「news」カテゴリーアーカイブ

「フェロー制度」創設。 第一号に前DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー 編集長の岩佐文夫氏をお迎えします。

英治出版株式会社(東京都渋谷区、代表取締役・原田英治)は、「フェロー制度」を創設することを決定しましたので、お知らせいたします。

フェロー制度とは、類まれな知見や能力を持つ人材とのパートナーシップ、コラボレーションを促進することにより、当社の既存事業の枠を超えた社会的インパクトを創出するための制度です。

2018年1月1日より、英治出版フェロー第一号として、前DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集長の岩佐文夫氏をお迎えいたします。ご自身の活動を継続されながら、岩佐氏には当社の新規事業開発などに取り組んでいただく予定です。

岩佐文夫(IWASA, Fumio):1964年大阪府出身。1986年自由学園最高学部卒業後、財団法人日本生産性本部入職(出版部勤務)。2000年ダイヤモンド社入社。2012年4月から2017年3月までDIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー編集長を務めた。現在はフリーランスの立場で、人を幸せにする経済社会、地方活性化、働き方の未来などの分野に取り組んでいる。

●本件に関するお問い合わせ先
英治出版株式会社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル4F
TEL:03-5773-0193 担当:山下(yamashita[at]eijipress.co.jp)

カフェも、車も、広告も・・・あらゆる分野で「サブスクリプション」増加中

「月額〇円」「定額料金」で何かを買ったり利用したりしたことがある人は多いはず。この「サブスクリプション」型のビジネスが今、さまざまな分野で広がっています。以下、いくつか最近のニュースをご紹介しましょう。

毎月定額を払うことで、音楽や動画などを好きなだけ楽しめるサブスクリプション型のサービスが増えている。エンターテインメントにとどまらず、洋服やバッグ、アクセサリーなどをレンタルできるサービスも登場。そして今、注目されているのがサブスク型のコーヒーショップだ。
月額定額のカフェ2店 コーヒー業界に第4の波なるか:NIKKEI STYLE(2017/11/28)

米ツイッターは6日、広告主の手間を省ける月額9900円の広告サービスを日本で始めると発表した。
ツイッター、月額固定の広告サービス 手間省き顧客獲得へ:日本経済新聞(2017/12/6)

「単にタイヤを販売するのではなく、サブスクリプション(加入)型でユーザーの走り方に合った製品やメンテナンスサービスを提供するモデルに変えていこうとしています」――ブリヂストンCDO 三枝 幸夫氏
タイヤの枠を超えて新事業つくる ブリヂストンCDO:日本経済新聞(2017/12/7)

10月には自動車メーカーVolvo(ボルボ)が、月10万円以下の定額料金で新車を利用できるプラン「Care by Volvo」を発表し、大きな話題になりました。月額プランを始めたラーメン屋さんもあるとのこと。まさにあらゆる業界で「サブスクリプション」が広がっているのです。

でも、なんでもかんでもサブスクリプションにすればうまくいく・・・わけではないでしょう。サブスクリプションで成功するには「利用し続けてもらう」「くり返し払ってもらう」ことが不可欠。11月16日に行われた「SUBSCRIBED TOKYO 2017」では「長期にわたるリレーションシップ」の重要性が語られたそうです。

サブスクリプションモデル成功の鍵は、新たな顧客像「サブスクライバー」の利用体験の向上。:Biz/Zine(2017/12/5)

成功のカギは、顧客との長期的な信頼関係をつくること。そう考えると、新しいビジネスモデルでありながら、サブスクリプションは、古くから変わらない「商いの本質」に根差したもののようにも思えてきます。一方で、選択肢のあふれる今日、顧客はその気になれば簡単に他のサービスに乗り換えることが可能です。長く「選び続けてもらう」には、さまざまな工夫が求められるでしょう。

英治出版が11月に出版した『サブスクリプション・マーケティング――モノが売れない時代の顧客との関わり方』は、そんなサブスクリプション・ビジネスの潮流と実践の指針を米国のIT系ライター、アン・ジャンザーさんがわかりやすく解説した入門書。顧客との長期にわたる関係をどう築くかを、「価値の育成」というコンセプトを軸に、多くの事例を紹介しながら語っています。

12月1日にはアマゾンで「マーケティング・セールス一般」「IT」など4つのカテゴリーで第1位に! 青山ブックセンター本店、紀伊國屋書店本町店などでもビジネス書ランキング入りしました(上の写真は紀伊國屋書店本町店)。

サブスクリプションビジネスの入門書・教科書として最適、と評価いただいている一冊。新たなビジネストレンドを理解したい方、サブスクリプションビジネスに挑戦したい方、ぜひご一読ください。

『ひとりの力を信じよう』立花貴さんの トークイベントを開催いたしました!

