カテゴリー別アーカイブ: event

PASS THE BOOKについて、ご紹介します。

皆さん、こんにちは。今回のブログでは、これまでに何度か開催しているイベント「PASS THE BOOK」について、ご紹介したいと思います。筆者は、このイベントを企画・運営している英治出版の山見です。

PASS THE BOOKでは、毎回ゲストをお招きして、その方の座右の書をお持ちいただき、ご紹介してもらいます。その本のなにが好きなのか、その本からどんな影響を受けたのかなど、本への想いやその本にまつわるエピソードをお話してもらいながら、ゲストの人生に触れ、彼らの人生を感じるイベントです。ゲストのトーク、会場全体でのダイアログのあと、座右の書が参加者のおひとりにパス(プレゼント)されます。

実はこのイベント、はじめたきっかけは、greenz.jpの元編集長YOSHさんの「引っ越し」でした。

「もう読むことはないとわかっていても、大切にしていた本は捨てたり古本屋に持っていくのはとても偲びない。本への想いとともに、顔の見える誰かに渡すことができたら……。」そんなYOSHさんの想いに英治出版がコラボレーションする形ではじまりました。

毎回、1冊の本をつうじて見えてくる、ゲストの方の生き方や考え方から学びや気づきがあります。ただ、イベントでの学び・気づきは、必ずしも明日からすぐに役立つものではないかもしれません。どちらかと言えば、イベントの後日、じわりじわりと心に響くことが多いように思います。

例えば、マラリア・ノーモア・ジャパンの水野達男さんがゲストで来ていただいたときのこと。ビジネスマンとして必要なロジカルシンキングはすべてこの本から学んだ、と『企業参謀』(講談社文庫)をお持ちいただきました。仕事をするなかで、その内容をどんどん自分のものにしていかれた水野さん。けれど、その延長線上でのアフリカ赴任をきっかけに、体調を崩され「ロジックだけではダメなんだと気がついた」と水野さんは言います。それからは、ご自身のなかにあるセンサーによる反応、つまり直感を大切にしていることをお話してくださいました。いまは、ロジカルさも直感もうまく扱っているんだそうです。

このように、本の紹介にとどまらず、その本と生きてきたことで起こったことや発見を知ることができるのがおもしろいところです。

私にはこの話が印象的で、その日以降、これってセンサー反応してるやつかな? とか、ちょっと違うやつかな? など、直感について自分と対話をするようになりました。いまだに、どれが直感なのか、わからないときもありますが、たぶんこのプロセスを続けていくことに意味があるんじゃないか、水野さんもそんな感じだったのかなとじわりじわりと影響を受けているのを実感しています。

もちろん、ゲストの話を聴いての学び・気づきはそれぞれに違って、参加者の皆さんとのダイアログのなかで新たに気づくこともたくさんあります。

次回のPASS THE BOOKは明日、6月14日におこないます。ゲストにおこしいただくのは、世界を旅するノンフィクション作家の寺井暁子さん。

務めていた会社を辞め、世界中に散らばった同級生たちに会いにいった旅を綴った『10年後、ともに会いに』(クルミド出版)。そのあとの旅をつうじて書いた『草原からの手紙』(クルミド出版)。そして、現在執筆中の寺井さんがナイル川沿いのミュージシャンたちの旅を追った最新作『ナイル・ナイル・ナイル(仮題)』。どの作品も、彼女がなにかに突き動かされてでた旅がベースになっています。

ただ「突き動かされるもの」を信じて旅にでる一方で、やはり本当にこれでよかったのかな……と考えてしまうのも寺井さん。そんなふうに微妙に揺れ動きつづける寺井さんに「旅のかたちを示してくれた1冊」を今回ご紹介いただきます。

寺井さんのように、旅にでようかな、でもなぁ……という狭間にいる方、旅でなくとも、この選択をしてよかったのか? 本当にこれでよかったのか? と揺れ動いている方など、なにか次の方向性を見つけたり、一歩踏み出すヒントになるかもしれません。

個人的には、「突き動かされるもの」と「直感」は似ているような気もしていて、寺井さんがそれだとわかるとき、どんな感覚なのか興味があります。また、突き動かされるものや直感と理性の揺れとどうやって付き合われているのかを寺井さんに聞いてみたいと思っています。

当日は、寺井さんを囲んでお話を聴いたり、自由に質問したり、それぞれの楽しみ方で時間を過ごしてくださればと思います。ご参加希望の方はお申込みのうえ、当日会場へおこしください。お待ちしています。

