日販への出庫金額2億円突破

英治出版が全国書店に本を流通させるために取次店と契約できたのが、
創業2年目の2000年4月だった。
この取次口座の取得が難しいと言われている。
僕としては、一世出版の時、英治出版の時と2度交渉して、
2度とも口座開設いただいているので、取次が閉鎖的とは思っていない。
当然、取引条件面では、不満というより理解不能な点もあるけど。

出版流通の2大取次の1つ、日本出版販売への口座開設以来の出庫金額が
2億円を突破した(2003年8月集計分まで、本体価格ベース)。
3年4ヶ月でのクリア。
王子にある流通センターに自分で納品していた時期が懐かしい。

英治出版創業者 原田英治

ホームレスが販売する雑誌

ホームレスの人が街頭で販売する雑誌「ビッグイシュー日本版」(水越洋子編集長)の発売が9月11日から大阪市内で始まったそうだ。

英国で創刊された雑誌で、世界24カ国以上で発行されているという。

出版プロデューサー制度により、専属の営業社員をもたない英治出版も、
ホームレス販売員には気がつきませんでした。脱帽。

『考具』大ヒット?!

昨夜のテレビ東京『ワールドビジネスサテライト』で
英治出版が紹介され、ちょっとした期待をこめて、
amazon.co.jpのランキングを
チェックしてみた。
なんと、というか、やっぱり『考具』が49位にアップしていた。
弊社が韓国進出の第1弾として版権を取得した本ではあるが、
日本での発行元は阪急コミュニケーションズ。著者の加藤さんに本の映像と、いっぱい映っていたものなー。
お役に立てて、うれしいです。英治出版の本も売れないかなー。

さて、その『考具』の韓国語版ですが、
韓国最大の書店「教保文庫」のビジネス書ランキングで7位にはいりました。
あの番組、韓国でも放送してるのかな???
こちらは英治出版の本です。うれしい。

英治出版公式ブログ