カテゴリー別アーカイブ: news

『ひとりの力を信じよう』立花貴さんの トークイベントを開催いたしました!

ひとりの力を信じよう』の刊行を記念して、8月10日(木) 梅田蔦屋書店さんにて、著者の立花貴さんトークイベント ~地域活性化の最先端!「雄勝」の挑戦 ~を開催いたしました。

東日本大震災で壊滅的被害を受けた宮城県石巻市の町、雄勝(おがつ)。今、このまちが地方創生の新たなモデルとして注目されているのをご存知でしょうか?

その立役者のお一人が、今回のスピーカー立花さん。
元商社マンの立花さんは、震災直後にご家族の安否確認のため東北に戻られたことがきっかけで、雄勝に移り住み、現在も日々復興・地域活性化に取り組まれていらっしゃいます。

「現実を見てしまったからには何かせずにはいられなかった」。その時の立花さんの心の動きが、ひと言ひと言、熱く伝わってきます。

延べ5,000人のボランティアとの地域の拠点づくり、地元の海産物のブランド化など、「既にあるもの」を活かした取り組みで「人と地域」の様々な変化を生み出してきた立花さん。スライドを交えながら、これまでの活動の様子や今後の展望などもたくさんお話しいただきました。

一歩一歩、目の前のおひとりおひとりに真摯に話をされて活動を拡げてこられたという立花さんのお姿が目に浮かび、決して安直ではなかった道のりや、学ぶべきところも非常に多いお話に、参加の皆さんも終始真剣な面持ちで、立花さんのお話に聞き入っていらっしゃいました。

また、直近の活動の様子もお話いただきました。

現在、石巻市で開催中の「アート」「音楽」「食」がテーマとなった、Reborn-Art Festival 2017。7月末におこなわれたReborn-Art Festival 2017 × ap bank fesでは、立花さんも関わっている(株)雄勝そだての住人のブースも展開され、水揚げされたばかりの帆立の網焼きを販売されたそうです。その時の様子は、立花さんのブログにてご覧ください!
https://ameblo.jp/tachibana87/entry-12297369533.html

Reborn-Art Festival 2017は9月10日(日)まで開催しています。
皆さんも夏の終わり、是非、石巻に足を運ばれてはいかがでしょうか?

今回のイベントは、梅田蔦屋書店さんの〈コンセルジュカウンター〉での開催となり、立花さんとイベント参加者の皆さまがより近く、立花さんの熱いトークがダイレクトに心に響いてくるような会場となり、アットホームな雰囲気の中にも、熱い思いが交錯する、大変良い場となりました。


↑参加者おひとりおひとりと交流された立花さん

最後には、参加者の皆さまと記念撮影。

今回のイベントを企画してくださった、梅田蔦屋書店のコンセルジュ渡邉さんとも。

立花さん、梅田蔦屋書店の皆さん、そして当日ご参加くださった皆さん、この度はありがとうございました!!

『なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか』発売! 『なぜ人と組織は変われないのか』電子版の30%OFFセールもスタートです。

先週、『なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか』を発売いたしました。著者は『なぜ人と組織は変われないのか』のロバート・キーガン氏とリサ・ラスコウ・レイヒー氏です。

ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー[著]
中土井僚[監訳] 池村千秋[訳]
A5判ハードカバー 400ページ
定価:本体2,500円+税

・「自分をよく見せよう」「評価を下げたくない」と思うあまり、失敗や弱点を隠してしまう。
・組織の問題を感じても、上下関係や肩書が気になって指摘できず、本質的な問題解決ができない

30年以上にわたって「大人の発達と成長」を研究してきた著者は、このような弱さを隠してしまう「もう一つの仕事」が現代の組織に蔓延しており、それに膨大なエネルギーが費やされていると述べています。

誰もが本来の自分になることができ、弱点を認め合えるというのは、単に「人に優しい組織」であることを意味しません。むしろ、弱点の克服を目指しているからこそ、忌憚のない、ときには厳しいフィードバックがなされることがあります。「痛み」を伴ってでも成長するという強い欲求が必要なのです。そのようにして人々が成長するからこそ、組織として強くなり、結果としてビジネスの成功を収められる、と著者は主張します。

