書籍情報

『ディープエコノミー』

ディープエコノミー

生命を育む経済へ

DEEP ECONOMY

著者 ビル・マッキベン
訳者 大槻 敦子
四六判 上製 336ページ 本体1,900円+税 2008年5月発行
ISBN10: 4-86276-029-5 ISBN13: 978-4-86276-029-6
ジャンル 政治・経済
キーワード 地域経済, アル・ゴア, 経済
アマゾンで購入 英治出版オンラインストアで購入

アル・ゴアも認める先鋭の環境ジャーナリスト・マッキベンが世界各地のエコ・レポートを元に、未来型の新経済を提言。「持続可能な世界」への扉を開く。

カギは、グローバルの陰に芽生えた「地域密着型」の経済にあった。

=世界は拡大の一歩先へ!=

産業革命以来、私たちはひたすら経済の拡大を追求してきた。その結果、今まさに、私たちの未来を脅かすさまざまな問題が起こっている。そこで著者は、その方向を転換させる新たな経済「ディープ・エコノミー」を提案する。
この概念は、「量の拡大」の先へと進み、地域密着型の「小さな経済」を追求するというもの。地域社会単位で、食物・エネルギーを自給自足する比率を高めていくことで、地域の力を取り戻し、問題解決を導く。
トピックは、食物、交通、エネルギーなど、私たちが日常から深く関わっているもの。成長著しいインド・中国からヨーロッパ等の成熟した社会まで、世界各地で沸き起こっているムーブメントを具体的に示し、地域経済の新たな見方とその可能性を教えてくれる。
「経済が何のためにあるのか」、いま一度その意義を見直すことによって、人類にとっての「幸福」をも再確認できる1冊。

はじめに
第一章 拡大の果てに
第二章 食から見えてくる経済
第三章 失われた絆
第四章 地域に芽生える力
第五章 持続可能な未来へ
おわりに
著者:ビル・マッキベン(Bill McKibben)
主な著作に『自然の終焉』、『情報喪失の時代』、『人間の終焉』(以上すべて河出書房新社)がある。ニューヨーカー誌の元記者で、多数の出版物の中でもハーパーズ誌、アトランティック・マンスリー誌、ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス誌に定期的に執筆している。ミドルベリー大学の研究員。妻でライターのスー・ハーペン、娘と共にバーモント在住。

訳者:大槻 敦子(おおつき・あつこ)
慶應義塾大学文学部卒。翻訳書に『コーチングで子どもが伸びる!』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、共訳書に『Landscape―世界のトップフォトグラファー 風景写真傑作選 発想とテクニック』(玄光社)がある。

こちらもおすすめ

『サーバントリーダーシップ』

『サーバントリーダーシップ』

ジャンル:スキル・キャリア
キーワード:リーダーシップ

『なぜ、あなたがリーダーなのか?』

『なぜ、あなたがリーダーなのか?』

ジャンル:スキル・キャリア
キーワード:ハーバード

『ビジョナリー・ピープル』

『ビジョナリー・ピープル』

ジャンル:スキル・キャリア
キーワード:仕事

サイト内検索