▼次回PASS THE BOOK概要
・日時 2017年6月14日(水)19:00-21:30 ※開場18:45
・場所 EIJI PRESS Lab
・費用 2,000円
・申込 http://passthebook1706.peatix.com

第18期 英治出版株主総会をおこないました。

先日、第18期 英治出版株主総会をおこないました。

今年もこの日のEIJI PRESS Labは、ミュージアム風に。昨年度に発行した20タイトルとその著者や監訳者などの皆さんの写真、日々の出来事やイベント、本のランキングなどを展示しました。

 

英治出版の累計発行タイトルは308に。
社会変革や経済開発、組織開発、働き方、育児などに関するタイトルを刊行し、さまざまなフィールドでご活躍される皆さんとお仕事ができました。

書店さんと一緒に、いろんなブックフェアも開催しました。刊行したタイトルに関するイベントも各地で実施。オンラインでもいろいろな記事で著者の方や本を紹介していただきました。

 

著者の方が、英治出版に遊びに来てくださいました。
高校生のインターンも来てくれました。
インターン生の受け入れは2年目で、今回の生徒は、1年目に来ていただいた生徒のお話を聴いて英治出版でのインターンを希望してくれたようです。


インターンを終えての発表をしているときの様子

 

3名が英治出版を卒業し、それぞれの道に進みました。
卒業生は総勢96名に。
英治出版には、卒業生全員に毎年バースデーカードを送る文化がありますが、だんだん大変になってきています。笑
そして、新たに5名の仲間が加わりました。

約10年間、英治出版の営業を引っ張ってきてくれた
仲間とのお別れもありました。

 

株主総会後には、毎年恒例行事となりつつある5月生まれの誕生日会。

英治出版には、5月生まれが3名います。
今年、それぞれにプレゼントしたのは、
「自分では気づいていないかもしれない、あなたの能力」。

UXの時代』著者で、シーオス代表の松島聡さんが、イベントで、とあるエピソードを紹介されていました。

そのエピソードとは、シーオスにいる日本刀が大好きな社員のお話でした。日本刀のコレクションはお金のかかる趣味。その社員の方は日本刀を研ぐ能力を活かして、ほかの社員の包丁を研ぐというサービスを社内で始めたそうです。日本刀好きとあって、研ぐのが上手。評判になり、そのサービスで日本刀にかかる費用を稼いだという話でした。

英治出版スタッフにも自分では気がついていない、秘められた能力があるのでは? それに気がついたり、どこかで活かしてもらうきっかけになったらいいな、との思いでお祝い企画をおこないました。

小料理屋をやりたいと言っている鈴木。ひょっとして、「利きだし」能力がすごいのでは? 夏目漱石が好きな平野。「どの文章が漱石かわかる」能力があるのでは? 競馬も好きな平野。もしかして、「競馬」名人? トライアスリートの原田。「肺活量すごい」能力があるのでは?

それぞれ、ゲームにチャレンジしてもらいました。

いつかどこかで、今回発見した能力を活かしてもらえるかもしれません。

1999年6月に創業の英治出版は、今月で19年目を迎えます。
20周年も目の前です。
これからも目の前のひとりを大切に、
「応援」「夢」「幸せ」をキーワードに
毎日を過ごしていきたいと思います。

4/19(水)に「PASS THE BOOK」を開催します。 ゲストはNPO法人マラリア・ノーモア・ジャパン 水野達男さん。

4/19(水)に開催するPASS THE BOOKに、『人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。』著者で、NPO法人マラリア・ノーモア・ジャパンの水野達男さんをゲストに迎えます。


PASS THE BOOK は、各界でご活躍の方をゲストにお招きし、さまざまなテーマでお持ちの本の中から「受け渡したい1冊」を用意してもらい、参加者のひとりに「贈る(=Pass)」イベントです。ゲストにその本を選んだ背景や本への想いなどを語ってもらいながら、参加者の皆さんと対話を通じて交流を深めていただきます。その後、参加者は対話を通じて得た気づきや学びをメッセージカードに記入し、そのなかのおひとりに本を贈呈します。

1冊の本をとおして、ゲストと参加者がお互いを深く知り、それぞれにとっての気づきや学びを得る。そんな場になればと思っています。

今回のテーマは、「海外でのビジネスにおいて、背中を押してくれた1冊」。水野さんがどの本を用意していただくかは、イベント当日まで秘密です。イベントの詳細・申込は下記リンクにお進みください。