ひとりの力を信じよう』の刊行を記念して、8月10日(木) 梅田蔦屋書店さんにて、著者の立花貴さんトークイベント ~地域活性化の最先端!「雄勝」の挑戦 ~を開催いたしました。

東日本大震災で壊滅的被害を受けた宮城県石巻市の町、雄勝(おがつ)。今、このまちが地方創生の新たなモデルとして注目されているのをご存知でしょうか?

その立役者のお一人が、今回のスピーカー立花さん。
元商社マンの立花さんは、震災直後にご家族の安否確認のため東北に戻られたことがきっかけで、雄勝に移り住み、現在も日々復興・地域活性化に取り組まれていらっしゃいます。

「現実を見てしまったからには何かせずにはいられなかった」。その時の立花さんの心の動きが、ひと言ひと言、熱く伝わってきます。

延べ5,000人のボランティアとの地域の拠点づくり、地元の海産物のブランド化など、「既にあるもの」を活かした取り組みで「人と地域」の様々な変化を生み出してきた立花さん。スライドを交えながら、これまでの活動の様子や今後の展望などもたくさんお話しいただきました。

一歩一歩、目の前のおひとりおひとりに真摯に話をされて活動を拡げてこられたという立花さんのお姿が目に浮かび、決して安直ではなかった道のりや、学ぶべきところも非常に多いお話に、参加の皆さんも終始真剣な面持ちで、立花さんのお話に聞き入っていらっしゃいました。

また、直近の活動の様子もお話いただきました。

現在、石巻市で開催中の「アート」「音楽」「食」がテーマとなった、Reborn-Art Festival 2017。7月末におこなわれたReborn-Art Festival 2017 × ap bank fesでは、立花さんも関わっている(株)雄勝そだての住人のブースも展開され、水揚げされたばかりの帆立の網焼きを販売されたそうです。その時の様子は、立花さんのブログにてご覧ください!
https://ameblo.jp/tachibana87/entry-12297369533.html

Reborn-Art Festival 2017は9月10日(日)まで開催しています。
皆さんも夏の終わり、是非、石巻に足を運ばれてはいかがでしょうか?

今回のイベントは、梅田蔦屋書店さんの〈コンセルジュカウンター〉での開催となり、立花さんとイベント参加者の皆さまがより近く、立花さんの熱いトークがダイレクトに心に響いてくるような会場となり、アットホームな雰囲気の中にも、熱い思いが交錯する、大変良い場となりました。


↑参加者おひとりおひとりと交流された立花さん

最後には、参加者の皆さまと記念撮影。

今回のイベントを企画してくださった、梅田蔦屋書店のコンセルジュ渡邉さんとも。

立花さん、梅田蔦屋書店の皆さん、そして当日ご参加くださった皆さん、この度はありがとうございました!!

『なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか』発売! 『なぜ人と組織は変われないのか』電子版の30%OFFセールもスタートです。

先週、『なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか』を発売いたしました。著者は『なぜ人と組織は変われないのか』のロバート・キーガン氏とリサ・ラスコウ・レイヒー氏です。

ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー[著]
中土井僚[監訳] 池村千秋[訳]
A5判ハードカバー 400ページ
定価:本体2,500円+税

・「自分をよく見せよう」「評価を下げたくない」と思うあまり、失敗や弱点を隠してしまう。
・組織の問題を感じても、上下関係や肩書が気になって指摘できず、本質的な問題解決ができない

30年以上にわたって「大人の発達と成長」を研究してきた著者は、このような弱さを隠してしまう「もう一つの仕事」が現代の組織に蔓延しており、それに膨大なエネルギーが費やされていると述べています。

誰もが本来の自分になることができ、弱点を認め合えるというのは、単に「人に優しい組織」であることを意味しません。むしろ、弱点の克服を目指しているからこそ、忌憚のない、ときには厳しいフィードバックがなされることがあります。「痛み」を伴ってでも成長するという強い欲求が必要なのです。そのようにして人々が成長するからこそ、組織として強くなり、結果としてビジネスの成功を収められる、と著者は主張します。

