著者紹介

西水美恵子(にしみず・みえこ)

大阪府豊中市に生まれ、北海道美唄市で育つ。
中学校3年から上京。東京都立西高校在学中、姉妹都市高校生親善大使としてニューヨーク訪問。
その後間もなくロータリークラブ交換留学生として最渡米。(後年、西高は中退。)
そのまま帰国せず、ガルチャー大学へ入学。経済学を学ぶ。
1970年卒業後、トーマス・J・ワトソン財団フェローとして帰国。千代田化工建設の特許課に借席し、環境汚染問題の研究。1971年、再度渡米する。
1975年、ジョンズ・ホプキンス大学大学院、博士課程(経済学)を卒業。同年、プリンストン大学経済学部、兼ウッドロー・ウイルソン・スクールの助教授に就任。

1980年
世界銀行入行、開発政策局・経済開発研究所
1983年
同、産業・エネルギー局 産業戦略・政策課
(エジプト・タイ・ハンガリー・中国などを担当)
1987年
同、欧州・中東・北アフリカ地域 アフガニスタン・パキスタン・トルコ局
リード・エコノミスト
1988年
同、欧州・中東・北アフリカ地域 アフガニスタン・パキスタン・トルコ局
通商・産業・金融課 課長
1992年
同、国際復興開発銀行 リスク管理・金融政策局 局長
1995年
同、南アジア地域
アフガニスタン・バングラデシュ・パキスタン・スリランカ局 局長
1997年
同、南アジア地域 副総裁
2003年
世界銀行退職
現在、米国首都ワシントンと英国領バージン諸島に在留。
世界を舞台に、就筆や、講演、様々なアドバイザー活動を続ける。
2007年より、シンクタンク・ソフィアバンクのパートナー。
写真提供:鈴木慶子

ソフィアバンクのサイトへ