タグ別アーカイブ: 梅田蔦屋書店

『「学習する組織」入門』刊行記念セミナーを開催いたしました。

8月25日(金) 梅田 蔦屋書店さんにて、『「学習する組織」入門』の刊行記念セミナーを開催いたしました。今回のブログでは、関西に常駐している英治出版スタッフ・田中がセミナー当日の様子をお伝えします。

『「学習する組織」入門』は、世界的なベストセラー『学習する組織』をもとに、組織の中でよくある課題や最前線での事例もまじえ、学習する組織づくりの具体的な実践イメージを分かりやすく解説した書籍です。

当日のスピーカーは、本書の著者であり「学習する組織」の日本での第一人者でいらっしゃる、有限会社チェンジ・エージェント CEOの小田理一郎さん。

本書の序文でピーター・センゲ氏(『学習する組織』著者)が書いているように、多くの日本企業に実際に関わり、組織が直面しがちな課題を多く見てきた小田さんだからこそ語れる内容が、本書には盛りだくさんです。

『学習する組織』が初めて日本語に翻訳されて以来、多くの人が、その概念の理解と活用に苦心してきた。この概念が、異なる文化――特に日本のような非西洋の文化――のビジネスリーダーたちにとっての現実に合わせたかたちで説明される必要があることは明らかだった。そしてそれこそが小田の行ってきたことだ。
日本の人々は相互依存と協働についてごく自然に理解できるため、私は常に、日本のマネジャーは自然にシステム・リーダーになれると感じてきた。本書がそのビジョンの実現に役立つことを心から願っている。

(ピーター・センゲ序文より引用)

当日会場は、キャンセル待ちができるほどの参加者の皆さんで埋め尽くされました。いかに多くの方が、現在の組織・チームに課題を抱えているか、職場を変革していきたいと考えられているか、改めて実感しました。
最初と最後に行われた「対話セッション」では、参加者間で3~4名のグループを作り、気づきや学び、浮かんできた問いを共有、探求しました。笑顔の中にも真剣に、ご自身の組織・チームの課題や、日々の問題点を話し合われる参加者の皆さんの姿が、とても印象的でした。

また、事例をまじえながら「学習する組織」の理論と手法をご紹介くださり、その後、小田さんへの質問などが寄せられました。質問の多くは、「実際、意識レベルが異なるメンバー間の中で、どのように「対話」をすすめていけばいいのか?」「話を聞き入れない上司のもとで、会議は硬直状態。どのように会議を進めていけばよいのか?」などかなり具体的なものでした。組織やチーム、自分自身のことを深く探求しているからこそ生まれる質問だったのだと思います。

全ての質問に真摯に対応される小田さん。私自身も自分の組織、チームについて思いを巡らす時間となりましたが、参加者の方々にとっても同様に、学び多き時間だったのではないでしょうか。そして、それぞれの職場に戻り今日の時間が何かのお役に立てたならば幸いです。

今回のイベントに参加していただいた皆さん、そしてご登壇いただいた小田さん、会場をご提供いただいた梅田 蔦屋書店さん、ありがとうございました!!

『サーチ・インサイド・ユアセルフ』刊行記念セミナー、大阪・梅田蔦屋書店様で開催しました!!

海の日の7/18(月)、梅田蔦屋書店様で、大好評発売中の書籍 『サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法』の出版を記念したセミナーを開催しました。

 

講師としてお招きしたのは、本書の監訳メンバーで、また日本における数少ないSIYの認定講師でもいらっしゃる荻野淳也さん(一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート)。

 

「マインドフルネスって?」「サーチ・インサイド・ユアセルフってどんなことをするプログラムなの?」という方々に、これらのエッセンスを、ワークを通じ体感していただけるものとして、企画いたしました。

 

会場には50人以上の参加者が来場されました!みなさん、期待いっぱいの表情です。

 

SIYumeda2

 

今回のワークショップの目玉は、実際に「サーチ・インサイド・ユアセルフ」を体感できること。それも、参加者の皆さん方がお互いに対話を通じながら、「実感し」「気づく」ということを、まさに「体感できる」というものでした。まず、最初に行ったのが、「簡単なマインドフルネス瞑想」。「呼吸」に注意を向けるシンプルな瞑想です。

 

SIYumeda3

 

姿勢を正し、呼吸に注意を集中させる。皆さん、真剣な表情でマインドフルネス瞑想を体感されています。簡単なようですが、ふと気づくと注意がそれてしまっていたり、雑念がわいたりして、意外に難しくも感じます。どのように対処すればよいのか、荻野さんは穏やかな調子で説明してくれました。

荻野さんいわく、注意力のトレーニングは、筋トレと同じ。やるたびに注意力を鍛えることができるそうです。

 

SIYumeda4

 

次のワークは「マインドフル・リスニング」。二人がペアになり、交互に相手の話に耳を傾ける、というもの。聞く側は相手の話に意識を集中しなければなりません。これもシンプルなワークですが、どんな効果があるのでしょう。

 

SIYumeda5

 

本書の『サーチ・インサイド・ユアセルフ』で、著者チャディー・メン・タンはこう書いています。

 

私たちは、七週間のSIY講座の最初に、よくこのフォーマルなエクササイズをやる。参加者はたいてい、お互いに知らない人どうしだ。そして、このエクササイズの最後に、参加者からこう言われることがよくある。「この人とは六分過ごしただけですが、もう友達です。仕切りの隣同士で何か月も仕事をしていながら、お互い知りもしない人がいるというのに」。これこそ注意力の威力だ。注意をすべてむけるという贈り物を六分間与え合うだけで、友情を育むには十分なのだ。

 

私たちが会話の際、いかに相手に対して注意力が散漫であるのか、「気づく」ことができるかもしれません。

 

そして、次のワークは「ジャーナリング」。出されたお題に対し、思いついたことをどんどん書きます。いったい、何のワークでしょう。本書ではこう書かれています。

 

ジャーナリングとは、自分に向けて書くことで自己発見する練習だ。心の中にありながら、明瞭で意識ある眺めには入っていないものを発見するのを助ける、重要なエクササイズだ。

 

こんな簡単なエクササイズなのにほんとうに役に立つのか、と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、科学的な研究でも、肝をつぶすほどの効果が出ていることが本書には記されています。

 

驚いたことに、参加者の皆さんからいただいたアンケートの中にも、「自分を見つめなおすことができた」「頭が整理された感じ」という感想が多くありました!

 

SIYumeda6

SIYumeda7

 

こうして、荻野さんのお話とワークを織り交ぜながらの2時間は、あっという間に過ぎました。

 

私(関西で書店営業をしている田中)が一番驚いたのが、会場の皆さんの雰囲気の変化です。開始直後には期待や不安など、なんとなくざわざわとした空気が満ちていた会場でしたが、終盤を迎える頃から、どんどん、満ち足りた、それでいて澄んだ空気感へ変化していたこと。これも、マインドフルネスの効果なのかもしれません。

 

講師の荻野さん、ご参加くださった皆様、梅田蔦屋書店のスタッフの皆様、本当にありがとうございました!また近々お会いできる日を楽しみにしております。

 

SIYumeda8

 

『サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法』

 

9784862762276