『「学習する組織」入門』刊行記念セミナーを開催いたしました。

8月25日(金) 梅田 蔦屋書店さんにて、『「学習する組織」入門』の刊行記念セミナーを開催いたしました。今回のブログでは、関西に常駐している英治出版スタッフ・田中がセミナー当日の様子をお伝えします。

『「学習する組織」入門』は、世界的なベストセラー『学習する組織』をもとに、組織の中でよくある課題や最前線での事例もまじえ、学習する組織づくりの具体的な実践イメージを分かりやすく解説した書籍です。

当日のスピーカーは、本書の著者であり「学習する組織」の日本での第一人者でいらっしゃる、有限会社チェンジ・エージェント CEOの小田理一郎さん。

本書の序文でピーター・センゲ氏(『学習する組織』著者)が書いているように、多くの日本企業に実際に関わり、組織が直面しがちな課題を多く見てきた小田さんだからこそ語れる内容が、本書には盛りだくさんです。

『学習する組織』が初めて日本語に翻訳されて以来、多くの人が、その概念の理解と活用に苦心してきた。この概念が、異なる文化――特に日本のような非西洋の文化――のビジネスリーダーたちにとっての現実に合わせたかたちで説明される必要があることは明らかだった。そしてそれこそが小田の行ってきたことだ。
日本の人々は相互依存と協働についてごく自然に理解できるため、私は常に、日本のマネジャーは自然にシステム・リーダーになれると感じてきた。本書がそのビジョンの実現に役立つことを心から願っている。

(ピーター・センゲ序文より引用)

当日会場は、キャンセル待ちができるほどの参加者の皆さんで埋め尽くされました。いかに多くの方が、現在の組織・チームに課題を抱えているか、職場を変革していきたいと考えられているか、改めて実感しました。
最初と最後に行われた「対話セッション」では、参加者間で3~4名のグループを作り、気づきや学び、浮かんできた問いを共有、探求しました。笑顔の中にも真剣に、ご自身の組織・チームの課題や、日々の問題点を話し合われる参加者の皆さんの姿が、とても印象的でした。

また、事例をまじえながら「学習する組織」の理論と手法をご紹介くださり、その後、小田さんへの質問などが寄せられました。質問の多くは、「実際、意識レベルが異なるメンバー間の中で、どのように「対話」をすすめていけばいいのか?」「話を聞き入れない上司のもとで、会議は硬直状態。どのように会議を進めていけばよいのか?」などかなり具体的なものでした。組織やチーム、自分自身のことを深く探求しているからこそ生まれる質問だったのだと思います。

全ての質問に真摯に対応される小田さん。私自身も自分の組織、チームについて思いを巡らす時間となりましたが、参加者の方々にとっても同様に、学び多き時間だったのではないでしょうか。そして、それぞれの職場に戻り今日の時間が何かのお役に立てたならば幸いです。

今回のイベントに参加していただいた皆さん、そしてご登壇いただいた小田さん、会場をご提供いただいた梅田 蔦屋書店さん、ありがとうございました!!

『ひとりの力を信じよう』立花貴さんの トークイベントを開催いたしました!

ひとりの力を信じよう』の刊行を記念して、8月10日(木) 梅田蔦屋書店さんにて、著者の立花貴さんトークイベント ~地域活性化の最先端!「雄勝」の挑戦 ~を開催いたしました。

東日本大震災で壊滅的被害を受けた宮城県石巻市の町、雄勝(おがつ)。今、このまちが地方創生の新たなモデルとして注目されているのをご存知でしょうか?