 

今回のブログは、ひとりの読者として、英治出版の山見が水野さんの著書で印象に残ったところや、PASS THE BOOKで伺ってみたいことを書きました。

 

水野達男さんについて

▲水野さん著書
『人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。』

米外資系企業勤務を経て、住友化学株式会社に入社された水野さん。2007年より、アフリカのタンザニアでマラリア予防蚊帳「オリセットネット」(住友化学の技術者が開発した、アフリカの環境でも長く効果が継続する防虫蚊帳)を製造・販売するジョイントベンチャーの日本側リーダーとして事業を軌道に乗せたあと、2012年にNPOに転身されました。

マラリア予防の蚊帳事業は、ビジネスの手法で途上国の貧困層の問題解決を目指す「BOPビジネス」の先駆事例として注目されましたが、その裏には、数々の苦労と失敗がありました。その経験が水野さんの人生観を変え、「マラリアで苦しむ人を1人でも減らす」という想いから、現在の活動をされています。

 

52歳のある日、アフリカが目の前に振ってきた…!そして、いつしかアフリカが大好きに。

実は、水野さんがアフリカと関わりはじめたのは、52歳のとき。予想もしていない、本当に突然のことでした。それ以降も、苦労や失敗がたくさんあったのに、「僕はアフリカやアフリカの人たちが大好きになっていった」と水野さんは言います。ある日突然、アフリカが目の前に振ってきてから、水野さんがアフリカにどっぷりはまっていく変遷が語られているのですが、何事もポジティブにとらえようとする姿には、水野さんがお持ちの哲学が表れているなと感じます。

“直感や流れに身を任せてもいいこと、
時には心地よい場所から出ること。”

“自分が大事にしている価値観に従うこと。”

“人生は選択の連続だ。自分の意志と責任で選び、
結果も引き受ける。それが成長につながる。”

私はこれらの言葉に大変共感したのですが、流れに身を任せ、時に心地よい場所から出ることは、勇気や不安が伴う場合もあるのかなと思いました。その場合、どうやって勇気や不安と向き合われたのか伺いたいと思いました。

 

携帯電話は持っているが、移動は徒歩、水汲みにはロバを連れるマサイ族。日本や欧米とは発展のプロセスやスピード感がかなり異なるアフリカ。

水野さんの経験から、興味が湧いてくるのが「アフリカ」という地域についてです。水野さんがはじめてアフリカと関わるようになった2007年、マサイ族の人は携帯電話を使っているにもかかわらず、移動は徒歩、水汲みに行く際はロバを連れていたそう。それが2013年頃になると、移動はバイク、水道はまだ通っていないので、水汲みはポリタンクを利用するという様子。日本や欧米とは発展のプロセスやスピード感がかなり違うことがわかります。

他にも、タンザニア工場の従業員が給料日の翌日から出勤しなくなったというエピソードがあるのですが、彼らには「働くモード」と「お金を使うモード」があるそうです。アフリカって実際どんなところなんだろう、どんな人たちがいるんだろう、そう思わずにはいられなくなりました。

 

生粋のマーケター、現地のスーパーマーケットに挑戦。

事業がはじまってからのしばらくは、国際機関からの資金を元に現地の保健省やNGOなどがオリセットネットを購入し、無償配布するか安価で提供するケースがほとんどだったそうです。そこで、マーケターとしてのキャリアを長く積まれてきた水野さんが挑戦したのが、現地の人のお財布から直接、オリセットネットを買ってもらうこと。ケニアのスーパーマーケットにオリセットネットを並べて行われたこのチャレンジは、なんと1年後には、現地でのトップシェア20%達成したというので、驚きです。どのようなステップでこの結果を得られたのか、工夫した点などを伺いたいと思いました。

 

「折り鶴」で品質管理を改善!

折り鶴と品質管理。一見、両者がどう関係しているのか、不思議に思う方もいらっしゃるかもしれません。水野さんは、日本人とタンザニアの工場で働く人たちが持つ「品質」の考え方があきらかに異なっていたことがわかったとき、折り鶴を用いて、各工程の責任者に対し、品質管理の研修を行いました。紙の端と端をきれいにそろえてから折る。その積み重ねで、ようやく美しい折り鶴が完成する。品質管理も同じことだよ、と。日本人にとって、馴染みのある折り鶴ですが、現地工場で働く従業員にとっては、驚くべき発見だったそうです。

品質管理の大切さへの理解を深めてもらうために、折り鶴を活用されたのは、名案だ…!と思いました。他にも、現地の方と協働するうえで活用されたアイデアなどがあれば、ぜひお聞きしたいと思いました。

 

水野さんをお招きしてのPASS THE BOOKは、4月19日(水)19:00開催です。「アフリカ」や「ビジネス」「キャリア」など、さまざまなトピックで水野さんとお話ができる機会ですので、ぜひいらしてください。

 

 

▼『人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。』の内容に関連する書籍

『アフリカ 希望の大陸』

『BoPビジネス3.0』

『未来をつくる資本主義[増補改訂版]』
(住友化学の専務も推薦!)