現代のビジネス環境は、不安定さ(Volatility)、不確実さ(Uncertainty)、複雑さ(Complexity)、曖昧さ(Ambiguity)が強まる「VUCAの時代」と言われています。そこで生じる問題は、これまでのやり方を改良することで解決できる「技術的な課題」ではなく、これまでのやり方を超越した方法で問題解決する「適応を要する課題」であることがほとんどです。

つまり、「うまくいっていた自分/やり方」を捨て、限界を克服してバージョンアップする組織こそが、現代のビジネス環境を勝ち抜いていけると著者は説きます。本書では、そのような「人と組織のバージョンアップ」を可能にする組織を「発達指向型組織(DDO= Deliberately Developmental Organization)」と定義し、DDOになるためにはどうすればいいのかの道筋が示されます。

「本来の自分」を取り戻し、成長の実感を得ながら生き生きと働ける職場で働きたい、またはそんな組織やチームをつくりたいビジネスパーソンへのヒントが詰まった一冊です。

また、新刊発売と同時に、『なぜ人と組織は変われないのか』電子版を各電子書籍ストアにて30%OFFで販売いたします。セールは8/31(木)まで。

ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー[著]
池村千秋[訳]
A5判ハードカバー 440ページ
定価:本体2,500円+税

米倉誠一郎先生に『エクセレント・カンパニー』への推薦コメントをいただきました!

皆さん、『エクセレント・カンパニー』という本をご存知でしょうか。

世界的なコンサルティング会社マッキンゼーのコンサルタント、トム・ピーターズとロバート・ウォータマンが「優れた企業の本質とは何か」という普遍的でかつ困難な問いに挑んだ、ビジネス書の名著です。

1983年に講談社から出版され、その後絶版となっていたため、2003年に英治出版から復刊しました。復刊から10数年経過しましたが、着実に売れ続けているロングセラーです。

この文章を書いている私(平野)は、2016年7月に英治出版に入社した新入社員です。残念ながら入社までこの本の存在は知りませんでしたが、社内で手に取ってみたところ、これが面白かったのです。

もっと多くの人に読んでもらいたいなと思っていた矢先に、米倉誠一郎先生がこの本に多大な影響を受けたということを、偶然知りました。

米倉先生は一橋大学イノベーション研究センターの教授をされている経営学者。経営史というアカデミックな知見をもとに、これからの日本がどの方向に進むべきかについて様々な提言をされています。また、研究にとどまらず、ひとりひとりの小さな変革が日本を変えていくという観点から、多くのイノベーターの背中を押すような活動もされています。

多分野で活躍されている米倉先生に推薦のコメントをいただければ、さらに多くの人にこの本を届けることができるのではないか。そう考えて、推薦を依頼しました。

メールを送り、緊張しながら返信を待ちました。すると、30分経たないうちに返信があり(!)、ご快諾。

そして後日、推薦のコメントが届きました。とても力強いコメント。

出来上がった新しい帯がこれです!

帯_表_Up

帯_裏_Up

直接お礼を言いたくて、出来上がった帯付きの本をお届けに。お会いするのは初めて。とても緊張しましたが、気さくに迎え入れてくださり、緊張もほぐれました。話をしていると、こちらの体温がグッと上がるような感覚があり、こうやって多くの人を鼓舞されてきたんだろうなと先生のファンの一人として感激しました。

20170120_米倉先生1

米倉先生と『エクセレント・カンパニー』との出会いは1980年代中頃のこと。「アメリカにいるときに読んだんじゃないかなぁ」とおっしゃっていました。そのときの衝撃はすごかったらしく、今までに読んだ本の中で最も影響を受けた本の一つだそうです。

そして、こんな言葉をいただきました。

ずっと支えにしてきたこの本に推薦コメントを寄せることができてとても嬉しい。本当にありがとう。

こちらから推薦のお願いをしたにもかかわらず、このようなお言葉をいただき、本当にありがたい限りです。米倉先生に推薦をお願いして本当に良かった。

本書の魅力についてお話をさせていただく中で、米倉先生がおっしゃった印象的なことばをひとつご紹介しましょう。

この本の中でエクセレント・カンパニーとして取り上げられている会社のいくつかが、もうダメになってしまっているのが、またいいんだよな。

????

