書籍情報

『グローバル化で世界はどう変わるか』

グローバル化で世界はどう変わるか

ガバナンスへの挑戦と展望

Governance in a Globalizing World

編著 ジョセフ・S・ナイ、Jr.
編著 ジョン・D・ドナヒュー
訳者 嶋本 恵美
監修 内田 孟男
四六判 上製 480ページ 本体3,400円+税 2004年9月発行
ISBN10: 4-901234-51-X ISBN13: 978-4-901234-51-1
ジャンル 政治・経済
キーワード ハーバード, グローバル化, MPA
アマゾンで購入 英治出版オンラインストアで購入

地球化するガバナンスの行方

世界金融ネットワーク、中国特需、イラク問題、地球温暖化、NPOの激増……。
グローバル化は、我々の暮らしをどう変えるのか?ケネディスクール学長、ジョセフ・ナイが監修した、グローバル化に関するハーバード行政大学院の最新研究レポート。

「MBAからMPAへ」。英治出版MPAシリーズ 『なぜ政府は信頼されないのか』の続編。

はじめに
第1章 序論―グローバル化の実態

第1部 グローバル化は世界をどう変えるか
第2章 経済のグローバル化
第3章 国家および国際安全保障のグローバル化
第4章 環境のグローバル化
第5章 社会と文化のグローバル化
第6章 通信のグローバル化

第2部 グローバル化は国内統治をどう変えるか
第7章 グローバル・ガバナンスと世界市民
第8章 発展途上国とグローバル化
第9章 中国はグローバル社会へどう統合するか
第10章 グローバル化と行政改革
第11章 法律とグローバル化

第3部 グローバル化をいかに管理するか
第12章 NGOとグローバル化
第13章 グローバル化と国際制度の設計
第14章 文化、アイデンティティ、正当性
第15章 情報政策とガバナンス
第16章 経済のグローバル化の管理
編著者:ジョセフ・S・ナイ Joseph S. Nye Jr.
1937年生まれ。プリンストン大学卒、ハーバード大学にて博士号取得。カーター政権下で国務次官補代理、クリントン政権下では国防次官補を務め、日米安保体制を地域安定の基軸とする東アジア戦略報告をまとめた。1995年にハーバード大学に戻り、「21世紀における統治のビジョン」を模索するプロジェクトを開始する。現在、ハーバード大学ジョン・F・ケネディ行政大学院長。「ドン・K・プライス」教授(公共政策)。

編著者:ジョン・D・ドナヒュー John D. Donahue
「レイモンド・ヴァーノン」講師(公共政策)
「21世紀のためのガバナンスの展望」プロジェクトのディレクター

翻訳者。
同志社大学卒業。ロンドン大学図書館情報学修士。

翻訳書:『マッキンゼー式 世界最強の仕事術』(英治出版)
    『マッキンゼー式 世界最強の問題解決テクニック』(英治出版)
    『なぜ政府は信頼されないのか』(英治出版)

解説:内田 孟男(うちだ・たけお)
中央大学教授。国際基督教大学卒業。フレッチャー法律外交大学院にて博士号取得。ユネスコ本部社会科学局プログラム・スペシャリスト、および国連大学学術審議官として勤務ののち、中央大学に移り、現在に至る。専門は、国際公共政策、国際機構、国際政治。

こちらもおすすめ

『人を助けるとはどういうことか』

『人を助けるとはどういうことか』

ジャンル:スキル・キャリア
キーワード:システム思考

『エクセレント・カンパニー』

『エクセレント・カンパニー』

ジャンル:経営・マネジメント
キーワード:復刊

『未来をつくる資本主義』

『未来をつくる資本主義』

ジャンル:政治・経済
キーワード:資本主義

サイト内検索