タグ別アーカイブ: 学習する組織

『「学習する組織」入門』刊行記念セミナーを開催いたしました。

8月25日(金) 梅田 蔦屋書店さんにて、『「学習する組織」入門』の刊行記念セミナーを開催いたしました。今回のブログでは、関西に常駐している英治出版スタッフ・田中がセミナー当日の様子をお伝えします。

『「学習する組織」入門』は、世界的なベストセラー『学習する組織』をもとに、組織の中でよくある課題や最前線での事例もまじえ、学習する組織づくりの具体的な実践イメージを分かりやすく解説した書籍です。

当日のスピーカーは、本書の著者であり「学習する組織」の日本での第一人者でいらっしゃる、有限会社チェンジ・エージェント CEOの小田理一郎さん。

本書の序文でピーター・センゲ氏(『学習する組織』著者)が書いているように、多くの日本企業に実際に関わり、組織が直面しがちな課題を多く見てきた小田さんだからこそ語れる内容が、本書には盛りだくさんです。

『学習する組織』が初めて日本語に翻訳されて以来、多くの人が、その概念の理解と活用に苦心してきた。この概念が、異なる文化――特に日本のような非西洋の文化――のビジネスリーダーたちにとっての現実に合わせたかたちで説明される必要があることは明らかだった。そしてそれこそが小田の行ってきたことだ。
日本の人々は相互依存と協働についてごく自然に理解できるため、私は常に、日本のマネジャーは自然にシステム・リーダーになれると感じてきた。本書がそのビジョンの実現に役立つことを心から願っている。

(ピーター・センゲ序文より引用)

当日会場は、キャンセル待ちができるほどの参加者の皆さんで埋め尽くされました。いかに多くの方が、現在の組織・チームに課題を抱えているか、職場を変革していきたいと考えられているか、改めて実感しました。
最初と最後に行われた「対話セッション」では、参加者間で3~4名のグループを作り、気づきや学び、浮かんできた問いを共有、探求しました。笑顔の中にも真剣に、ご自身の組織・チームの課題や、日々の問題点を話し合われる参加者の皆さんの姿が、とても印象的でした。

また、事例をまじえながら「学習する組織」の理論と手法をご紹介くださり、その後、小田さんへの質問などが寄せられました。質問の多くは、「実際、意識レベルが異なるメンバー間の中で、どのように「対話」をすすめていけばいいのか?」「話を聞き入れない上司のもとで、会議は硬直状態。どのように会議を進めていけばよいのか?」などかなり具体的なものでした。組織やチーム、自分自身のことを深く探求しているからこそ生まれる質問だったのだと思います。

全ての質問に真摯に対応される小田さん。私自身も自分の組織、チームについて思いを巡らす時間となりましたが、参加者の方々にとっても同様に、学び多き時間だったのではないでしょうか。そして、それぞれの職場に戻り今日の時間が何かのお役に立てたならば幸いです。

今回のイベントに参加していただいた皆さん、そしてご登壇いただいた小田さん、会場をご提供いただいた梅田 蔦屋書店さん、ありがとうございました!!