タグ別アーカイブ: 英治出版

今年もロンドン・ブックフェアに参加。出版社が運営する書店、London Review Bookshopも訪問しました。

3月14日(火)~16日(木)にロンドン・ブックフェアが開催されました。海外の出版社とミーティングをおこなうため、英治出版は毎年参加しています。今回は、プロデューサーの安村と平野、コーポレート・コミュニケーションの山見の3名で参加し、海外で出版されるさまざまな本を紹介してもらいました。特に今回は、経済格差に関する書籍の紹介が多かったです。

↑ブックフェア会場。ブースがたくさんあります。

↑ブックフェア会場の入口付近。

各社とのミーティングでは、日本で出版した本の状況などをお伝えすることもあります。たとえば、先日発売した『なぜ僕たちは金融街の人びとを嫌うのか?』の原書(Swimming with Sharks)を出版しているAndrew Nurnberg Associates社とのミーティングでは、著者・ヨリスさんが来日されたときの様子をお話しました。特に、日本の複数のメディアがヨリスさんをインタビューしたことが嬉しかったようで、とても興奮されていました。原書の出版社の方と、こうして細やかなコミュニケーションをすることで、著者の応援が加速するような気がしました。

なお、ヨリスさんのインタビュー記事はこれから随時、公開される予定です。現在は、東洋経済オンラインの記事や『3月のライオン』監督・大友啓史さんとの対談記事がcakesでご覧いただけます。

 

ロンドン滞在中はブックフェア以外に、『夢とスランプを乗りこなせ』著者でイラストレーターのベン・タロンさんにお会いし、彼のスタジオや思い出の地を案内してもらいました。

↑駅で待ち合わせをしたときのベンさん。あたたかく迎えてくれました。

 

また、事前に調べて気になっていた書店「London Review Bookshop」を訪問しました。

London Review Bookshopは、大英博物館のすぐそばにあります。London Review of Booksという雑誌を発行している出版社(出版社名もLondon Review of Books)が、書店「London Review Bookshop」とカフェ「London Review Cakeshop」を運営しています。英治出版も出版事業を中心におこなっているので、新しい事業まではいかずとも、新しい取り組みなどのヒントがありそうだと思い、訪問することにしました。

彼らが毎月2回発行している雑誌がこちらです。

雑誌名からは、ロンドン在住著者の本の書評が掲載されているのかな? と想像できますが、実際の内容は、世界情勢に関すること(特にヨーロッパ各国に関する政治について)や、各国の歴史など、ロンドンに限らないさまざまな分野の記事が掲載されています。もちろん、イギリスやロンドンの歴史や文学、芸術に関する記事もあります。たとえば、最新号VOL.39 Number.7では、シリア情勢やウィンストン・チャーチル元首相に関する記事が書かれています。雑誌のアプリもあるので、日本に住んでいても記事を読むことができます(1部600円)。

店内を見ながら発見した、彼らのユニークな点は、雑誌の表紙をカレンダーやポストカード、アートに活用していることです。雑誌の表紙は、毎回異なるイラストレーターがデザインしているようです。

また、書店とカフェは18:30(日曜日は18:00)で営業を終了しますが、19:00からほぼ毎日、イベントが開催されます。私たちが訪問した日もイベントが開催予定でしたが、事前予約チケットが売り切れるほどの人気でした。その日のイベントは、Close to the Knives: A Memoir of Disintegrationという書籍の復刻版発売記念イベントの開催でした。イベントに参加できない場合も後日、ポッドキャストで内容を聴くことができるようです。ほかにも、Customer Eveningsという、お客さん感謝デーのようなイベントも開催しています。感謝デーでは、本が割引で買えたり、ワインや軽食を楽しめるそうです。

↑店内に掲示しているイベントのチラシ

 

今回の訪問をとおして、「自分たちがすでに持っているものを活かしながら、コミュニケーションを生みだす仕掛けづくり」を学びました。「コミュニケーションを深める仕掛け」も混ぜ合わせながら、今後英治出版でも活かしていきたいと思いました。

英治出版オリジナルブックフェアを開催中。フェア対象書籍をご購入いただいた方(先着10名)に、「しあわせを運ぶ てんとう虫チョコ」をプレゼント!