普通はマイナスになってしまいかねないこの要素に対して、米倉先生は「本質はそこにはない」と考えていらっしゃるようです。

さて、米倉先生のこの言葉の真意とは。そして、この本の本質はいったいどこにあるのでしょう。

関心を持たれた方は、是非、この本を手に取ってみてください。それぞれの観点からこの本を読んでみていただければ、きっと、何らかの気づきを得ることができるはずです。

『エクセレント・カンパニー』

1/17発売の新刊『ひとりの力を信じよう』著者 立花貴さんが、関西の書店を訪問されました!

先日発売されたばかりの新刊、『ひとりの力を信じよう』――「今あるもの」で人と地域の未来をつくる――の著者 立花貴さんと私、英治出版の田中が、関西の書店さんにお邪魔してまいりました!

頭ではなく、心で感じるものにしたがって動く――。

東日本大震災の発災後、考えることをやめて震災地へ入り、今では地域活性化の取り組みの最先端を走り続けている立花さん。そんな立花さんのもとには、自分たちの地域や学校、団体でもその学びを得ようと、連日訪ねてくる人が後を絶たないとのこと。

「目の前のひとりから」動かし続けてこられた立花さん。新しい地域づくりとゼロからの変化の起こし方のヒントが、本書にはたっぷりと詰まっています。

そんな立花さんの熱いメッセージをお届けに、まわった店舗は、大阪梅田・神戸三宮の6店舗の書店さん。順にご紹介していきましょう。

 

ジュンク堂書店 大阪本店さん

tachibanasan-2

tachibanasan-3

2階と3階の新刊話題書棚と地域政策の棚の、3か所で展開くださっています。

対応くださったのは、社会担当の仲川さん。仲川さんは、「阪神・淡路大震災を経験した私にとって今日という日は毎年、少し心に重いものを感じてしまう日だったのですが、そういう日に立花さんにお会いでき、今年は明るい気分で迎えられました。ご縁を感じますし、本当にとても嬉しいです!応援しています!」と大変感激されていました。立花さんもとても嬉しそうでいらっしゃいました。本が繋ぐ縁というものは本当に素晴らしいですね。

 

MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店さん

tachibanasan-4

MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店さんでは、新刊話題書と地方自治の棚に展開くださっています。ご対応くださったのは社会担当の藤井副店長。通勤の電車の中で本書を読んでくださっていた藤井さん。「背中を押されるような一冊ですね!」と太鼓判を押してくださいました。ありがとうございます!

 

紀伊國屋書店 梅田本店さん

tachibanasan-5

tachibanasan-6

紀伊國屋書店 梅田本店さんでは、起業の棚と地方自治の棚に展開くださっています。ご対応くださったのは、社会担当の吉元さん。「梅田本店では、地方自治の棚は決して大きくはないのですが、しっかり動く棚でもあります。届けたい読者にお届けできると思います!」とのこと。立花さんも、まさにこの本を置いていただきたい棚ですね、とお墨付きをいただきました。

 

梅田 蔦屋書店さん

tachibanasan-7

tachibanasan-8

梅田蔦屋書店では、起業の棚で展開いただいています。ご案内くださったのは、ワークスタイルコンセルジュ竹岡さん。竹岡さんには、イベントできるラウンジもご案内くださり、また関西でも立花さんのお話を伺える機会をつくりたいな、と密かに考えています。

 

ジュンク堂書店 三宮店さん

tachibanasan-9

tachibanasan-10

ジュンク堂書店三宮店さんでは、2階と5階の新刊話題書棚とNPO関連の棚の3か所で展開くださっています。ご対応くださったのは社会担当の松崎さん。ちょうど、「震災22年継承 震災の消えた傷跡と神戸の壁遺構達 写真展」を5階のギャラリーで展開されていました。「22年経った今でもこうした形で伝えていくことは大事ですね」と、立花さんもしみじみとお話しされていました。