現代のビジネス環境は、不安定さ(Volatility)、不確実さ(Uncertainty)、複雑さ(Complexity)、曖昧さ(Ambiguity)が強まる「VUCAの時代」と言われています。そこで生じる問題は、これまでのやり方を改良することで解決できる「技術的な課題」ではなく、これまでのやり方を超越した方法で問題解決する「適応を要する課題」であることがほとんどです。

つまり、「うまくいっていた自分/やり方」を捨て、限界を克服してバージョンアップする組織こそが、現代のビジネス環境を勝ち抜いていけると著者は説きます。本書では、そのような「人と組織のバージョンアップ」を可能にする組織を「発達指向型組織(DDO= Deliberately Developmental Organization)」と定義し、DDOになるためにはどうすればいいのかの道筋が示されます。

「本来の自分」を取り戻し、成長の実感を得ながら生き生きと働ける職場で働きたい、またはそんな組織やチームをつくりたいビジネスパーソンへのヒントが詰まった一冊です。

また、新刊発売と同時に、『なぜ人と組織は変われないのか』電子版を各電子書籍ストアにて30%OFFで販売いたします。セールは8/31(木)まで。

ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー[著]
池村千秋[訳]
A5判ハードカバー 440ページ
定価:本体2,500円+税

米倉誠一郎先生に『エクセレント・カンパニー』への推薦コメントをいただきました!

皆さん、『エクセレント・カンパニー』という本をご存知でしょうか。

世界的なコンサルティング会社マッキンゼーのコンサルタント、トム・ピーターズとロバート・ウォータマンが「優れた企業の本質とは何か」という普遍的でかつ困難な問いに挑んだ、ビジネス書の名著です。

1983年に講談社から出版され、その後絶版となっていたため、2003年に英治出版から復刊しました。復刊から10数年経過しましたが、着実に売れ続けているロングセラーです。

この文章を書いている私(平野)は、2016年7月に英治出版に入社した新入社員です。残念ながら入社までこの本の存在は知りませんでしたが、社内で手に取ってみたところ、これが面白かったのです。

もっと多くの人に読んでもらいたいなと思っていた矢先に、米倉誠一郎先生がこの本に多大な影響を受けたということを、偶然知りました。

米倉先生は一橋大学イノベーション研究センターの教授をされている経営学者。経営史というアカデミックな知見をもとに、これからの日本がどの方向に進むべきかについて様々な提言をされています。また、研究にとどまらず、ひとりひとりの小さな変革が日本を変えていくという観点から、多くのイノベーターの背中を押すような活動もされています。

多分野で活躍されている米倉先生に推薦のコメントをいただければ、さらに多くの人にこの本を届けることができるのではないか。そう考えて、推薦を依頼しました。

メールを送り、緊張しながら返信を待ちました。すると、30分経たないうちに返信があり(!)、ご快諾。

そして後日、推薦のコメントが届きました。とても力強いコメント。

出来上がった新しい帯がこれです!

帯_表_Up

帯_裏_Up

直接お礼を言いたくて、出来上がった帯付きの本をお届けに。お会いするのは初めて。とても緊張しましたが、気さくに迎え入れてくださり、緊張もほぐれました。話をしていると、こちらの体温がグッと上がるような感覚があり、こうやって多くの人を鼓舞されてきたんだろうなと先生のファンの一人として感激しました。

20170120_米倉先生1

米倉先生と『エクセレント・カンパニー』との出会いは1980年代中頃のこと。「アメリカにいるときに読んだんじゃないかなぁ」とおっしゃっていました。そのときの衝撃はすごかったらしく、今までに読んだ本の中で最も影響を受けた本の一つだそうです。

そして、こんな言葉をいただきました。

ずっと支えにしてきたこの本に推薦コメントを寄せることができてとても嬉しい。本当にありがとう。

こちらから推薦のお願いをしたにもかかわらず、このようなお言葉をいただき、本当にありがたい限りです。米倉先生に推薦をお願いして本当に良かった。

本書の魅力についてお話をさせていただく中で、米倉先生がおっしゃった印象的なことばをひとつご紹介しましょう。

この本の中でエクセレント・カンパニーとして取り上げられている会社のいくつかが、もうダメになってしまっているのが、またいいんだよな。

????

普通はマイナスになってしまいかねないこの要素に対して、米倉先生は「本質はそこにはない」と考えていらっしゃるようです。

さて、米倉先生のこの言葉の真意とは。そして、この本の本質はいったいどこにあるのでしょう。

関心を持たれた方は、是非、この本を手に取ってみてください。それぞれの観点からこの本を読んでみていただければ、きっと、何らかの気づきを得ることができるはずです。

『エクセレント・カンパニー』