その立役者のお一人が、今回のスピーカー立花さん。
元商社マンの立花さんは、震災直後にご家族の安否確認のため東北に戻られたことがきっかけで、雄勝に移り住み、現在も日々復興・地域活性化に取り組まれていらっしゃいます。

「現実を見てしまったからには何かせずにはいられなかった」。その時の立花さんの心の動きが、ひと言ひと言、熱く伝わってきます。

延べ5,000人のボランティアとの地域の拠点づくり、地元の海産物のブランド化など、「既にあるもの」を活かした取り組みで「人と地域」の様々な変化を生み出してきた立花さん。スライドを交えながら、これまでの活動の様子や今後の展望などもたくさんお話しいただきました。

一歩一歩、目の前のおひとりおひとりに真摯に話をされて活動を拡げてこられたという立花さんのお姿が目に浮かび、決して安直ではなかった道のりや、学ぶべきところも非常に多いお話に、参加の皆さんも終始真剣な面持ちで、立花さんのお話に聞き入っていらっしゃいました。

また、直近の活動の様子もお話いただきました。

現在、石巻市で開催中の「アート」「音楽」「食」がテーマとなった、Reborn-Art Festival 2017。7月末におこなわれたReborn-Art Festival 2017 × ap bank fesでは、立花さんも関わっている(株)雄勝そだての住人のブースも展開され、水揚げされたばかりの帆立の網焼きを販売されたそうです。その時の様子は、立花さんのブログにてご覧ください!
https://ameblo.jp/tachibana87/entry-12297369533.html

Reborn-Art Festival 2017は9月10日(日)まで開催しています。
皆さんも夏の終わり、是非、石巻に足を運ばれてはいかがでしょうか?

今回のイベントは、梅田蔦屋書店さんの〈コンセルジュカウンター〉での開催となり、立花さんとイベント参加者の皆さまがより近く、立花さんの熱いトークがダイレクトに心に響いてくるような会場となり、アットホームな雰囲気の中にも、熱い思いが交錯する、大変良い場となりました。


↑参加者おひとりおひとりと交流された立花さん

最後には、参加者の皆さまと記念撮影。

今回のイベントを企画してくださった、梅田蔦屋書店のコンセルジュ渡邉さんとも。

立花さん、梅田蔦屋書店の皆さん、そして当日ご参加くださった皆さん、この度はありがとうございました!!

『なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか』発売! 『なぜ人と組織は変われないのか』電子版の30%OFFセールもスタートです。

先週、『なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか』を発売いたしました。著者は『なぜ人と組織は変われないのか』のロバート・キーガン氏とリサ・ラスコウ・レイヒー氏です。

ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー[著]
中土井僚[監訳] 池村千秋[訳]
A5判ハードカバー 400ページ
定価:本体2,500円+税

・「自分をよく見せよう」「評価を下げたくない」と思うあまり、失敗や弱点を隠してしまう。
・組織の問題を感じても、上下関係や肩書が気になって指摘できず、本質的な問題解決ができない

30年以上にわたって「大人の発達と成長」を研究してきた著者は、このような弱さを隠してしまう「もう一つの仕事」が現代の組織に蔓延しており、それに膨大なエネルギーが費やされていると述べています。

誰もが本来の自分になることができ、弱点を認め合えるというのは、単に「人に優しい組織」であることを意味しません。むしろ、弱点の克服を目指しているからこそ、忌憚のない、ときには厳しいフィードバックがなされることがあります。「痛み」を伴ってでも成長するという強い欲求が必要なのです。そのようにして人々が成長するからこそ、組織として強くなり、結果としてビジネスの成功を収められる、と著者は主張します。

現代のビジネス環境は、不安定さ(Volatility)、不確実さ(Uncertainty)、複雑さ(Complexity)、曖昧さ(Ambiguity)が強まる「VUCAの時代」と言われています。そこで生じる問題は、これまでのやり方を改良することで解決できる「技術的な課題」ではなく、これまでのやり方を超越した方法で問題解決する「適応を要する課題」であることがほとんどです。

