書籍情報

『チームが機能するとはどういうことか』

チームが機能するとはどういうことか

「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ

TEAMING: How Organizations Learn, Innovate, and Compete in the Knowledge Economy

著者 エイミー・C・エドモンドソン
訳者 野津 智子
A5判 上製 392ページ 本体2,200円+税 2014年5月発行
ISBN10: 4-86276-182-8 ISBN13: 978-4-86276-182-8
ジャンル 経営・マネジメント
キーワード マネジメント, チーム, 組織学習, 学習する組織, ハーバード 
アマゾンで購入 英治出版オンラインストアで購入

「チームとしての成長」を設計する。

これまでの「チーム」とは、スポーツチームや音楽家のグループのように、
物理的に同じ場所にいて、信頼を築く時間がある、固定された集団だった。
しかし現在はどうだろう。
メンバーは世界中にいて、目的達成とともに解散する、流動的な集団へと変わりつつある。
――いま、チームを機能させるためには何が必要なのか?

トヨタ、IDEO、チリ鉱山落盤事故救出チーム、北京五輪会場設計チーム…
20年以上にわたって多様な人と組織を見つめてきたハーバード・ビジネススクール教授が、
「チーミング」という概念をもとに、学習する力、実行する力を兼ね備えた新時代のチームの作り方を描く。

<本書で扱われる主なトピック>
●ルーチンの業務か、複雑な業務か、イノベーションの業務か。
仕事の「質」によって、チームづくりも学習目標も変わる。
●意見を言い合う、チャレンジする、協力しあう……「チームとしての当たり前」をなぜ実行できないのか?
●学習フレーム VS 実行フレーム
●「心理的安全」を高めるリーダーシップ行動。
●「失敗から学ぶ」のは、なぜ難しいのか?
●生存率2%の「不可能な」救出劇。奇跡のチームはこうして生まれた!
●学習しながら実行する VS 効率追求しながら実行する
●学習が止まると、組織の成長は終わる。
●優れた組織のリーダーは、毎日みずからにこう問いかける。「われわれは何を学ぶことができるか。もっとうまくできることは何か」

「ともに何かを成し遂げるためのシンプルな方法」
――ピーター・M・センゲ(『学習する組織』著者)

「重要、かつタイムリーな一冊」
――エドガー・H・シャイン(『人を助けるとはどういうことか』著者)

「優れたチームが<なぜ優れているか>について、エイミーほど示唆深い調査をしている人はいないだろう」
――チップ・ハース(『アイデアのちから』共著者)

序文 エドガー・H・シャイン
第1部 チーミング

第1章 新しい働き方
第2章 学習とイノベーションと競争のためのチーミング
第2部 学習するための組織づくり
第3章 フレーミングの力
第4章 心理的に安全な場をつくる
第5章 上手に失敗して、早く成功する
第6章 境界を超えたチーミング
第3部 戦略実行しながら学習する
第7章 チーミングと学習を仕事に活かす
第8章 成功をもたらすリーダーシップ

[著者]エイミー・C・エドモンドソン Amy C. Edmondson
ハーバード・ビジネススクール(ノバルティス記念講座)教授。リーダーシップと経営論を担当。1996年からMBAやエグゼクティブ教育プログラムで、リーダーシップや組織学習や業務管理について教鞭をとってきた。そうしたテーマで世界のさまざまな組織へのコンサルティングも行っている。
組織学習とリーダーシップに関する論文は、60を超える学術誌や経営雑誌で取り上げられ、全米経営学会の組織行動部門では、最優秀論文賞(2000年)、カミングス賞(2003年)が贈られた。さらに、アニタ・タッカーとの共同論文「病院はなぜ失敗から学ばないのか――システムの変革を妨げる組織的および心理的ダイナミクス」は、経営実務に多大な貢献をしたことでアクセンチュア賞(2004年)を受賞。世界の経営思想家ランキング「Thinkers50」では、2011年と2013年に選出された。
教鞭をとる以前は、ペコス・リバー・ラーニングセンターで研究ディレクターを務め、創設者でCEOでもあるラリーとともに、大企業における変革プログラムをデザイン・実行した。1980年代初めには、建築家で発明家のバックミンスター・フラーのチーフ・エンジニアを務め、著書A Fuller Explanationでは、フラーの数学的貢献を専門家ではない読者にわかりやすく解説している。
組織行動の博士号、心理学の文学修士号、エンジニアリングおよびデザインの文学士号を、いずれもハーバード大学で取得。マサチューセッツ州ボストンの郊外で、夫のジョージ・デイリーとふたりの息子とともに暮らしている。

[訳者]野津智子 Nozu Tomoko
翻訳家。獨協大学外国語学部フランス語学科卒業。主な訳書に、『シンクロニシティ【増補改訂版】』『会議のリーダーが知っておくべき10の原則』(ともに英治出版)、『仕事は楽しいかね?』(きこ書房)、『スタンフォード・インプロバイザー』『外資系キャリアの出世術』(ともに東洋経済新報社)、『夢は、紙に書くと現実になる!』(PHP研究所)、『ツールズ』(早川書房)などがある。

こちらもおすすめ

『なぜ人と組織は変われないのか』

『なぜ人と組織は変われないのか』

ジャンル:経営・マネジメント
キーワード:自己変革

『学習する組織』

『学習する組織』

ジャンル:経営・マネジメント
キーワード:組織学習

『人を助けるとはどういうことか』

『人を助けるとはどういうことか』

ジャンル:スキル・キャリア
キーワード:システム思考

サイト内検索