みなさんご存じのように、書店ではよくブックフェアが開催されます。店員さんが企画したフェア、作家や著名人が選書したフェア。見かけるとつい足をとめる人も多いのでは? そんなブックフェアの魅力のひとつは、思いがけない本との出会い、いわばセレンディピティ(幸運な偶然)が起こることかもしれません。

 

英治出版もしばしば書店のブックフェアに関わっています。ソーシャルデザイン関連書フェア、春のフレッシャーズ向けのフェア、国際ガールズ・デー(10月11日)にちなんだフェア。ただ、「書店以外」でのフェアはあまりしてきませんでした。英治出版にはイベントスペースEIJI PRESS Labがあり、壁一面の大きな本棚があるのに。

 

blogpicturefair
↑毎春、ブックファースト新宿店さんで開催している
フレッシャーズ向けブックフェア

 

そこで、毎月テーマを決めて、EIJI PRESS Labと英治出版オンラインストアで英治出版オリジナルブックフェアを開催することにしました。最近の新刊も過去に出版した本もごちゃまぜに選書。予想外の発見(セレンディピティ)があるかも?

 

2月といえば、バレンタインデー。筆者が毎年思い出すのは、小学生のころに手作りしたチョコレートのこと。担任の先生にあげるつもりでつくりました。プレゼントだから、きれいな包装紙に包んで渡す。そんな発想があってもよかったはず。ですが私は、アルミホイルに包んだチョコレートをプレゼントしてしまいました・・・。

 

余談はさておき、今月は『チョコレートの真実』を起点に、全部で6冊を選びました。

チョコレートの真実

フェアトレードのおかしな真実
――僕は本当に良いビジネスを探す旅に出た』

Because I am a Girl
――わたしは女の子だから』

ハーフ・ザ・スカイ
――彼女たちが世界の希望に変わるまで』

ブルー・セーター
――引き裂かれた世界をつなぐ起業家たちの物語』

世界で生きる力
――自分を本当にグローバル化する4つのステップ』

Labのフェア用本棚もできあがっています。
Labにお越しの際は、ぜひ覗いてみてください。

英治出版オンラインストアのページはこちらです。

 

 

また、このブログではフェア対象書籍を1冊ずつ紹介していきます。
今回は『チョコレートの真実』です。

 

『チョコレートの真実』

fair1702_2

甘いチョコレートの裏側に隠された、カカオをめぐる過酷な児童労働の苦い真実にせまるノンフィクション。

カカオ農園で働く子供たちは、チョコレートを知らない

世界最大のカカオ豆の輸出国、コートジボワール。密林奥深くの村を訪れたカナダ人ジャーナリストのキャロル・オフは、カカオ農園で働く子供たちに出会う。子供たちは自分たちが育てた豆から何が作られるのかを知らない。自分に課された過酷な労働が、先進国の人々が愛するお菓子であることも、チョコレートが何なのかさえも。

 

苦いチョコレートの歴史を紹介したブログ記事も、
ぜひご覧ください。
社内でもかなりの読書家であるスタッフが書きました。http://www.eijipress.co.jp/blog/2017/02/02/20534/

 

チョコレートの裏側に隠された児童労働のような、目には見えないことが他にもたくさんあると思います。野菜は、誰かが育て、収穫し、お店に運んでくれています。お肉も、他のいろんな商品も同じです。当たり前にそこに並んでいるように見えるモノの背景には、いろんな情報やストーリーがあることを思わされます。

 

見えない現実を覗くこと、
見えないけど想像し得るストーリーを描くこと。
ひとりひとりがはじめられる1歩かもしれません。

 

世界の子どもを児童労働から守る活動をしている、認定NPO法人ACE。彼らは「しあわせへのチョコレートプロジェクト」をおこなっています。チョコレートを食べる人と作る人、みんなが一緒にしあわせになれるように、児童労働のないチョコレートが当たり前に手に入る社会の実現を目指している活動です。プロジェクトで生まれた「しあわせを運ぶ てんとう虫チョコ」は、売上の一部がガーナのカカオ生産地の子どもたちを支援する寄付にもなるそう。てんとう虫チョコを購入してプレゼントする。ACE制作の映画『バレンタイン一揆』を観る。それぞれがしたい、できる方法で応援できるといいですよね。

 

 

また、英治出版オンラインストアで今月のフェア対象書籍をご購入いただいた方(先着10名)に、書籍と一緒にてんとう虫チョコをお送りします。この機会が見えない現実を覗く、見えないけど想像し得るストーリーを描くきっかけになれば嬉しいです。

 

次回は「フェアトレード」の内側を伝える本をご紹介します。

11/22発売の新刊『夢とスランプを乗りこなせ』、関西・スタンダードブックストア心斎橋さんにて先行販売スタート!!

