちらのメールpr@eijipress.co.jpでも受け付けていますので、どうぞよろしくお願いいたします!

meetup2

5つのテーマで開催してきたU理論セミナー全5回が終了しました。

昨年10月より開催してきたU理論セミナー「U理論を日常で活かせるように実践的に学ぼう」。日本におけるU理論の第一人者であり、『U理論』の訳者でもある由佐美加子さんと中土井僚さんを講師としてお招きし全5回を実施しました。

 

1回1テーマで開催し、取り扱ったテーマは以下のとおりです。

第1回:U理論×自己変容と進化

第2回:U理論×組織のマネジメント

第3回:U理論×イノベーションを創造する

第4回:U理論×リーダーシップ

第5回:U理論×人と人の関係性

 

『U理論』がお手元にある方はご存知のとおり、内容が幅広く、厚みがあり、理解しきるのがとても難しい本です。そこで、多くの方が仕事や生活の中で触れそうな問題にU理論はどう活かせるのか、という観点からテーマを設け、U理論への実践的な理解を深められる、日々の暮らしのなかに取り入れやすい内容をめざして、この連続セミナーを企画しました。

 

IMG_0159

 

毎回、約20名という小規模なグループで開催し、全回あわせて68名の方にご参加いただきました。(複数回ご参加された方もいらっしゃいます。)どの回も講師と参加者、また参加者のみなさん同士が密にお話をされていたことがとても印象的でした。U理論を理解している、あるいは自分の生活に取り入れているレベルは、参加者によってそれぞれに違っていたと思います。だからこそ、密に話をして、お互いに補完し合い、学び合っているように感じました。

 

U理論①_2 (2)

 

本を読むというのは、ひとりでする作業なので、1つわからないことがあるとなかなか前に進めなかったりするものです。『U理論』のような本は特に。講師から学んで、また参加者の方から学んで、自身も言葉にして理解や自身の関心を表現する機会として、これからもこのようなセミナーを開催していけたらいいなと思いました。

 

U理論セミナーは少人数での開催だったので、参加が叶わなかったという方もいらしたと思います。普段、由佐さんと中土井さんはそれぞれにU理論を用いたワークショップなどを行う活動をされていますので、ご関心のある方はぜひコンタクトしてみてください。

 

DSC_0014 (2)

 

全5回のすべてでお話されていたU理論の「在ることをそのまま見る、感じる」について、最後に少しだけ紹介したいと思います。

わたしたちの生活は人との関係性があるから成り立っていると言っても過言ではありません。でも、だからこそそのことで悩むことがたくさんあると思います。

たとえば、「彼はいつも怒ったようなものの言い方をする」と思っている人がいるとします。そうすると、「彼とあまり話したくないな」「あまり関わりたくないな」などネガティブなことを思ってしまうと思います。やがて、彼とわたしのあいだには見えない壁ができてしまいます。

ですが、U理論の「在ることをそのまま見る、感じる」をやってみると、こういう違いがでてきます。彼のことを「いつも怒ったようなものの言い方をする」と断定する自分自身の見方をいったん保留して、「彼は怒っているようだと私は感じている」というふうにとらえなおし、「でもそれは私の勝手な思い込みかもしれず、実は彼はただ熱心なだけなのかもしれない」「私に対して怒っているのではなく、自分の発言に対して不安を覚えているのかもしれない」といった見方に移行することで、相手に歩み寄ろうとすることができます。

相手とわたしのあいだに壁をつくることはとても簡単で、ある意味とても楽な道かもしれません。だけど、そこに在ることをそのまま見て、感じるというシンプルなステップを踏むことで、相手とわたしのあいだに壁をつくらずに済むかもしれないのです。

 

こんなふうにして、由佐さんと中土井さんはわたしたちの日常で使うことができるU理論を教えてくださいました。由佐さんは10月から全5回、中土井さんは最後の2回、講師を務めていただき本当にありがとうございました。また、参加いただいたみなさんもありがとうございました!