『世界とつながるビジネス』

『日本人が海外で最高の仕事をする方法』

『異文化理解力』

※イベントにご参加の方は、英治出版の本が割引価格でご購入いただけます。

一人で深く突き詰めたものが、だれかとつながる瞬間【『夢とスランプを乗りこなせ』著者ベンさん、メビック扇町へ(後編)】

『夢とスランプを乗りこなせ―ぼくがクリエイターとして生きていく方法』の著者でイラストレーターのベン・タロンさん。初来日で、メビック扇町さんを訪れました。
レポート後半では、メビック扇町のクリエイティブメンターでグラフィックデザイナーの清水柾行さんから伺ったわたしのマチオモイ帖のお話をお届けします。

自分の中の「町への思い」と向き合うこと


マチオモイ帖
とは、日本各地のクリエイターが、大切なふるさとの町、学生時代を過ごした町や今暮らす町など、それぞれのおもいが詰まった町を、自分だけの目線で切り取り、手の中に入るぐらいの冊子や映像にして、展覧会などで届けるプロジェクト。「町」をおもう「帖面」の略で、2011年の震災の年に生まれました。

マチオモイ帖の特徴は、それぞれのクリエイターが、「誰かのために」というより、自分のために、自分が感じる町への思いと向き合って表現することだといいます。

面白いのが、全然違う地域について、全然違う人がつくったマチオモイ帖なのに、なぜか同じことを表現していたりすることが、けっこうあるんだよね。

と清水さん。
ベンさんは、この言葉にはっとしたよう。

15094994_1234400506616027_3418937224954516891_n

自分の思いをぐっと引き出すと、
つながるものがある

実はベンさん、『夢とスランプを乗りこなせ』の執筆には、3年かかったといいます。

ぼくの個人的なストーリーが、人にどう響くんだろう?
というのが、ずっと気になっていました。
でも、自分の内面と向き合って、心から感じたこと、正直な経験をなんとか書いていったんです。

そうして、本を出してみたら、びっくりするほど、ぼくと同じ悩みや情熱を持っていたというクリエイターやフリーランサーがいました。

ベンさんの本をプロデュースするなかで、原書の読者の感想をチェックしていて、何度も目にしたのが、”I like Ben’s honest story” “I was encouraged by his honest story”というように、honest story(正直なストーリー)に後押しされたという人たちの言葉です。

その”honest”という言葉がなにを意味するのか、私はこのやりとりを聞いて、あらためて理解した気がします。
ただ赤裸々というわけではなくて、自分ととことん向き合って、その中身をぐっと引き出して、表現し、誰かに見せること。

本当の思いが表現されていると、全然違う場所や人でもつながる

マチオモイ帖とベンさんの本の間にある共通性に、クリエイターやアーティストと呼ばれる人がやっていることの本質を見た気がしました。

全国のマチオモイ帖 展示中

こちらのマチオモイ帖、現在メビック扇町さんで展示されています。

img_1859

メビック扇町さんに伺ったのは展示会がはじまる前だったので、私たちは過去のものを見せていただいたのですが、それぞれの個性や込められた思いにぐっとひきこまれました!

my home town わたしのマチオモイ帖 -おもいを届ける冬-

2016年12月9日(金)~2017年1月29日(日)
平日:11:00~21:00 土日祝:11:00~19:00
年末年始の休み:12月26日(月)~1月5日(木)
会場:メビック扇町
入場料:無料

 

ちなみに、本当に偶然なのですが、ベンさんが英治出版へのプレゼントとして持ってきてくださったのは、ベンさんの故郷の町の風景の絵でした……!

