カテゴリー別アーカイブ: news

【10月11日は国際ガールズ・デー】慶應義塾生協日吉書籍部さんで「世界の女の子のために、私たちにできること」フェアが開催中です。 #国際ガールズデー

毎年10月11日は「国際ガールズ・デー」。

国連が2011年に定め、教育の権利、早期結婚、人身売買、差別…など、世界の女の子たちが置かれている数々の苦境を知り、アクションを起こす日になっています。

この日を日本で盛り上げていくべく発足した国際ガールズ・デー推進ネットワークに、英治出版も加盟しております。出版社として、「本を通じてできること」を考え、世界の女の子たちの現状を伝えるブックフェアを2013年から各地の書店さんで開催してきました。

4年目となる今年は選書も販促物も刷新。タイトルは「世界の女の子のために、私たちにできること。フェア。女の子たちが置かれている「現状を知る」にとどまらず、私たちにもできる「課題の解決策を知る」ためのヒントが詰まった本を揃えています。

 

こちらは慶應義塾生協日吉書籍部さんにて展開中のフェアの様子です!

 

階段を上がってすぐ左手にある企画棚でご展開いただいております。
足を止めてくださる学生さんが多いとのこと、とても嬉しいです。

世界最大の社会起業家ネット―ワーク「アショカ」のフェローたちの事例が載る『静かなるイノベーション』をお買い上げいただけたとのこと、ありがとうございます!

 

今回のフェア選書は、6つのカテゴリーに分かれています。

◆健康と保険
◆暮らしを変えるアイデア
◆教育
◆経済・金融
◆法律・仕組み
◆日本の問題

カテゴリーパネル分けのパネルには、それぞれの分野の課題がインフォグラフィックで表示されています。
ぜひこちらもご覧ください。

 

 

国際ガールズ・デー当日が過ぎても、もう考えなくてもよくなるテーマではありません。
ぜひ引き続き、世界の女の子たちが抱える課題について考えてみてください。

その際のヒントは、ぜひ慶應義塾生協日吉書籍部さんのフェアで!

慶應義塾生協日吉書籍部
横浜市港北区日吉4-1-1
TEL: 045-563-8487
URL: http://www.univcoop.jp/keio/info/shop.html#p02

※国際ガールズ・デー推進ネットワーク公式Facebookページ

【10月11日は国際ガールズ・デー】ジュンク堂書店吉祥寺店さんで「世界の女の子のために、私たちにできること」フェアが開催中です。 #国際ガールズデー

毎年10月11日は「国際ガールズ・デー」。

国連が2011年に定め、教育の権利、早期結婚、人身売買、差別…など、世界の女の子たちが置かれている数々の苦境を知り、アクションを起こす日になっています。

英治出版は国際ガールズ・デー推進ネットワークに加盟し、「本を通じてできること」として、世界の女の子たちの現状を伝えるブックフェアを2013年から各地の書店さんで開催してきました。

今年のタイトルは「世界の女の子のために、私たちにできること。フェア。女の子たちが置かれている「現状を知る」だけではなく、「課題の解決策を知る」こともできる本を選書しています。

 

こちらはジュンク堂書店吉祥寺店さんでの開催の様子です。

カレンダーが置かれ、人通りも多い棚でご展開いただいてます。

 

2014年に史上最年少でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんの本も並びます。
朝日出版社さんの『マララ・ユスフザイ国連演説&インタビュー集』には、マララさんの生声CDもついています。
ぜひこの機会に、女子教育の権利を訴えるマララさんの想いを聞いてみてください。

英治出版からは、社会課題の驚くべき解決策を集めた『世界を変えるデザイン』『世界を変えるデザイン2』や、『世界一大きな問題のシンプルな解き方』を置いていただいています。

 

皆様、ぜひジュンク堂書店吉祥寺店さんにお立ち寄りください!

 

ジュンク堂書店吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-5
コピス吉祥寺B館6階~7階
TEL: 0422-28-5333
URL: http://honto.jp/store/detail_1570063_14HB320.html

※国際ガールズ・デー推進ネットワーク公式Facebookページ

【10月11日は国際ガールズ・デー】紀伊國屋書店梅田本店さんで「世界の女の子のために、私たちにできること」フェアが開催中です。 #国際ガールズデー

毎年10月11日は「国際ガールズ・デー」。

国連が2011年に定め、教育の権利、早期結婚、人身売買、差別…など、世界の女の子たちが置かれている数々の苦境を知り、アクションを起こす日になっています。

英治出版も加盟する国際ガールズ・デー推進ネットワークは、この日を盛り上げるために様々な企画を実施しています。英治出版は「本を通じてできること」を考え、世界の女の子たちの現状を伝えるために、2013年から各地の書店さんでブックフェアを企画・開催してきました。

今年は「世界の女の子のために、私たちにできること。フェアと銘打ち、女の子たちが置かれている「現状を知る」のみならず、「課題の解決策を知る」ことができる本も選んでいます。

