書籍情報

『スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー 日本版 02(SSIR Japan)』

スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー 日本版 02(SSIR Japan)

社会を元気にする循環

SSIR Japan
B5変形判 並製 160ページ 本体2,500円+税 2022年6月発行
ISBN10: 4-910602-02-X ISBN13: 978-4-910602-02-8
ジャンル ソーシャルイノベーション
キーワード スタンフォード, ソーシャル, イノベーション, レビュー
アマゾンで購入 英治出版オンラインストアで購入

『スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー(SSIR)』は、2003年にスタンフォード大学内で発刊された社会変革を目指すチェンジメーカーのためのメディアです。日本版(SSIR-J)は2022年に創刊しました。

第2号では「循環」がテーマです。循環と似て非なるものに「反復・繰り返し」があります。循環と反復の違いは何か。それは、循環は他を生かすことや再生と結びついていることではないでしょうか。血液の循環が私たちを生かし、空気や水の循環が地球環境を再生する。大切なものを未来に受け継いでいくためのお金や資源の循環と、それを支える思いやアイデアの循環について、さまざまな角度から考えていきます。

<目次>

FEATURE
▼利益優先のサステナビリティ事業からの脱却
▼サーキュラービジネス 4つの基本戦略
▼「正の外部性」を社会変革のレバレッジにする
▼寄付金のダークサイドについて語ろう

CLASSICS
▼非営利団体を悩ます「間接費」のジレンマ

ON JAPAN
▼市民のニーズと政策をつなぐクラウドファンディング
▼日本企業が切り拓く価値共創型リサイクルビジネス
▼なぜ子育て支援が「みんなの未来」に役立つのか

FACTS&FIGURES
▼日本人の寄付意識と寄付行動 ふるさと納税からインパクト投資まで

VIEWPOINTS
▼インパクト投資におけるアウトカム・ファンドの可能性
▼プライベート・エクイティ市場のダイバーシティ&インクルージョン
▼システム変化の鍵は「女性的リーダーシップ」にあり

RESEARCH
▼社会貢献活動に参加する男性社員は出世できない?
▼支配型リーダーがチームワークを阻害する
▼社会的企業が地域で成長する条件
▼パフォーマンス測定の光と影

BOOK REVIEW
▼超現実的なゼロカーボンへのガイドブック
▼変化の「プロセス」に光を当てる
▼キッチンで算数を学び菜園で詩を書く学校
▼つらい気持ちの中からポジティブな気持ちを引き出す「鍛金術」

[編集]
SSIR Japan
『スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー(SSIR)』は2003年にスタンフォード大学で創刊され、社会の新しいビジョンの実現に向けて実践する人たちのパートナーとして世界で読まれてきました。企業や行政、NPO、学校、特定の地域など、さまざまな場所にいる人たちの実践に役立つ研究成果や知見を提供しています。記事のテーマは、環境、教育、医療、ジェンダー貧困、食糧、都市問題などの個別の社会課題のほか、ビジネスとパーパス、非営利のマネジメント、インパクト投資、デザイン思考、AI やデジタルメディアの活用、公共政策、リーダーシップやマインドのあり方、コレクティブ・インパクトなど多岐にわたります。SSIR JapanはSSIR 日本版の発行者です。

こちらもおすすめ

『スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー 日本版 01(SSIR Japan)』

『スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー 日本版 01(SSIR Japan)』

ジャンル:ソーシャルイノベーション
キーワード:ソーシャル

『これからの「社会の変え方」を、探しにいこう。(SSIR Japan)』

『これからの「社会の変え方」を、探しにいこう。(SSIR Japan)』

ジャンル:ソーシャルイノベーション
キーワード:ソーシャルイノベーション

サイト内検索