つまり、「うまくいっていた自分/やり方」を捨て、限界を克服してバージョンアップする組織こそが、現代のビジネス環境を勝ち抜いていけると著者は説きます。本書では、そのような「人と組織のバージョンアップ」を可能にする組織を「発達指向型組織(DDO= Deliberately Developmental Organization)」と定義し、DDOになるためにはどうすればいいのかの道筋が示されます。

「本来の自分」を取り戻し、成長の実感を得ながら生き生きと働ける職場で働きたい、またはそんな組織やチームをつくりたいビジネスパーソンへのヒントが詰まった一冊です。

また、新刊発売と同時に、『なぜ人と組織は変われないのか』電子版を各電子書籍ストアにて30%OFFで販売いたします。セールは8/31(木)まで。

ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー[著]
池村千秋[訳]
A5判ハードカバー 440ページ
定価:本体2,500円+税

英治出版 海釣部、今年は東京湾でアジ釣りに。

英治出版には、いろいろな部活動があります。
部活動といっても、
“有志で集まった者が定期的になにかしている”
程度のかなりゆるいものですが、
ランニング部や囲碁部などがあります。

そして年に1度、
夏だけ活動しているのが海釣部。
海釣部が前出の活動と異なるのは、
会社として行う点です。
一緒に働く仲間だけでなく、その家族や卒業生、
普段お付き合いをしている方も一緒に参加し、
交流を深めたり、
純粋に楽しもうとおこなっています。

今回は、総勢11名で乗船し、
横須賀の猿島近くでアジ釣りをしました。

昨年は、遅刻する人や船で酔ってしまって
釣りどころではなくなった人多数で、
トラブル続きでしたが、
今年は遅刻なし、
全員酔い止めを飲み、ひどく酔う人もおらず、
いいスタートをきりました。
天気も曇りで、海釣りには絶好の日でした。

ところが、やはりトラブルはつきもの。
始めたものの、なかなか釣れないのです。

船長さんがいろんなスポットへ
案内してくれるのですが、
どこへ行っても釣れない。
釣りのあとは、バーベキューの予定だけど、
お肉がメインになってしまうのか。。。
そんなことも想像しはじめたくらいです。笑




↑釣れない。。。

だんだん終了時間がせまってきて、
最後のスポットへ移動。
そしたら、なんと大漁!
しかけを海に投げるたびに釣れて、
全員のテンションがいっきにあがりました。
子どもたちも大喜び!




帰港後は、近くのうみかぜ公園で
バーベキューをしました。
アジの下処理、食材の買い出し、
火おこしの3チームに分かれて準備。
いいチームワークで順調に準備が整ったところでカンパイ!
美味しいアジのお刺身や塩焼きを食べながら、
とっても楽しい時間を過ごすことができました。





今回お世話になった船宿は「いなの丸」さん。
釣り初心者もたくさんいたのですが、
船長さんがひとりひとりに
丁寧にエサの付け方から釣り方まで、
教えてくださいました。
とてもありがたかったです。



↑そうめんをご馳走になりました!

仕立て船と竿などのレンタル、
BBQセットレンタル、食材を含めて、
約10万円でかなり楽しむことができます。
みなさんの会社や団体でも、
海釣部いかがですか?
おすすめです。

PASS THE BOOKについて、ご紹介します。

皆さん、こんにちは。今回のブログでは、これまでに何度か開催しているイベント「PASS THE BOOK」について、ご紹介したいと思います。筆者は、このイベントを企画・運営している英治出版の山見です。

PASS THE BOOKでは、毎回ゲストをお招きして、その方の座右の書をお持ちいただき、ご紹介してもらいます。その本のなにが好きなのか、その本からどんな影響を受けたのかなど、本への想いやその本にまつわるエピソードをお話してもらいながら、ゲストの人生に触れ、彼らの人生を感じるイベントです。ゲストのトーク、会場全体でのダイアログのあと、座右の書が参加者のおひとりにパス(プレゼント)されます。

