ブルー・セーター――引き裂かれた世界をつなぐ起業家たちの物語
ホーム イントロダクション ストーリー 主な登場人物 著者・訳者について レビュー 映像
著者 ジャクリーン・ノヴォグラッツ(Jacqueline Novogratz)
ジャクリーン・ノヴォグラッツ

アフリカ・アジア等の開発途上国において、現地住民による貧困克服の取り組みに投資する非営利組織アキュメン・ファンドのCEO。米国ヴァージニア州生まれ。チェースマンハッタン銀行で国際金融に携わった後、非営利組織に参画し、ケニア、コートジボワール、ルワンダ等で活動。ルワンダではマイクロファイナンスを通じた事業開発支援に成功するが、1994年の大虐殺で同国は荒廃。以後、ロックフェラー財団勤務を経て2001年にアキュメン・ファンドを創設。先進国からの「援助」ではなく、先進国側の人間による事業開発でもなく、途上国現地の住民が運営する大きな可能性を秘めた事業に投資することで巨大なインパクトを生み出すことをめざす。タンザニアにおける抗マラリア蚊帳の普及、アフリカ各地での灌漑ポンプの普及、インドにおける医療の普及、パキスタンにおける住宅建設事業など広範囲の活動に投資し、多くの人々の貧困脱却を支援している。

 

訳者 北村陽子(きたむら・ようこ)

東京都生まれ。上智大学外国語学部フランス語学科卒。訳書に、スティーブン・ペレティエ『陰謀国家アメリカの石油戦争』(ビジネス社)、キャロル・オフ『チョコレートの真実』、エドワード・ベルブルーノ『私を月に連れてって』、カーン・ロス『独立外交官』、シンシア・スミス『世界を変えるデザイン』(以上、英治出版)。

関連情報

アキュメンファンド(Acumen Fund):著者が創設した非営利ベンチャーキャピタル。

Twitter(jnovogratz):著者のTwitterアカウントです。

書籍『チェンジメーカー』(渡邊奈々著、日経BP社、2005年)。ジャクリーン・ノヴォグラッツが「ソーシャル・ベンチャーのインキュベーター」として紹介されています。

講演映像(「VIDEO」ページ)


『ブルー・セーター』と似たテーマの英治出版の本

『国をつくるという仕事』:貧困解消をめざして闘いつづけた23年間。元世界銀行副総裁・西水美恵子氏が、農村の貧民から将軍や国王に至るまで、「国づくり」の現場で出会ったリーダーたちの姿を情感込めて綴った回想記。

『世界を変えるデザイン』:世界の90%の人々の生活を大きく改善する「ものづくり」とは? 夢を追うデザイナーや建築家、エンジニアや起業家たちのアイデアと良心から生まれたデザイン・イノベーション実例集。

『グラミンフォンという奇跡』:アジア・アフリカにおける携帯電話事業の急速な広がりを、バングラデシュの「グラミンフォン」の事例を軸に描いたビジネス・ドキュメンタリー。BOPビジネスと経済開発のリアルな姿がわかる一冊。

『アフリカ 動きだす9億人市場』:いま急成長している巨大市場アフリカ。数々の問題の裏にビジネスチャンスがあり、各国の企業や投資家、起業家が続々とこの大陸に向かっている! 豊富なケーススタディからグローバル経済の明日が見えてくる。

『ネクスト・マーケット』:世界40億人の貧困層=ボトム・オブ・ザ・ピラミッド(BOP)が巨大市場になる! C・K・プラハラードが構想10年をかけ、骨太の理論と豊富なケーススタディで世界経済の未来を示したベストセラー。

『チョコレートの真実』:世界で最も愛されるお菓子・チョコレート。その甘さの裏には、苦い真実がある。カカオ生産現場で横行する児童労働の実態や、企業・政府の腐敗など、今なお続く「哀しみの歴史」を描いたノンフィクション。

『誰が世界を変えるのか』:すべては一人の一歩から始まる! 犯罪を激減させた“ボストンの奇跡”、HIV/AIDSとの闘い、共感教育、失業・貧困対策……それぞれの夢の軌跡から、コミュニティを、ビジネスを、世界を変える方法が見えてくる。

『いつか、すべての子供たちに』:21歳の女子大学生が始めた教育改革ムーブメント! 若者を貧困地域の学校に派遣し大きな成果を上げている巨大な非営利組織「ティーチ・フォー・アメリカ」。その立ち上げから拡大までを描いた、波乱万丈の青春ストーリー。

フージーズ 難民の少年サッカーチームと小さな町の物語

英治出版ウェブサイト

eijipress copyright