 

ジュンク堂書店 三宮駅前店さん

tachibanasan-11

ジュンク堂書店三宮駅前店さんでは、地域政策の棚で展開くださいっています。

ご対応くださった社会担当の伊勢さんは、本書の新刊案内をしていた際に、「ぜひご本人にお会いしてみたいです!」とお話しされていました。立花さんの関西書店訪問が決まった際には一番にお知らせさせていただきました。一歩が踏み出せなくてもやもやしている時に、どうすればいいのかなど、立花さんの経験談などを踏まえ、たくさんお話を伺うことができました。

 

各書店のそれぞれの担当者さんから、立花さんを応援くださる思いがひしひし伝わるような、とても良い時間でした。

また、本書の発売日は、22年前、奇しくも阪神・淡路大震災がおこった1月17日。

関西でもこの大きな震災を体験し、だからこそ余計に、胸に響く強いメッセージとして受け取ることができるのではないでしょうか。

 

立花さんには、書店に来ていただいた読者のみなさんへ、こんなメッセージをいただきました。

本当はやりたいことに
一歩踏み出せない・・・
このさきやっていいのか・・・
と感じている貴方!
ぜひ手に取ってみて下さい!
私が感じた人の熱量が伝わり、
きっと貴方の中で
何かが動き始めます!!

2017年1月吉日
立花 貴

tachibanasan-12

「この本が、少しでもみなさんの背中を押すきっかけになれば嬉しいです。」

決して強引ではなく、暖かく優しい雰囲気をお持ちの立花さん。奥に秘めた立花さんのパワーが、この本を通じて、じんじん伝わってくるようです。

ぜひ、書店店頭で立花さんのメッセージをご覧ください!!

お忙しい中対応していただいた各書店のご担当者様、立花さん、ありがとうございました。

tachibanasan-13

11/22発売の新刊『夢とスランプを乗りこなせ』、関西・スタンダードブックストア心斎橋さんにて先行販売スタート!!

包み隠さず語った夢とスランプの日々を、悩めるクリエイターの毎日に寄り添うように執筆された『夢とスランプを乗りこなせ――ぼくがクリエイターとして生きていく方法』の著者ベン・タロン氏がロンドンより来日します!!

そして、刊行記念のトーク&ライブペインティングを11/20(日)、 スタンダードブックストア心斎橋で開催します。またそれに先駆けて、先行販売がスタートしました!

お店の入り口には、イベントのポスターもしっかり掲示されています。店内でも、デザインコーナーや、イベント告知コーナーなど各所に本書が展開中。

 

%e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b02

%e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b05

%e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b04

%e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b03

 

表紙のイラストは、日本語版のために著者が描きおろし!! オレンジとグリーンのカラーとベンさんのイラストがとても目を引きます。

 

%e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b06 %e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b07

ベンさんは現在、世界的な有名クライアントの仕事を手掛けられるかたわら、自身の苦労した経験から、悩めるクリエイターやフリーランサー、専門学校向けのセミナーやpodcast、自殺防止に取り組む慈善活動にも力を入れられています。

 

今回のイベントは「フリーランスのクリエイターのための予算ゼロのセルフプロデュース術」と題し、自身の成功・失敗体験をもとに、クライアントに見つけてもらえる、選ばれるイラストレーターになるためのセルフプロデュース術を伝授。ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館で開催されたThe London Design Festivalでも大好評だったセミナーの日本初上陸版です!

 

■ 自分の個性を活かした、独自の作風を確立するには?
■ ウェブに載せるポートフォリオの工夫の仕方は?
■ SNSの効果的な活用方法は?
■ キャリアのない無名時代には、どう営業すればいい?

 

クリエイターの方はもちろん、クリエイターを目指す学生の皆さんにも役立つ情報が満載です! また後半には、ベンさんと一緒にライブペイントを体感するプログラムも。ベンさんと一緒に作品をつくりあげられる、またとない機会です!!

 

関西にお住いの皆さま、ぜひご参加お待ちしております。参加のご予約はこちらよりお願いいたします。

 

%e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b08