img_1860rev

孤立するクリエイターたちをつなぐには?【『夢とスランプを乗りこなせ』著者ベンさん、メビック扇町へ(前編)】

『夢とスランプを乗りこなせ―ぼくがクリエイターとして生きていく方法』の著者でイラストレーターのベン・タロンさんとパートナーでグラフィックデザイナーのローラさん。

今回初来日で、各地をまわったお二人ですが、大阪ではクリエイター支援施設のメビック扇町さんに訪問し、所長でチーフコーディネーターの堂野智史さん、クリエイティブメンターでグラフィックデザイナーの清水柾行さんにお話を伺いました。

10年以上大阪のクリエイターをつないできたメビック扇町さんのお話に、「とてもインスパイアされた!」と言っていたベンさん。
その模様を前編・後編に分けて、本書の編集を担当した私、安村がお届けします!

img_1723

孤立するクリエイターをひっぱりだすには?

いまや大阪で活動するクリエイターの一大コミュニティとなっているメビック扇町さんですが、設立当初の課題は、孤立して活動するクリエイターたちをひっぱりだし、互いにつながりをつくることでした。

堂野さんがメビックに着任した当初、大阪にいたクリエイターの多くは、それぞれが自分の事務所にこもって仕事をしていて、お互いがつながることに、積極的でなかったといいます。
(これには、スランプで滅入っていた時期、家にこもって一人髭剃りを趣味にしていたこともあるベンさん、大きくうなずいていました)

彼らに、単に「コミュニティをつくるから、お会いできませんか」と言っても、断られてしまう…
そこで、堂野さんたちがとった作戦は、クリエイターたちの情報を集めたウェブサイトをつくって、「サイトに情報を載せませんか?」と声をかけてまわること。
自分の仕事のアピールになるということで、これには「ぜひ!」というクリエイターが徐々に増えていきました。

そして、OKをもらったら、単にデータを送ってもらうのではなく、「掲載情報のご相談をしに、一度会いに行きますよ」と言って、一人ひとりに実際に会いに行くきっかけにしたのです。

こうしてクリエイターたちとの顔の見える関係が築かれていきました。
いまやこのクリエイティブクラスターへの登録数は、1195社! 国内最大級の情報量という結果まで、ついてきたのです。

クリエイターを呼べるのは、クリエイター

こうして生まれた、大阪のクリエイターたちのコミュニティ。
これを拡大する役割を果たしているのが、クリエイターや企業の事務所を訪問し、仕事の内容やこだわり等について情報交換をする「クリエイティブコーディネーター」です。

鍵はコーディネーター自身も、現役クリエイターであることなんですわ。
クリエイターでない人が「いいコミュニティやイベントがありますよ」と言ってもなかなかインパクトがないけど、同じクリエイターに「あそこ行くとええよ」と言われると、「それなら行ってみようかな」となるんです。

と堂野さん。
現役クリエイターとして、本やイベントで経験や情報をシェアしているベンさんも、このコーディネーターの仕組みには「amazing!」と言っていました。
(そして、日々「どうすれば本を届けることができるだろう?」と試行錯誤中の英治出版の私も、とても感銘をうけました)

大阪人とマンチェスタリアン

メビック扇町さんにクリエイターが集まるもう一つの理由は、企業とクリエイターをマッチングするイベントを頻繁に行っていること。

そこから新しいコラボレ商品やプロジェクトが、数多く生まれているそうです。

img_1801

(↑コラボレーションは、毎年冊子にまとめられています)

現在は首都ロンドンで活動しているベンさん。
実は、ちょうど元々活動していたマンチェスターに拠点を戻そうとしているところでした。

政府の方針や地価の上昇で、ロンドンのクリエイタースペースは、どんどん辺鄙なところに追いやられていて、マンチェスターに戻るつもりではいたんです。
でも、やっぱりロンドンと比べると、マンチェスターに仕事は少ないし、クリエイターのつながりも薄い……どうしたものかとは思っていたところでした。
メビック扇町さんの取り組みは、本当にインスパイアリングで、マンチェスターに戻ったら、ぜひやっていきたいと思います!

ここで、堂野さんから、首都・東京とは一味違う「大阪人」魂があるのだと説明があると、ベンさんからもマンチェスターにもロンドンにちょっとした対抗心を燃やす「マンチェスタリアン」魂があるというお話が!

We are 大阪人 & マンチェスタリアン や~

と意気投合されていました。

そして、このあとは、メビック扇町さんが行っているマチオモイ帖というプロジェクトについてのお話を聞くと、ここにもベンさんとの共通点が。
こちらについては、レポート後半でお届けします!

 

img_1707

(↑大阪を満喫するベンさんとローラさん)