タグ別アーカイブ: 株主総会

第18期 英治出版株主総会をおこないました。

先日、第18期 英治出版株主総会をおこないました。

今年もこの日のEIJI PRESS Labは、ミュージアム風に。昨年度に発行した20タイトルとその著者や監訳者などの皆さんの写真、日々の出来事やイベント、本のランキングなどを展示しました。

 

英治出版の累計発行タイトルは308に。
社会変革や経済開発、組織開発、働き方、育児などに関するタイトルを刊行し、さまざまなフィールドでご活躍される皆さんとお仕事ができました。

書店さんと一緒に、いろんなブックフェアも開催しました。刊行したタイトルに関するイベントも各地で実施。オンラインでもいろいろな記事で著者の方や本を紹介していただきました。

 

著者の方が、英治出版に遊びに来てくださいました。
高校生のインターンも来てくれました。
インターン生の受け入れは2年目で、今回の生徒は、1年目に来ていただいた生徒のお話を聴いて英治出版でのインターンを希望してくれたようです。


インターンを終えての発表をしているときの様子

 

3名が英治出版を卒業し、それぞれの道に進みました。
卒業生は総勢96名に。
英治出版には、卒業生全員に毎年バースデーカードを送る文化がありますが、だんだん大変になってきています。笑
そして、新たに5名の仲間が加わりました。

約10年間、英治出版の営業を引っ張ってきてくれた
仲間とのお別れもありました。

 

株主総会後には、毎年恒例行事となりつつある5月生まれの誕生日会。

英治出版には、5月生まれが3名います。
今年、それぞれにプレゼントしたのは、
「自分では気づいていないかもしれない、あなたの能力」。

UXの時代』著者で、シーオス代表の松島聡さんが、イベントで、とあるエピソードを紹介されていました。

そのエピソードとは、シーオスにいる日本刀が大好きな社員のお話でした。日本刀のコレクションはお金のかかる趣味。その社員の方は日本刀を研ぐ能力を活かして、ほかの社員の包丁を研ぐというサービスを社内で始めたそうです。日本刀好きとあって、研ぐのが上手。評判になり、そのサービスで日本刀にかかる費用を稼いだという話でした。

英治出版スタッフにも自分では気がついていない、秘められた能力があるのでは? それに気がついたり、どこかで活かしてもらうきっかけになったらいいな、との思いでお祝い企画をおこないました。

小料理屋をやりたいと言っている鈴木。ひょっとして、「利きだし」能力がすごいのでは? 夏目漱石が好きな平野。「どの文章が漱石かわかる」能力があるのでは? 競馬も好きな平野。もしかして、「競馬」名人? トライアスリートの原田。「肺活量すごい」能力があるのでは?

それぞれ、ゲームにチャレンジしてもらいました。

いつかどこかで、今回発見した能力を活かしてもらえるかもしれません。

1999年6月に創業の英治出版は、今月で19年目を迎えます。
20周年も目の前です。
これからも目の前のひとりを大切に、
「応援」「夢」「幸せ」をキーワードに
毎日を過ごしていきたいと思います。

英治出版株式会社 第17期 定時株主総会を開催しました。

2016年5月25日(水)、株主のみなさんと英治出版メンバーが集まるなか、英治出版の第17期定時株主総会を行いました。

株主総会2016_1

 

英治出版の株主総会の会場は、2012年につくった会議・イベントスペース、EIJI PRESS Lab(ラボ)。3年前から、株主総会ではミュージアム風にさまざまな展示を行っています。

 

2013年の様子。友だち100人に「英治出版ってどんな会社?」を聞いた答えや会社の歴史について展示をしました。

株主総会16_2 株主総会16_3

「小粒でもぴりりと辛い会社」 「長く読み継がれる本をつくる会社」 「社会を”本気で良くしよう”という意志を感じる出版社」など、たくさんの素敵な言葉をいただきました。

「高い本をつくる会社」 「煽るマーケ弱い系w」 「正直にバカがつく会社」という、ぷぷぷと笑ってしまうコメントもいただきました!笑

 