包み隠さず語った夢とスランプの日々を、悩めるクリエイターの毎日に寄り添うように執筆された『夢とスランプを乗りこなせ――ぼくがクリエイターとして生きていく方法』の著者ベン・タロン氏がロンドンより来日します!!

そして、刊行記念のトーク&ライブペインティングを11/20(日)、 スタンダードブックストア心斎橋で開催します。またそれに先駆けて、先行販売がスタートしました!

お店の入り口には、イベントのポスターもしっかり掲示されています。店内でも、デザインコーナーや、イベント告知コーナーなど各所に本書が展開中。

 

%e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b02

%e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b05

%e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b04

%e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b03

 

表紙のイラストは、日本語版のために著者が描きおろし!! オレンジとグリーンのカラーとベンさんのイラストがとても目を引きます。

 

%e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b06 %e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b07

ベンさんは現在、世界的な有名クライアントの仕事を手掛けられるかたわら、自身の苦労した経験から、悩めるクリエイターやフリーランサー、専門学校向けのセミナーやpodcast、自殺防止に取り組む慈善活動にも力を入れられています。

 

今回のイベントは「フリーランスのクリエイターのための予算ゼロのセルフプロデュース術」と題し、自身の成功・失敗体験をもとに、クライアントに見つけてもらえる、選ばれるイラストレーターになるためのセルフプロデュース術を伝授。ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館で開催されたThe London Design Festivalでも大好評だったセミナーの日本初上陸版です!

 

■ 自分の個性を活かした、独自の作風を確立するには?
■ ウェブに載せるポートフォリオの工夫の仕方は?
■ SNSの効果的な活用方法は?
■ キャリアのない無名時代には、どう営業すればいい?

 

クリエイターの方はもちろん、クリエイターを目指す学生の皆さんにも役立つ情報が満載です! また後半には、ベンさんと一緒にライブペイントを体感するプログラムも。ベンさんと一緒に作品をつくりあげられる、またとない機会です!!

 

関西にお住いの皆さま、ぜひご参加お待ちしております。参加のご予約はこちらよりお願いいたします。

 

%e5%a4%a2%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b08

ニューヨークに行ってきました。100%ボランティア運営の書店って・・・?

英治出版社員は、1年に1度、海外に行くことができるチャンスがあります。自分で目的を設定して、行く国や現地での計画を立て、承認を得られれば出張できます。その前後にバケーションをくっつけて、他の国に行ってもよいのです。

 

今年の4月には編集の業務を中心におこなっている高野と安村がそれぞれイタリア・ボローニャとイギリス・ロンドンへ行ってきました。高野はボローニャで、ボローニャブックフェアという絵本を中心としたブックフェアを視察し、いつか絵本をつくりたいと企んでいます。安村はロンドンでブックフェアの仕事のあとにバケーションをとって、フィンランドに遊びに行っていました。現地の書店や図書館も見に行ってくれて、帰国後におみやげ話をしてくれました。

 

今月にはドイツ・フランクフルトでブックフェアが開催されるので、7月に英治出版に参画したメンバーを含めた2人がフランクフルトに行ってきます。そして先月、広報などコミュニケーション全般の業務にたずさわっている私、山見はアメリカ・ニューヨークに行ってきました。このブログでは、ニューヨークで視察した一部をご紹介したいと思います。

 

  • 100%ボランティア運営の書店

Bluestockingsという独立書店を訪問してきました。ユニークでおもしろそうな書店がないかと調べているなかで発見した書店です。フェミニズム関係の本、ジェンダーや人種、環境問題、政治などのテーマでメッセージ性が強い書籍を取り扱っている書店です。そして、もっとも関心を持ったのが、この書店が100%ボランティアで運営されている点。はじめにそのことを知ったときは、どういうことなんだろう? とすごく不思議に思いました。そんなことあり得るんだろうか? と。どうしても気になったので、友人の力も借りながら、会う約束をとりつけました。

 