 

U理論①_3

 

  • 講師プロフィール

由佐 美加子(ゆさ・みかこ)
合同会社CCCパートナー。米国ケースウェスタンリザーブ大学経営大学院で組織開発修士号を取得。グローバル企業の人事部マネジャーとして人材・組織開発を担った後、2014年に合同会社CCCを設立。競争と分断を越えたCo-creation(共創造)を個人の人生や企業組織、社会に創り出すプロセスを提供している。共訳書にC・オットー・シャーマー著『U理論』、『出現する未来から導く』(ともに、英治出版)。

中土井 僚(なかどい・りょう)
リーダーシップ・プロデューサー。オーセンティックワークス株式会社代表取締役。一般社団法人プレゼンシングインスティチュート・コミュニティ・ジャパン理事。「自分らしさとリーダーシップの統合とコ・クリエイション」をテーマにU理論をベースとしたリーダーシップ開発と組織開発に従事。著書に『U理論入門』(PHP研究所)、マンガでやさしくわかるU理論』(日本能率協会マネジメントセンター)共訳書にC・オットー・シャーマー著『U理論』、『出現する未来から導く』(ともに、英治出版)。

「30分読書」を開催。”本の新しい読み方を発見しました。”

小さなグループで集まって、みんなで30分読書をして、思ったことや感じたことを気軽に話すというイベント「30分読書」。事前になんの本を読むのかわからないという点も「30分読書」の特徴です。昨日、はじめて開催した「30分読書」には年代がばらばらの7名の方に集まっていただきました。

 

30min_1

 

「30分読書」が企画されたのは、新しい読書体験ってなんだろう?とか、読者の方にとって、英治出版にとって、いろんな方と出会うのってどんなやり方があるかな?というアイデアがきっかけです。

 

日常生活は、家庭のことや仕事のことなど本当にやることが山ほどありますよね。忙しくしていると、本もなかなか読む時間がない。そんな人が多いのでは・・・。

 

それで考えついたのが「30分読書」です。本とそれを読む場所と時間を提供すること、そして一緒に読書をする仲間を集めること。「30分読書」を構成しているものはこれだけです。

 

ではさっそく、イベントの様子をお伝えしたいと思います。まずは、参加者のみなさんから参加目的を話していただきながらアイスブレイキング。

 

・読書習慣が途切れてしまっていたので、今回を機にそれを取り戻そうとやってきました。

・英治出版を知っていて、ちょっと参加してみました。

・世にあるたくさんの本のなかで、今日出会える本をじっくり読みたいと思ってきました。

・「経営者の本」とイベント告知ページあったので、偉い人から学ぶことがあるだろうと思って参加しました。

・本を読むおもしろさを改めて把握したいと思いやってきました。

など、みなさんの参加目的はさまざま。「今日出会える本をじっくり読みたいと思ってきました。」って、素敵だなぁと思い、それからの時間がますます楽しみになっていきました。

 

そして次に、本のご紹介。どんな本を読むかは当日までのお楽しみ、本を事前に読まない読書会というのも、今回のイベントの特徴の一つです。

 

英治出版で働きながら、書評サイトHONZのレビュワーとしても活躍する田中大輔が選書した3冊の「知っているようで、実は読んだことがない経営者の本」。誰もが知っている有名な経営者3名がそれぞれ書いた本を選書しました。

 

30min_2

 

参加者のみなさんは、それぞれ気になる本を選んで、いよいよみんなで30分の読書タイム。どれにしようかな~とみなさん悩み中の様子。

 

30min_3

 

読書のあとに、印象に残ったことや読んだ部分に対する感想をシェアする時間があるので、そのことをふまえながら読み始めていただきました。みなさん、黙々と読みすすめます。

 

30min_4

 

30分読むといっても、いろんな読み方があるのが印象的でした。「速読」で、1冊読み終えた方もいらっしゃれば、ガラガラポンで適当に開いたページから読まれる方もいらっしゃいました。あとは、前の章から順に読み進める方や、逆に後ろの章から読み始める方も。もちろん、途中でページをいったりきたりするのも、1・2ページだけをすごく深く読み込んでじっくり考えたりする読み方もよいと思います。

 

いろんな読み方があって、きっと30分読書で大切なことは、読んだところから何を知ったとか、得たとか、考えた、思った、感じたということです。

 

さて、30分後は読書した時間を振り返って、その内容を自分と照らし合わせたり、自分に落とし込んだり、自分と対話する時間です。

 

みなさん、言葉を書いたり、図を描いたりされていました。

30min_5

30min_6

 

この後、同じ本を読んだ方同士で、また全体で感想などをシェアし合いました。この時間は、話す人が普段なにをしている方なのか、どんなことに関心があるのか、どんな人なのかが話していくなかでじわじわと分かってくるところがおもしろいと思いました。自分と対話する時間によって、感想や考えがかならずその人の関心に結びつくものになっていったからなのだと思います。そんな風にして、お互いを知るということもしながら終始盛り上がったシェアタイムでした。

 

30min_7

30min_8

 

初めて開催した「30分読書」。シェアの時間も終わって、みなさんに今日はいかがでしたか?と恐る恐る聞いてみました。

 