つづいて、2014年の様子。この年は、創業15年目の年でした。「英治出版15周年フェア」を開催していたので、フェアの展示を行いました。また前年度に刊行した出版物の著者の方たちを紹介するコーナーもつくりました。

株主総会16_5株主総会16_4

 

2015年の様子はこちら。いろんな年の出版物の著者・訳者のみなさんの紹介を展示したり、株主のみなさんと一緒にラボの活用法を考える、リトル・セッションも実施しました。

株主総会16_6 株主総会16_7

 

そして、今年。昨年度を振り返り、未来の英治出版を想像し、みんなで未来をつくっていく。そんな意味を込めた会場をつくりました。

株主総会16_8

振り返りのパートとして、昨年度に発行したタイトルの著者や訳者、監訳者のみなさんを紹介する展示コーナーをつくりました。昨年度に発行したタイトルは17タイトルでした。

株主総会16_9

あんなことも、こんなこともあったなぁと思い出せる、昨年度のできごとを写真で振り返るコーナーもつくりました。

株主総会16_10

未来の英治出版を描いてみよう! と、「妄想マップ~もしも英治出版が○○したら~」コーナーをつくりました。株主総会の2週間前に、スタッフで集まって英治出版の未来についてそれぞれが自由に「妄想」し、その内容を発表しあう時間をつくりました。株主総会では、みんなの妄想をイラストにして表現しました。

創業20年を前にして、これからわたしたちはどうなっていきたいのか、どんなことにチャレンジしていきたいのか。そんなことを既存の事業にとらわれずに自由・大胆・気軽に妄想した「もしも英治出版が○○だったら」。はたして、この中のなにかが実現されるでしょうか・・・!?

株主総会16_11

また、これから未来を一緒につくっていくメンバーとして、スタッフの紹介コーナーも展示しました。メンバーそれぞれに、「1年間の振り返り。わたし、こんな仕事をしました。」「わたしの関心事はこれだ!」について書いてもらいました。

 

さて、事業報告・決算報告のプレゼンテーションは、原田がおこないました。そのなかで、今年はじめて掲げられた「インパクト創出の4つの視点」のお話をご紹介します。

株主総会16_12

それは、英治出版はHow Manyの視点(売上、部数など数値的なもの)だけで事業のインパクトを測るのではなく、たとえば書籍がどれだけ深い示唆を読者に与えられたかといったHow Deepの視点、あるいはHow Far(どれだけ幅広い人たちに読まれるか等)、How Long(どれだけ長く読まれるか等)の視点を大切にしていこう、というものです。

 

「心の中にあるメッセージを、別の人の心に届ける。」

 

わたしたちの仕事はこういう仕事なんだとあらためて考え、How Deepは「心に届くレベル」かどうかが重要だね、というマインドを共有する機会となりました。

 

また、株主総会の直前、原田は50歳の誕生日を迎えました。

株主総会16_13

総会後の懇親会がひと区切りついた頃、サプライズのお祝いを実施。スタッフみんなで準備したのが、ショートムービー「原田英治という人」。「あなたにとって原田英治とは?」について、それぞれが語りました。

 

わたしにとって原田英治は「動く壁」です。

わたしにとっては「断ってくれる本当の応援者」です。

「よきビッグブラザー」です。「戦国大名」です。「ちょうどいい温度感」です。「親戚のおじさん」です・・・などなど。英治出版の卒業生も含めて、それぞれにとっての原田英治を語りました。原田も大変よろこんでくれたようで、来年の株主総会は卒業生も声をかけて「リユニオン株主総会がしたい。」と言っていました。

 

さて、来年の株主総会までにどんなことが起こるでしょうか? 株主総会それ自体は、わたしたちにとってどんな機会になるでしょうか?

 

また1年後、みんながわくわくしたり、楽しみになる株主総会になるように、そして新しい気づきがあったり、さらなる英治出版の発展になる機会となるように、日々How Deepを問いながら過ごしたいと思います。

株主総会16_14