  • 店内の様子

お店は、マンハッタンのロウワ―イーストサイド地区にあります。最寄り駅から10分くらい歩くと着きます。どきどきわくわくしながらお店の前に到着。外観はこんなかんじです。味のあるいい雰囲気です。

 

img_1100

 

お店のなかに入って、まずはぐるりと一周。ジェンダーやアナーキズム、人種、活動家の戦略、教育改革など細かいテーマ別に棚づくりがされています。移民大国アメリカらしく、ラテンアメリカやアフリカなど、各地域の歴史に関する書籍も豊富にそろっていました。

 

img_1090img_1095

 

このコーナーはZINEといわれる手作り冊子が置かれています。ニューヨークに到着した翌日に、ニューヨーク近代美術館の分館、MoMA PS1で開催されていたNY ART BOOK FAIRに訪れていたのですが、普通の紙にイラストや文章が印刷された手作り冊子が2~5ドルくらいで販売されていて、こういうのも売っちゃうんだ~とやや驚いていました。数日後にBluestockingsに来て、あれがZINEというものだったのだと知りました。ZINEは1990年代後半頃からアーティストたちが自分の作品を紹介したり、アピールしたりするツールとして使われてきたものだそうです。Bluestockingsでも多くのZINEが置かれていました。

 

img_1096

 

お店にはコーヒースタンドもあるので、コーヒーを飲みながら、本や雑誌を読んでいる方がいらっしゃいました。イベントも毎日のように開催されています。

 

img_1086 img_1088

 

  • ボランティアスタッフのふたりの女性にインタビュー

さて、じっくり店内を見て楽しんだ後に、会う約束をしてくれていた女性にインタビューをしました。お話してくれた内容を簡単にまとめます。

 

・100%ボランティア運営というのに驚きました。全員で何人くらいのボランティアスタッフがいるのですか?

だいたい全員で80名くらいです。1人あたり1日1~3時間くらいのシフトで構成されています。週に1日だけ来る人もいれば、数日来る人もいます。どれだけコミットするかはその人次第で、来る日が少ないからだめとか、もっと来なさいという強制は一切なくて、それぞれのコミットメントや関わり方が尊重されています。

 

・ボランティアスタッフのみなさんにはどんな役割がありますか?

ボランティアスタッフのシフトを調整したり、店内の整理やレジ、本の仕入れ、イベントの企画や運営などさまざまです。コミットしている度合によって、担当できる役割に差はありますが、基本的にはその人がやりたいと思う役割をやってもらったり、できる範囲での役割を担当してもらっています。

 

・ボランティアスタッフのみなさんがここで働くモチベーションはなんですか?

モチベーションは人それぞれです。わたしの場合は、数年前にニューヨークに引っ越してきたことがきっかけでスタッフをはじめました。ニューヨークにはよく知っている人もいなかったし、本のラインナップも好きだったので。そのうち良い友だちもできて、今では働きはじめてもう数年になります。ここで知り合った人たちに良くしてきてもらったので、これからは私もそういう立場になりたいと思ってコミットしています。ときに、みんなとピクニックに行ったり、パーティーをしたりするのですが、楽しいですよ。

 

・ここでの仕事以外にもなにかされているのですか?

はい、私はアーティストです。なので、ほかの人より比較的コミットしやすいので、よくここで働いています。それに、パートナーがいるのですが、私の活動を理解してくれていて、生活も助けてもらっています。

 

ほかのスタッフにも話を聞くといいよと言ってくれて、別の女性にもお話を伺いました。

 

・あなたがここで働くモチベーションはなんですか?

わたしは数か月前にニューヨークに引っ越してきました。もともとロスにいたけど、一度ニューヨークに住みたいと思って。だけど、知っている人もあまりいないので、ここでボランティアすることにしました。今は週1日のコミットだけど、本当はもっと関わりたいと思っています。だけど、他の仕事もあるから、なかなか都合をつけるのが難しい状態です。

 

・ここでの仕事は楽しいですか?