・みんなで30分読むというのがよかった。やっぱり、1人で読むと煮詰まっちゃいますから。

・普段の自分の読み方では、きっと見つけられなかった本の良さに気付きました。本の新しい読み方を発見できたのがよかったです。

・1冊の本といっても、いろんな切り口で考えることができるんだと知れてよかったです。みなさんと話していて、本ってもっと自由に読んでいいんだなと気付きました。

など、嬉しいコメントをいただきました。参加されたみなさんの知的好奇心が反応して生まれた気付き。私たちが想像していた以上に、「30分読書」だからできることがありそうな予感です。

 

最後に田中からこんなコメントがありました。

「どんな方法でもいいので、今日読んだ内容をアウトプットしてください。たとえば、ノートにちょっとメモする、SNSに書き込んでみるなど。」

 

アウトプットすることで、より考えがまとまったり、記憶にとどまりやすくなったりするものですよね。みんなで読書したアウトプットと、また別の日に1人で読書したときのアウトプットを比較するのもおもしろいかもしれません。

 

今回参加していただいたみなさん、本当にありがとうございました!ご関心のある方は、ぜひ次回開催の「30分読書」にご参加ください!

U理論セミナー第3回、第4回を開催!第5回(最終回)参加申込も受付スタートです。(受付終了しました。)

今年の10月からはじまったセミナー「U理論を日常で活かせるように実践的に学ぼう」。全5回のうち、4回が終了し、すべての回で満席となるほどご好評いただいているセミナーとなっています。

 

第3回は「U理論×イノベーションを創造する」、第4回は「U理論×リーダーシップ」をテーマに行われました。

 

毎回、セミナーが終わる頃にはホワイトボードがたくさんの言葉でぎっしり埋めつくされるのですが、これを見るだけでも興味がかきたてられるので、ここで一部を公開したいと思います。

 

まず、こちらが第3回「U理論×イノベーションを創造する」のホワイトボード。

U理論③_1

「イノベーション」を軸に、わたしたちは「何から」「何に」変わりたいのかが書かれています。

 

U理論③_2

「何から」の部分からは、閉鎖的な印象を受けます。

 

U理論③_3

一方、「何に」の部分は、開けていてポジティブな印象があります。

 

 

続いて、第4回「U理論×リーダーシップ」のホワイトボードです。

U理論④_2

U理論④_3

既存のリーダーシップ(上写真)とU理論をベースにしたリーダーシップ(下写真)について書かれています。

 

このようにU理論はさまざまなテーマで応用が可能です。

 

そして、最終回のテーマは「U理論×人と人の関係性」。

 

第4回と同様に、由佐さんと中土井さんのお二人に講師をしていただきます。参加のお申込みは、下記URLよりお願いします。

みなさんのお申込みをお待ちしております!

U理論セミナー第2回を開催!第4回参加申込も受付スタートです。(受付終了しました。)

先週11日(水)にセミナー「U理論を日常で活かせるように実践的に学ぼう」第2回が行われました。

 

第1回の反響もあり、第2回の申込は受付開始から、なんとわずか2時間で完売となりました!!!

 

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。そして、第1回と2回にはご参加いただけなかった皆さんも、ぜひ本日受付を開始する第4回「U理論×リーダーシップ」にお申込みいただけますと幸いです。(※第3回「U理論×イノベーションを創造する」は既に受付を終了しております。)

 

さて、第2回のテーマは「U理論×組織のマネジメント」。講師は第1回と同様、由佐美加子さん。

 

U理論セミナー②_1

 

今回は「U理論について知っていることを周りの方と話してください。」とはじまったセミナー。

 

第1回に参加された方、今回がはじめての参加の方、U理論をもっと知りたい方…。いろんなレベルの方が参加されているので、お互いがU理論について知っていること、知らないことをシェアする時間が設けられました。

 

ホワイトボードに描かれた「U」にみんながコメントをしていきます。その後、セミナーを通じて由佐さんによって書き加えられていき、最終的にこのようになりました。

 

U理論セミナー②_2

 

由佐さんがU理論を多くの人に伝えようと思ったのは、ある時に「組織を変えたい」という思いを持ったから。

 

彼女がどうしてU理論に携わるようになったのか、組織を変えるためにどのようにU理論を用いてアプローチしてきたのか。実体験と思いを合わせてお話いただきながら、参加者のみなさんもご自身の経験と思いを照らし合わせて聞き入っていらっしゃいました。

 

U理論セミナーは全5回開催ですが、各回は1回完結型ですのでご都合のよい開催日にご参加いただけます。最後に、第4回【U理論×リーダーシップ】開催についてお知らせです。

第4回では、中土井さんにもご登壇いただきます(^^)ふるってお申込みくださいませ!