実はこのイベント、はじめたきっかけは、greenz.jpの元編集長YOSHさんの「引っ越し」でした。

「もう読むことはないとわかっていても、大切にしていた本は捨てたり古本屋に持っていくのはとても偲びない。本への想いとともに、顔の見える誰かに渡すことができたら……。」そんなYOSHさんの想いに英治出版がコラボレーションする形ではじまりました。

毎回、1冊の本をつうじて見えてくる、ゲストの方の生き方や考え方から学びや気づきがあります。ただ、イベントでの学び・気づきは、必ずしも明日からすぐに役立つものではないかもしれません。どちらかと言えば、イベントの後日、じわりじわりと心に響くことが多いように思います。

例えば、マラリア・ノーモア・ジャパンの水野達男さんがゲストで来ていただいたときのこと。ビジネスマンとして必要なロジカルシンキングはすべてこの本から学んだ、と『企業参謀』(講談社文庫)をお持ちいただきました。仕事をするなかで、その内容をどんどん自分のものにしていかれた水野さん。けれど、その延長線上でのアフリカ赴任をきっかけに、体調を崩され「ロジックだけではダメなんだと気がついた」と水野さんは言います。それからは、ご自身のなかにあるセンサーによる反応、つまり直感を大切にしていることをお話してくださいました。いまは、ロジカルさも直感もうまく扱っているんだそうです。

このように、本の紹介にとどまらず、その本と生きてきたことで起こったことや発見を知ることができるのがおもしろいところです。

私にはこの話が印象的で、その日以降、これってセンサー反応してるやつかな? とか、ちょっと違うやつかな? など、直感について自分と対話をするようになりました。いまだに、どれが直感なのか、わからないときもありますが、たぶんこのプロセスを続けていくことに意味があるんじゃないか、水野さんもそんな感じだったのかなとじわりじわりと影響を受けているのを実感しています。

もちろん、ゲストの話を聴いての学び・気づきはそれぞれに違って、参加者の皆さんとのダイアログのなかで新たに気づくこともたくさんあります。

次回のPASS THE BOOKは明日、6月14日におこないます。ゲストにおこしいただくのは、世界を旅するノンフィクション作家の寺井暁子さん。

務めていた会社を辞め、世界中に散らばった同級生たちに会いにいった旅を綴った『10年後、ともに会いに』(クルミド出版)。そのあとの旅をつうじて書いた『草原からの手紙』(クルミド出版)。そして、現在執筆中の寺井さんがナイル川沿いのミュージシャンたちの旅を追った最新作『ナイル・ナイル・ナイル(仮題)』。どの作品も、彼女がなにかに突き動かされてでた旅がベースになっています。

ただ「突き動かされるもの」を信じて旅にでる一方で、やはり本当にこれでよかったのかな……と考えてしまうのも寺井さん。そんなふうに微妙に揺れ動きつづける寺井さんに「旅のかたちを示してくれた1冊」を今回ご紹介いただきます。

寺井さんのように、旅にでようかな、でもなぁ……という狭間にいる方、旅でなくとも、この選択をしてよかったのか? 本当にこれでよかったのか? と揺れ動いている方など、なにか次の方向性を見つけたり、一歩踏み出すヒントになるかもしれません。

個人的には、「突き動かされるもの」と「直感」は似ているような気もしていて、寺井さんがそれだとわかるとき、どんな感覚なのか興味があります。また、突き動かされるものや直感と理性の揺れとどうやって付き合われているのかを寺井さんに聞いてみたいと思っています。

当日は、寺井さんを囲んでお話を聴いたり、自由に質問したり、それぞれの楽しみ方で時間を過ごしてくださればと思います。ご参加希望の方はお申込みのうえ、当日会場へおこしください。お待ちしています。

▼次回PASS THE BOOK概要
・日時 2017年6月14日(水)19:00-21:30 ※開場18:45
・場所 EIJI PRESS Lab
・費用 2,000円
・申込 http://passthebook1706.peatix.com

英治出版公式ブログ