もちろんです。ここにある本に関わるテーマのことを話すことができる仲間がいるし、ニューヨークに来てからいろいろ助けてもらったので。だから、本当はもっともっと関わりたいんです。

 

忙しいなか、たっぷりと時間をとっていろいろお話をしてくださいました。お土産にお店のオリジナルエコバッグ(少々、過激ではありますが。笑)までくれて、本当にあたたかく対応していただきました。

 

img_1116

 

彼女たちの話を聞いて、こういうコミュニティがあり得るんだ・・・とびっくりしたのと同時に、とても素晴らしいと思いました。それぞれの人が自立していて、かつ互いを尊重し、助けが必要なときは助け合う。こういうところが素敵なお店であり、コミュニティだと思いました。

 

また、書店のひとつのあり方として、日本でもあり得るのだろうか、ということも考えさせられました。つまり、「書店員じゃない人たち」が書店(リアル書店、ネット書店問わず)を運営していくことが成り立つのかどうか。もし、そういう書店をつくるとしたら、どんな要素があるといいだろう。自分なら、どういうものであれば関わりたいと思うんだろう・・・などなど、考えが止まらなくなります。笑 それに、今回は書店の話をしていますが、書店に限らず当てはめて考えることができるトピックかもしれません。

 

  • お店の情報

Bluestockings http://bluestockings.com/

 

img_1087

定価の23 – 38% OFF! 期間・冊数限定でアウトレット本を特別価格で販売します。

本が読み手のみなさんに渡るまでには、いろいろなところを経由します。英治出版の倉庫から、取次会社に納品し、そこから全国の書店へ。店頭で手に取っていただけると嬉しいですが、中には売れずに返品になるものも。

 

このように、流通過程で本はあっちにいったり、こっちにいったりするので、必ず一定数の「不良本」が出てしまいます。傷が付いたり、折れたり、汚れたり。なかなか気づかないほどの傷だったり、汚れだったりするので、中古本と思えばきれいな方と思えるものもあるけど、新品と同じように売りものにするにはちょっと気が引けてしまいます。だから、そういうものは断裁・廃棄処分になってしまう。なんとも、もったいないことです。フードロスの問題が世界的に取り上げられていますが、私たちの場合はブックロスです。

 

それで、期間・冊数限定でアウトレット本として割引セールを実施することにしました。倉庫会社の方に傷んでしまっている本を調べてもらい、なかでもロングセラーの本をアウトレット本として選びました。カッコ内は用意した冊数です。定価の23~38%OFFでご購入いただけます。

 

Because I am a Girl(23) 1,000円  *定価:1,728円

問題解決(23) 1,700円 *定価:2,376円

ロジカル・プレゼンテーション(10) 1,300円 *定価:1,944円

信念に生きる(10) 1,400円 *定価:2,052円

リアル公務員(9) 900円 *定価:1,404円

ネクスト・マーケット[増補改訂版](7) 2,400円 *定価:3,456円

決断の本質(4) 1,400円 *定価:2,052円

なぜ人と組織は変われないのか(5) 1,900円 *定価:2,700円

 

たとえば、『なぜ人と組織は変われないのか』のアウトレット本の場合だと、こんな傷や汚れがついてしまっています。

 

img_1268_2 img_1269_2

 

ほかの本だとこんな感じです。

 

img_1283_2 img_1288_2

 

でも中はどれも綺麗です。

 

アウトレット本を発売しようと企画した当初は、オンラインストアのみで実施するつもりでしたが、英治出版にはEIJI PRESS Labというスペースがあるので、そこでも販売しようということになりました。

 

本日は国際ガールズ・デーということもあり、Labでの販売は『Because I am a Girl』を中心に売り場をつくってみました。(もちろん、『Because I am a Girl』 以外のアウトレット本もご購入いただけます。)

 

fullsizerdsc_0019_2dsc_0017_2fullsizer1

 

●オンラインストアでのご購入について

下記URLにアクセスのうえ、お好きな本をお選びください。http://eijipress.ocnk.net/product-group/1

 

●EIJI PRESS Labでのご購入について

・販売期間は、土日を除く2016年10月11日(火)~31日(月)です。

・平日10:00-17:00のあいだでお待ちしております。

・EIJI PRESS Labはビルの5Fにありますが、お越しの際は、まずビルの4Fにある英治出版オフィスの受付にいらしてください。受付電話でアウトレット本を見に来た旨をお申し付けください。

・英治出版の場所 http://www.eijipress.co.jp/about/access.php

・迷われる方が結構いらっしゃいます。迷われたときは03-5773-0193までお電話ください。

 

どうぞ、この機会に読んでいただければ嬉しいです!売り切れになってしまう場合もあるかもしれませんので、おはやめのお求めをおすすめします!