 

4年目となる今年のフェア。ありがたいことに、毎年継続して実施してくださっている書店さんも少なくありません。

紀伊國屋書店梅田本店さんも、その一つです。

 

今年は「ビジネス/ウーマン」の棚でのご展開です。
沢山の方に目にしていただけると嬉しいです。

注目は今年8月に発売した『WOMEN EMPOWERMENT 100』。
「保健」「エネルギー」「テクノロジー」「経済参加」「法的ツール」など、11のセクターの解決策が100個フルカラーで紹介されています。
どれも、貧しい方々でも手が届きやすい(100ドル以下でできる)ことがコンセプトになっています。

 

皆様、紀伊國屋書店梅田本店さんにぜひ足をお運びください!

紀伊國屋書店梅田本店
大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街
TEL: 06-6372-5821
URL: https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Umeda-Main-Store/

※国際ガールズ・デー推進ネットワーク公式Facebookページ

【10月11日は国際ガールズ・デー】首都大学東京生協南大沢購買書籍部さんで「世界の女の子のために、私たちにできること」フェアが開催中です。 #国際ガールズデー

毎年10月11日は「国際ガールズ・デー」。

国連が2011年に定め、教育の権利、早期結婚、人身売買、差別…など、世界の女の子たちが置かれている数々の苦境を知り、アクションを起こす日になっています。

この日を広めるべく立ち上がった国際ガールズ・デー推進ネットワークに、英治出版も賛同し、加盟させていただいております。本を通じてできることは何か…と考え、世界の女の子たちの現状を伝えるために、2013年から各地の書店さんでブックフェアを企画・開催してきました。

今年のタイトルは、「世界の女の子のために、私たちにできること」フェア

去年までの3年間は、世界の女の子たちが置かれている「現状を知る」ことに焦点を当てていました。今年はそれに加えて、「課題の解決策を知る」本もセレクトされています。

 

こちらは毎年開催してくださっている、首都大学東京生協南大沢購買書籍部さんでのフェア展開の様子です!

毎年オリジナルの素晴らしい飾りつけをしてくださり、今年はなんと…

ご担当者様力作の切り絵!!
凄すぎます…多くの学生さんたちが棚の前で足を止めてくださることを願います。

書籍のカテゴリーのパネルを眺めるだけでも、世界の問題が色々と見えてきます。
ぜひ売り場に足をお運びください!

 

首都大学東京生協南大沢購買書籍部
東京都八王子市南大沢1-1
TEL: 042-677-1411
URL: http://www.univcoop.jp/tmu/info/shop.html#p01

※国際ガールズ・デー推進ネットワーク公式Facebookページ

【10月11日は国際ガールズ・デー】紀伊国屋書店横浜みなとみらい店さんで「世界の女の子のために、私たちにできること」フェアが開催中です。 #国際ガールズデー

毎年10月11日は「国際ガールズ・デー」。

国連が2011年に定め、教育の権利、早期結婚、人身売買、差別…など、世界の女の子たちが置かれている数々の苦境を知り、アクションを起こす日になっています。

英治出版は国際ガールズ・デー推進ネットワークに加盟し、本を通じて世界の女の子たちの現状を伝えるために、2013年から各地の書店さんでブックフェアを企画・開催してきました。

今年のタイトルは、「世界の女の子のために、私たちにできること」フェア

現在女の子たちが置かれている状況を伝えるのみならず、課題の解決策として何ができるかのヒントが詰まった本を多くセレクトしています。

 

こちらは、紀伊國屋書店横浜みなとみらい店さんでの展開の様子です!

 

メインパネルやPOPに加えて、「健康と保険」「暮らしを変えるアイデア」などのカテゴリーごとの現状を伝えるパネルも付けてくださっています。

 

WOMEN EMPOWERMENT 100』は今年発売の新刊。
「100ドル以下でできる、100のアイデア」をコンセプトに、世界の女性たちを力づける方法がフルカラーで紹介されています。
Because I am a Girl』は角田光代さんの翻訳で、途上国の現状を目の当たりにした世界の有名作家さんたちが、女の子たちの置かれた状況を物語っています。

 

難民高校生』の著者・仁藤夢乃さんは、行き場のない女子高生たちの居場所を作る女子高生サポートセンター「Colabo」を立ち上げ、
本日(11日)まで「私たちは『買われた』展」を横浜で開催しています。

http://mainichi.jp/articles/20161008/ddl/k14/040/272000c

 

横浜にお立ち寄りも皆様、ぜひ紀伊國屋書店横浜みなとみらい店さんに足をお運びください!

 

紀伊國屋書店横浜みなとみらい店
神奈川県横浜市中区桜木町1-1-7
Colette・Mare みなとみらい5F
TEL: 045-640-3081
URL: https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Yokohama-Minatomirai-Store/

 

※国際ガールズ・デー推進ネットワーク公式Facebookページ